パーム (14) 愛でなく <5> (ウィングス文庫)

  • 22人登録
  • 4.18評価
    • (5)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 獸木野生
  • 新書館 (2005年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403500589

パーム (14) 愛でなく <5> (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たった1つの問題が解決したように見えたとしても、世界がよい方にかわっていくわけではない。
    解決したと浮かれて他の問題を忘れてしまうこと、好転したと先送りにしてしまうことは、とても危険です。

    でも、なにかをなしとげれば、はしゃぎたくなるのも、人間です。

    「愛でなく」は、恋愛編ということで、ジェームズとシドの恋愛を中心に、ビアトリス、フロイド、ジョゼ、カーターとジャネット、アンディとオクヨルン、アイリーンとケリー、フリスとソア、いろいろな恋愛がえがかれています。

    その中で、多分、ジェームズとシドの恋愛だけが、先に続いていかない。
    なぜなら、2人ともに自分のするべき目的、義務があり、それが、まったく別々の場所にあることをしっているから。
    自分が、目的のない場所に行って死んだようになることをしっているのと同様に、相手も、もしまちがった場所にとどまれば死んだようになることをしっているからです。

    うーん。ジェームズ自身も、もしかすると、積極的にならなかったのは、その手詰まりを知っていたからかもしれません。

    ソアの闇をのぞき込んだフリス。人ごとではなくなっているから、その闇が自分自身に突き刺さります。

    そして、ついに、ジェームズとシドが…。
    でも、これで、終わらないところが、獸木 野生のすごいところ。その直後に、オワキングの問題で、シドとジェームズを対立させています。
    ある意味、生き方が違う。

    そして、生き方が違うにもかかわらず、お互いにとって、お互いが、とても大切な、重要な人間だという。
    すごいです境地です。

全1件中 1 - 1件を表示

獸木野生の作品

パーム (14) 愛でなく <5> (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする