Missing You (ミッシング・ユー) (ディアプラス文庫)

  • 132人登録
  • 3.51評価
    • (9)
    • (20)
    • (39)
    • (2)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : うえだ真由
制作 : やしき ゆかり 
  • 新書館 (2008年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403521775

Missing You (ミッシング・ユー) (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • キュン系。

  • 長い間互いに片想いだった二人が、相手への贖罪の気持ちを乗り越えて結ばれる話。三人称だけど受攻両方の事情が語られているので、片想いのドキドキはあまりなく、最後はくっついて終了と全体的に薄味な印象。キャラは悪くはないけど受攻・脇キャラともに感情移入するだけの熱量は少ない。
    ちょっと期待しすぎてしまった。萌えは低いけど読みやすく万人向けではあります。

  • 思わず涙が出ちゃった…(T ^ T)
    キュン死に本です。

    ☆優奈は幼いころの事故で片足が不自由になり、その責任を感じている克治。
    彼への恋心を抱えながらも告白できずにいる優奈は、ただそばにいれるだけで幸せだった。

    そんなとき克治の海外転勤が決まり…


    もう…もう、ホントに切な〜い!! (>_<)

    優奈が一途でかわいくて、克治が誠実で優し過ぎて、愛しい二人の幸せをひたすら願いました!!
    お互いを思いやる二人プラス過保護な優奈の兄がかなりイイ味出してます(笑)

    BLって基本ハッピーだから素晴らしい(≧∇≦)

  • 幼い頃の事故のせいで片脚が不自由な優奈。事故に責任を感じ、大人になっても優奈の世話を焼き続けている克治。互いに惹かれ合う二人だが罪悪感から恋心を打ち明けることもできぬまま、不自然な関係を続けていた。だがある日、優奈の兄・和紀に克治の気持ちが知られてしまう。克治の親友でもある和紀は大激怒。克治に、職場から再三出ているアメリカ転勤の話を受けるよう強要するが…?ドラマティック・ラブ。

  • なんかキュンってなるw 読み終わった後に。そんな話かなw

  • 懐かしい少女漫画のドキドキ感がちらほら
    とにかく読んでいる時に捲る紙質がとても良かった
    こんなスベスベで手触りのよい本は初めてでした◎

  • 好きだけど好きと言えない二人とお兄ちゃん。切ない~・゚・(ノД`;)・゚・

  • 《勝手に評価》
    すれ違い度★★★★★
    胸キュン度★★★★
    エロ度★★
    一途度★★★★★

    和紀のお邪魔虫かげんが、個人的にお気に入りッス!!(ー∀ー*)
    見た目は可愛い感じじゃない(アタシの想像)のに、優奈のことが可愛いくて堪らない『俺様お兄ちゃん』
    私には、あなたが可愛いて仕方ありません!!(´∀`*)

    もちろん、メインの優奈も可愛いのは当たり前ですが、この子は自分のハンデを受け入れてる、心が強い子!
    絶対に幸せになって欲しいと真剣に望んでしまいましたょ

    克治は普段は面倒みの良いお兄ちゃんなんだょ!!!
    リアルに、こんなお兄ちゃんが居たらいいなぁ~
    けど、二人のその後で克治の意外な一面を見たとき、『この人はなんて可愛いんだ!!(☆∀☆*)!!』
    って、テンションがめっちゃ上がりましたょ☆

    まぁ~テンション高めに説明してるけど、内容はしっとりと落ち着いた雰囲気で進んでって、結構シリアスめかもしれません。
    けど、結構スラスラ読めてしまいます。

  • アクがなくて読みやすい。けど…受けが乙女で差し替えられそうなのが盛り上がれなかったwww見送りシーンはちとキュンしたんですがw

  • 【あらすじ】
    幼い頃の事故のせいで片脚が不自由な優奈。事故に責任を感じ、大人になっても優奈の世話を焼き続けている克治。互いに惹かれ合う二人だが罪悪感から恋心を打ち明けることもできぬまま、不自然な関係を続けていた。だがある日、優奈の兄・和紀に克治の気持ちが知られてしまう。克治の親友でもある和紀は大激怒。克治に、職場から再三出ているアメリカ転勤の話を受けるよう強要するが…?ドラマティック・ラブ。

    【感想】
    リンク本『ブラコン処方箋』

全13件中 1 - 10件を表示

うえだ真由の作品

Missing You (ミッシング・ユー) (ディアプラス文庫)を本棚に登録しているひと

Missing You (ミッシング・ユー) (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Missing You (ミッシング・ユー) (ディアプラス文庫)はこんな本です

ツイートする