すき (ディアプラス文庫)

  • 195人登録
  • 3.74評価
    • (12)
    • (36)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 月村奎
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 新書館 (2011年12月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403522918

すき (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 面白かった。やっぱり月村さんの作品って言葉のつかい方がきれいで好きです。

    この二人…どうやって接点があって結びつくんだろうか…、到底無理に違いないと思っていただけに、井上さんの豹変ぶりににんまりとしてしまいました。嫉妬深いというとこもギャップがあって面白かった♪

    それにしても萌々香ちゃんがかわいい。(けど大きくなったら末恐ろしい子になりそう…)癒し系キャラでまさに天使でした。ペンタゴンと面白いばななは微笑ましい。子供が言いそうなことだな。あと「きうしう」も、めんこいです。

  • 文庫で読むのは初めての月村さん。さらっとした可愛い作品が多いのかな?ももかちゃん可愛すぎました!健気受けというかむしろネガティブ受けって感じだったけど嫌みなく可愛い受けだと思えた。攻めが魅力的。クールな大人なのに実は肉食系なのがいい!

  • ふむ、そういう仕掛けがあったかwww 
    ふんわりやさしくてあったかい「すき」でした。
    二人はこのまま結婚したらいい。

    そして萌々香ちゃんがめちゃめちゃかわいかったですよ。

  • さらっと読める胸キュンなストーリーです。子供が登場すると、その子の大活躍で恋愛が好転していくという王道はハズしていません。でも、現実的に考えると子供は恋路の邪魔になりそうなんですけどね。BLではむしろカスガイになります。

    小説家の瑛斗はとっても後ろ向きな性格で自分の恋心を薄汚いなんて思っているウジウジ系。男らしくて頼りがいのある担当編集の井上に片想いしています。
    瑛斗はネガティブな性格が災いして、恋心を暴露するようなことを言ってしまい自ら墓穴を掘るという失態を繰り返すのですが、井上はそれを咎めもせずに変わらず優しく接してくれます。ただ、その優しさは担当という立場のものであって、それが更に瑛斗を切なくさせるのです。

    そういう消極的な瑛斗の思い違いや、周囲との話の食い違いが後々良い方向に進んでいくというストーリーの面白さにハマってしまいました。伏線の張り方とか絶妙です。特に「コブ」ですね。
    そして、ちょっとネガティブすぎる瑛斗のあたふたする必死さが、とてもかわいいんです。そして萌々香とのやりとりが一番の読みどころ。ちっちゃいコの思考がとてもナチュラルで、思わず笑えます。ペンタゴンやアイスクリームに激しくキュンキュンさせられました。

    ただ、難を言えば井上の瑛斗に対する気持ちが今ひとつわからなかったような。冷静に拒絶しておいて、後で実は過去に…みたいな話が出てきたのがとってつけたようで、納得しづらいものがありました。いっそ、仕事がらみと嫁欲しさで下心アリアリな方がわかりやすかったかも。でもそれじゃあまりにクロすぎて、萌々香ちゃんがかわいそうですね…

    エロは、それなりです。井上は確固たる敬語攻めで、印象とはうらはらにかなりやらしいです。ギャップ萌え。
    あとの萌えは、萌々香ちゃんにすべて持っていかれました。
    イラストが麻々原絵里依センセで、雰囲気に合っていてとてもよかった。モザイクは最高でした。

  • いやぁ、めんこい。ほのぼのした。月村さん好きだわ。

  • 編集者×作家。面白かった~。最後ももか嬢が二人のキスシーン見てパパキライ!って拗ねた理由はすぐ分かった(笑)そんな所もくすぐったくて良い読後感。名刺とキスマークのふく線に、攻めがどう出るのかうきうきしながら読んだ。手塩にかけて育てた可愛い作家が、他の奴等に…イラw

  • 『もうひとつのドア』読了後、子持ち攻が大丈夫になったのでこちらを手に。受が自分に自信のない主人公なのは『もうひとつ…』と変わらない。だけどこちらの話はどこかコミカルに表現されていて、終始ほのぼのとしていました。
    特に子供の描写が可愛くておかしい。お父さんの○○のシーンは情景を想像して笑っちゃいました。アタフタする受も可愛く、そんな受に目を細める攻の姿がありありと浮かぶ、楽しいお話でした。
    こちらは登場人物に悪人もなく、受と攻がくっついた後の憂いもない清々しいばかりのハッピーエンド。ご都合主義とも言えるけど、月村さんの場合それすらも心地良く感じるのはなぜだろう。

  • とてもいいです。草食系男子感をハンパなく醸し出してた井上さんの終盤の豹変具合が激しくツボりました。敬語攻スキーには堪らんスマッシュ。麻々原先生の挿し絵もぴったりでした!

  • 萌々香ちゃんがとにかく可愛い。とことんマイナス思考の瑛斗が井上と無事にくっついたのは、萌々香ちゃんの存在があったからだと心底思う。

  • とにかく萌々香ちゃんが可愛い!彼女の存在と麻々原さんのイラストの可愛さ明るさが、瑛斗のネガティブっぷりをうまく中和していて、楽しい気分で読める一冊だった。

全22件中 1 - 10件を表示

月村奎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

すき (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すき (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

すき (ディアプラス文庫)のKindle版

ツイートする