好きになってはいけません (ディアプラス文庫)

  • 99人登録
  • 3.27評価
    • (5)
    • (10)
    • (30)
    • (6)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 桜木知沙子
制作 : 夏目 イサク 
  • 新書館 (2008年1月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403521782

好きになってはいけません (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初読み作家様。
    夏目先生の絵だったのでジャケ買い。

    恋愛運最低で刺されそうになったり売られそうになったりと散々な目にあい、実家に出戻ってその食堂で働く雅貴と姪っ子の先生の桂沢が出会う。

    真っ直ぐ雅貴に思いを告げてくる桂沢を拒絶しまくるのは過去の恋愛で懲り、もう恋はしないと決めいていたから。

    それでもあきらめない桂沢を邪険にしながらも、肝心なところでいつも助けれられる。
    自分の気持ちにも嘘がつけなくなりそうで怖くなり・・・・

    元彼の三好のマイウェイさにはもはやイタリア男の風格すらww

    少し残念なのは、話がとっちらかった感じがしたかな。
    一つ一つの要素がかみ合わないというか。

    桂沢の親友が来たことも、雅貴の後輩が連れてきた彼女がお金を盗んだこともちょっと浅すぎて、それならどれか一つをもう少し掘り下げてお互いの気持ちの揺れ動きを表してほしかったかなぁ。
    ただ、煽るだけの出来事を書き記しただけな感じがしてもったいなかったかな。

    夏目先生の絵がとても良かっただけに・・・・。

  • つんつんしてじりじりしてかわいいです

  • 夏目イサクさん挿絵に釣られて買いました

    恋愛運が最悪な料理人(受け)は、
    その恋愛運の悪さから仕事を辞め実家に戻り
    姪っ子の担任教師(攻め)と出会う...
    ゲイ同士で初めから肉体関係に陥るため
    心の葛藤は「また恋愛をしたら痛い目にあう」と
    恋愛に臆病になっている主人公の悶々のみ
    もう少し当て馬が仲を乱すのかな?と思えば
    そうでもない短調なストーリーでした

  • 完全に表紙買いだったので、内容はイマイチに思えた。
    個人的には、ラストがうーん…って感じでした。

  • 【あらすじ】
    恋愛運が異常に悪く、誰かと付き合うたびに手酷い目に遭ってばかりの雅貴。札幌のイタリア料理店に勤めていたものの、やはり修羅場を見た挙げ句、仕事をやめる羽目になった。だから決めた。もう恋はしない。なのに実家に戻って定食屋を手伝っていると、姪の担任の桂沢から猛アプローチ!もちろん付き合うつもりはない。とはいえ桂沢があまりに好みのタイプすぎて、雅貴は困ってしまい…?オール書き下ろし。

    【感想】
    ここでもちびっこが可愛いです。

  • 絵はよかったけどなぁ。いまいち盛り上がりにかける。

  • 【あらすじ:恋愛運が異常に悪く、誰かと付き合うたびに手酷い目に遭ってばかりの雅貴。札幌のイタリア料理店に勤めていたものの、やはり修羅場を見た挙げ句、仕事をやめる羽目になった。だから決めた。もう恋はしない。なのに実家に戻って定食屋を手伝っていると、姪の担任の桂沢から猛アプローチ! もちろん付き合うつもりはない。とはいえ桂沢があまりに好みのタイプすぎて、雅貴は困ってしまい…? 】

  • 表紙が夏目さんだったもので。これまた表紙買いでした
    でもいい内容でした。可愛らしい顔の温室受けと、先生やってる優しくて頭のいい攻めという、対して好きなタイプな受攻ではなかったけど、なんでだろう?

  • 最後の最後が好きです。

全9件中 1 - 9件を表示

桜木知沙子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

好きになってはいけません (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

好きになってはいけません (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

好きになってはいけません (ディアプラス文庫)はこんな本です

ツイートする