リンゴが落ちても恋は始まらない (ディアプラス文庫)

  • 103人登録
  • 3.44評価
    • (9)
    • (13)
    • (39)
    • (3)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 松前侑里
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 新書館 (2006年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403521300

リンゴが落ちても恋は始まらない (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 忍が旅行から帰って来ると部屋になぜか他人が住んでいた。見覚えがあるその男は、同僚の野宮暁人。忍が男と不倫をしていることを知った父が、忍からマンションを取り上げ、彼に貸してしまったのだ。不倫相手と別れ、女性の恋人を作れば部屋は返してくるという。それまで行き場のない忍は暁人の厚意で同居させてもらうことになるが、元から苦手だった暁人と何かにつけぶつかりあい・・・。

  • 「リンゴが落ちても恋は始まらない」
    著者 松前侑里さん ディアプラス文庫

    三人称単視点(受)
    「受」→おれ
    「攻」→俺

    【プチあらすじ】
    教師受×教師攻

    妻子ある恋人との旅行から帰宅すると、受の部屋には同僚の教師が住んでいた。
    どうやら、学校の理事長でもある父親に、受がゲイで不倫しているとばれてしまい、父親名義の部屋から強制的に追い出されてしまった。
    行くアテもなく、途方に暮れる受に、部屋が見つかるまで同居しましょう、と持ちかけた攻は、同僚とはいえ気にくわないヤツで……。

    【プチ感想】
    教師の時と、プライベートで性格を使い分けている受。そんな受が自分の思惑とは裏腹に攻のペースに巻き込まれ、挙げ句、自分から校内で性格を暴露してしまう。
    攻に惹かれるまでの恋愛過程が地味だけれど萌え♪
    「教師」「ライフスタイルの違い」「家電製品を何でも直せる攻」このキーワードが好きな方は楽しめる作品です♪

  • 松前先生のお話は学生が多いけど、個人的には社会人同士の話が好きなので、この話も好きです。

  • DEAR+NOVELS,130

  • ★3
    読了日:? 出版日:03/2006

  • 【あらすじ:忍が恋人との旅行から帰ってくると、部屋になぜか他人が住んでいた。見覚えのあるその男は、同僚の野宮暁人。忍が男と不倫していることを知った父が、忍からマンションを取り上げ、彼に貸してしまったのだ。不倫相手と別れ、女性の恋人を作れば部屋は返してくれるという。それまで行き場がない忍は暁人の厚意で同居させてもらうことになるが、元から苦手だった暁人と何かにつけぶつかりあい……?】

  • おお、理科と英語だ。かみあってるようでかみあってなくてかみあってるのがいいな。

  • 理科好きになれそう。
    話もいい。続き?てか番外編とかないのかな?

  • 同い年です。

  • 同僚教師の恋。決められた未来風味。

全13件中 1 - 10件を表示

松前侑里の作品

リンゴが落ちても恋は始まらない (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

リンゴが落ちても恋は始まらない (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする