セーフティ・ゲーム (ディアプラス文庫)

  • 161人登録
  • 3.18評価
    • (5)
    • (15)
    • (29)
    • (12)
    • (1)
  • 16レビュー
著者 : 砂原糖子
制作 : 金 ひかる 
  • 新書館 (2011年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403522857

セーフティ・ゲーム (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 挿し絵がイモ。優秀MRの香島がまぁ、外面よしの
    社交家だけど、浅薄で性格よくない。
    地味だけど滋味のある医師、友村にひそかな好意を
    抱きつつ、お互いがゲイだとしらないため3年も
    仲が進まないっていうのがマジ(・・?
    ゲイバーでの女装ハプニングがきっかけで距離は
    縮まるけど、女まがいには程遠い残念な出来なのに
    香島はすっかり騙されたふりして恋人付き合いを始める
    って、マジ(・・?
    「美しいこと」「人魚姫のハイヒール」美しい女装の
    受けと、それに魅了される攻めの物語しか
    しらなかったから、意外なひねりに驚くやら香島に
    呆れるやら。
    ふたりが付き合い始めてからの流れが好みだった。
    性別や容姿、性格の良し悪しを超えて愛を感じても
    いいし、それは永続できるものかもしれないと、
    思った。絵さえマシならなあ・・。

  • 攻め:香島
    受け:友村


    急死した父の跡を継いで開業医となった友村の医院にMRの香島が通いだして3年半。
    香島はゲイなので密かに友村の事を思っていたが叶わないと諦めてもいた。そんな時友人のゲイバーで友村の姿を見つけ、友村を女装させて自分と出会わせる、という手の込んだ事を思いつき実行に移す。
    友村の方も実は香島のことが気になっていたので女装した姿で香島と会うようになるのも気にならなくて…。でもこのままではいけないとも思っていて…。


    うーん、攻めがろくでなしです。
    作品の中で事情を知ってる友人から「自分だけ安全な場所から恋愛しようなんて…」と詰られる場面があるのだけど、まさにそう。とにかく、ろくでなしでイラっときました。
    こんな攻めは好きになれない。例え臆病者だったからという言い訳があったとしても。

    雑誌での初出掲載の特集が『人でなしの恋』だったそうなので、そういう攻めだったらしいです。



    そして、やっぱり絵師さんが苦手。華やかさも美しさも無い絵柄で女装とかツライ。

  • 砂原×金ひかるコンビはとても好きな組み合わせです。今回は攻が小物で受が天然。正直イラッとしましたwしかしエロさはたっぷりなので満足満足ぅ。

  • MR香島×内科医友村。しまった…仕事で疲れてたのに医療ものを手にしてしまった(;・∀・)香島が騙して友村に女装させるんですが、雑誌の「人でなしの恋」特集だったそうで納得。香島の狡さが出てましたが、書き下ろしが純愛っぽさが出てて良かったです。よく考えれば出会って3年も想い合ってるんですよねwイラストの金ひかるさんは10年前に腐界に居たときによく読んでた本の挿絵を描かれてて個人的に懐かしかったです(^O^)

  • なんだろーなー、萌えなかったなー、攻めがなぁ~あんまり好みじゃなかったんだよぅwww
    「ひとでなし」特集の中の1編だったのか~。
    う~ん、それだったらもうちょっととことん「ひとでなし」だったらよかったのに……ん?、ことんだったら……やっぱいやだなw 

  • 臆病者同士の恋愛。
    香島が爽やかに見せて性格が悪くかつヘタレでした。臆病者であるが故に同じ土俵に下りて来ないって感じの。
    友村は天然。いくらなんでも鈍感すぎるでしょうって場面もありますけれどw

  • 表紙の2人が私を見て買え!!と囁いていたので買ってみました(笑)

    でも……まぁ〜こんなもん?(~ヘ~;)ウーン

    ゲームって割にはあんまり恋の駆け引きってわけでもないし
    他人が見ても"微妙な女装"なのにどうして本人が気づかないのか不思議(;^◇^;)ゝ
    先生ちょっと擦れてなさすぎだよ!!
    普通途中でおかしいと思うだろう!! ∑( ̄ロ ̄|||)
    これが恋する男ってもんなのか?

    BLだと思えば…多少の事は許される(笑)

  • 年下MR×眼鏡医師

  • 「あんたたち、何やってんの……」と最初から最後まで脱力してしまうようなお話でした。あと、香島がすごーくヘタレに感じてしまった……。
    最初から実は両思いだってことがわかる書き方なので、安心してサクサク読めて良かったです。

全16件中 1 - 10件を表示

砂原糖子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

セーフティ・ゲーム (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

セーフティ・ゲーム (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする