北へ100マイル南へ101マイル

  • 38人登録
  • 3.42評価
    • (1)
    • (5)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 菅野彰
制作 : かわかみ じゅんこ 
  • 新書館 (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403220586

北へ100マイル南へ101マイルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勢いがある青春小説?
    色々展開もぶっとんで「え?」と思っているうちに進んでいった感覚。
    番外編がさらにぶっ飛んでて読み終わった後に脱力してしまった。

  • 15年前に出たノベルスの新装版。
    青春小説のくくりになるのかな。こういうセンシティブでピュアなお話を書くのが、すごく上手いひとだと思う。壊れそうなものの美しさを堪能しました。

  • 遥か昔、前世紀に出てた本のリライト版。
    こんな話だったっけ・・?と思いつつ読了。

    うーん、うーん、うーん。

    何を目指したかったんだろう・・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

菅野彰の作品

北へ100マイル南へ101マイルを本棚に「積読」で登録しているひと

北へ100マイル南へ101マイルの作品紹介

雪原に立つ尽くす幼い記憶。その時からずっと、幼なじみに手をひかれつづけていた…。就職は決まらず、卒論もまだ。彼女にはフラれる。眠れない大学四年生・門馬有希は、産廃をめぐるバトルに巻き込まれ、福島の街へ-。

北へ100マイル南へ101マイルはこんな本です

ツイートする