ぼくはきみを好きになる? (ディアプラス文庫)

  • 42人登録
  • 3.21評価
    • (3)
    • (1)
    • (13)
    • (1)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 新堂奈槻
制作 : あとり 硅子 
  • 新書館 (1998年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403520068

ぼくはきみを好きになる? (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初出一覧 
    ぼくはきみを好きになる?:小説DEAR+Vol.1(1998) 
    ぼくがきみを好きなわけ:書き下ろし 
    ぼくはきみを好きだから:書き下ろし

全1件中 1 - 1件を表示

新堂奈槻の作品

ぼくはきみを好きになる? (ディアプラス文庫)を本棚に登録しているひと

ぼくはきみを好きになる? (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ぼくはきみを好きになる? (ディアプラス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくはきみを好きになる? (ディアプラス文庫)の作品紹介

失恋したばかりの春を慰めてくれていた、優しい親友の哲史。だが突然哲史は春に絶交を言い渡す。春が好きだから、もうこれ以上友達を続けることができない、と-。春は大事な親友を失いたくないばかりに、一度だけ哲史に抱かれることを承諾する。それはふたりが親友に戻るための儀式-の、はずだったのだが…!?表題作ほか、書き下ろし続篇二篇も収録した、春と哲史のミントフレーバー・スクールラヴ。

ぼくはきみを好きになる? (ディアプラス文庫)はこんな本です

ツイートする