エンドレス・ゲーム (ディアプラス文庫)

  • 208人登録
  • 3.89評価
    • (39)
    • (23)
    • (47)
    • (2)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 月村奎
制作 : 金 ひかる 
  • 新書館 (2002年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403520631

エンドレス・ゲーム (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なんていうか、人の痛みとは他人に理解されるものではないんだなぁって。

    二組のお話がそれぞれ二話ずつ。
    義理の父と息子の葛藤と苦しみと甘さに満ちた時間が変わるときのお話。
    息子視点だからちょっとINだったり幼すぎたりの感情にん~っと思うところもあるけど、きっと若さってこういう事だよなって。
    ずっと苦しかった自分を認めて好きな気持ちも捨てられない最後に縋りつく息子をきっと嬉しい気持ちと身を割く思いで受け止めたんだろうなぁと。
    といっても、ずっと下心ありで我慢してきた義父だからやっとって気持ちの方が大きいか。
    お互いいらない気を回しあい、傷つけ合い、それでも譲れなかった二人の距離を少しずつ大切にしていくんだろうな。

    もう一組は学生×先生。
    あっけらかんと鷹揚だと思っていた学生。軽いような見透かすようなそんな少し大人びた学生と、大切な人を2人なくしてきた先生。後悔ばかりして、自分の存在を拒否し、周りを拒絶するわけでもなく受け入れるわけでもなくただそこに漂うだけの自分を嫌悪するもどうもできないもどかしさ。
    冗談だと思っていた生徒の言葉も本当のことで、それをしてって生徒を理解していく。
    でも、もう二度と大切な人を失いたくない先生は自分の心に何も作らないように生徒を拒む。
    でも、泣けなかった泣くことを忘れた先生が、生徒が転校する日に見送りに行き涙を流した自分を受け入れる。
    印象的だったのは、先生の友人(最初のCPの義父)が
    「未来に背を向けてバックで進んでる。過去のことはすごく良く見えるけど、先のこと全然見えてなくて、障害物があるともろに転んで大けがする。ちょっと勇気を出して前を向いて歩く方が、実はずっと安全で楽」的なことをいう。
    あぁ、そうだよなぁって。

    くっついた後の話は最後に全部持っていかれた!
    なんというか、お互いを想い合い回り道して、やっと掴んだ手と手。
    メールの文体で先生から生徒へのメッセージが乗ってるんだけど、なんかもうこう、ストンって。

    どちらのCPもお互いを思うがために空回りして結局傷つけたり傷つくんだけど。
    だからこそ人は誰かをもとめるんだなって。 

    Hシーンは無いけどすごくすごくひきつけられて読み終わった後に誰かの声が聴きたくなるいいお話だった!
    ☆4.8

  • ★4.0。表題作の「大雑把な包容力」の攻にとても萌えた!穏やかなタイプより、オトナの下心を包容力に混ぜ込みながら、受を懐に入れて甘え&甘やかそうとする飄々としたタイプの年上攻の方が好みです。受の健気な演技は切なかったけど、ツンツン過ぎるし後半は攻を一方的に疑って自棄になる被害者意識にちょっとイラッ。それでも、最後の養子縁組には感動しました。攻、ニクイ!櫻井編は死別ネタに気が重くなりつつ、こちらも幸せになりそうで良かった。しかし、どちらの受も卑屈だったなあ。

  • 月村作品の中でもトップ3くらいで好きな作品。

    内容量も充実していて、大変満足な一冊です。

  • 佐伯さんと誓史くんの物語。何度も切なくなりました。
    誤魔化したり逃げてしまう気持ちがもどかしく、一気読みしてしまいました。

    初めて月村さんの本を読みましたが、面白かったです!
    Hは少なめかなと思いますが、それを超える読み応えがあります。
    他の作品もぜひ読んでみたいと思い早速注文しました~☆

  • 月村さんの本で一番好き!

  • 表題作を含む三篇に、書き下ろし二篇。どれもいい!
    積読で買っていたの忘れて2冊になったが、許せるくらいよかった。

  • Dear+NOVEL,065
    花丸ノベルズ同タイトル作品の文庫化、書き下ろしあり
    イラストレーター変更

    初出 
    エンドレス・ゲーム/アンリーズナブル・ゲーム/永遠になるまで:「エンドレス・ゲーム」(1996/白泉社)収録のものを加筆修正 
    きみが思うよりずっと/スイート・スイート・タイムマシーン:書き下ろし

  • やっぱりこの作品好きです。何度読んでも切なくて、心温まって泣けてくる。最初の数ページでもう惹きこまれます。いくら義理とはいえ親子は…なんてことはいえなくなります。

  • すごく好きなお話でした。愛情に満ち満ちていて、すごく幸せな気分で読めました。
    もっと佐伯とチカちゃんの話が読みたい!と思ってしまいました。

  • [弁護士×同居人大学生]
    [生徒×高校教師]
    2カップルあり

    月村さん!こういう小説も書くんですね!!
    佐伯×誓史がメインストーリー
    これは勿論よかったんだけど
    達也×守も凄くよかったです。
    色々葛藤や逃げがあったけど
    最後のあのメールを書けたこと。良かったです。

    純粋な恋愛小説でした。
    とても面白かったです。

    **********************

    ☆あらすじ☆

    十四歳のとき母を亡くした誓史は、弁護士の佐伯に引き取られ、一緒に暮らしている。
    優しい佐伯は、誓史の母が亡くなる間隙、籍を入れるだけの結婚をして、
    行き場を失った誓史を迎えてくれたのだ。
    以来、誓史は佐伯への想いを隠して、偽りに満ちた家族ごっこを四年間続けてきたが、
    それはあるきっかけから綻びを見せ…!?

全21件中 1 - 10件を表示

月村奎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

エンドレス・ゲーム (ディアプラス文庫)に関連する談話室の質問

エンドレス・ゲーム (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エンドレス・ゲーム (ディアプラス文庫)の作品紹介

十四歳のとき母を亡くした誓史は、弁護士の佐伯に引き取られ、一緒に暮らしている。優しい佐伯は、誓史の母が亡くなる間隙、籍を入れるだけの結婚をして、行き場を失った誓史を迎えてくれたのだ。以来、誓史は佐伯への想いを隠して、偽りに満ちた家族ごっこを四年間続けてきたが、それはあるきっかけから綻びを見せ…!?表題作を含む三篇に、新たに書き下ろし二篇を加えた月村奎の人気作。

エンドレス・ゲーム (ディアプラス文庫)のKindle版

ツイートする