センチメンタルなビスケット (ディアプラス文庫)

  • 93人登録
  • 3.46評価
    • (6)
    • (12)
    • (19)
    • (3)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 松前侑里
制作 : RURU 
  • 新書館 (2009年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403522208

センチメンタルなビスケット (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「センチメンタルなビスケット」
    著者 松前侑里さん ディアプラス文庫

    三人称単視点(受)
    「受」→おれ
    「攻」→俺

    【プチあらすじ】
    デザイン事務所新卒社員受×同事務所オーナー(共同)攻

    美大講師として現れた人は、受が憧れているデザイン事務所の社長さん。その彼と付き合うことになり、一年が経った。
    美大を卒業する受は彼氏にスカウトされ、働くのが夢だった憧れのデザイン事務所に面接もせずに入社したものの、出社初日、付き合っていた彼氏に奥さんがいたことを知り、しかも同じ事務所で働いていて、オマケに苦手な犬が看板犬で、楽しみにしていた一日は人生最悪な日となってしまった。
    憧れていたアートディレクター&共同経営者の攻は、すっごく意地悪なヤツで、尊敬していただけに受の落ち込みに輪をかけて……。

    【プチ感想】
    元彼の宇宙人的性格とは対照的な攻に惹かれていく受の感情の戸惑いや葛藤が萌え♪
    元彼の奥さんが作品の中心人物だけれど、イイ感じに盛り上げてくれますw
    「元彼&奥さんのいる職場」「憧れのデザイン事務所」「尊敬しているアートディレクター(攻)」このキーワードが気になる方は楽しめる作品です♪

  • 主人公の友人が「ワクワクしないか?」って言った場面にはっとした。

  • 2009.8.11購入。未読。

全4件中 1 - 4件を表示

松前侑里の作品

センチメンタルなビスケット (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

センチメンタルなビスケット (ディアプラス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

センチメンタルなビスケット (ディアプラス文庫)はこんな本です

ツイートする