海より深い愛はどっちだ (ディアプラス文庫)

  • 70人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (8)
    • (15)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 久我有加
制作 : 阿部 あかね 
  • 新書館 (2012年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403522987

海より深い愛はどっちだ (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同体格、男らしい相貌の攻め×攻めの
    上下ポジジョン争いってだけでもう垂涎もの。
    阿部あかねセンセ挿絵だし。
    でも、そんなエロくない。
    がっかりだ。

  • 攻め×攻めのマウントポジション争い。
    ガタイのいい男同士だけど、
    中身は割と乙女なイメージが
    阿部あかねさんのイラストとぴったりでした。

    二人ともラブラブでほほえましく、
    楽しく軽~く楽しめます。

    前半はよかったのですが、後半の攻め視点。
    受けはちゃんと受け側を受け入れたのに
    攻めだって一回ぐらい受け入れてあげてほしいな。
    想像以上にビビってて女々しくてガックリしました。

    相互視点で幻滅したのは久しぶりです…。

  • 両方ノンケの攻め×攻め対決。
    お互い昔は彼女もいたのに大学で出会って親友になり、しだいに惹かれ合う。
    ノンケ同士で付き合うことになったけど、どちらが抱く方になるかで揉めるようになる。
    三番勝負で勝った方が攻める約束をするが…。

    交代でリバるのはダメなのかなぁ?
    2人とも長身のイケメンでモテモテなのになんでわざわざ男を好きになるかな?
    ノンケ同士で恋愛関係になんてなるものかしらん?
    まぁ、ファンタジーだしな、ありかな。

  • 2012年8月

  • とにかく、ただのバカップルのお話でした(笑)お互いがお互いのことをカワイイカワイイ言いまくってて、こいつらアホちゃうかwwって何回ツッコんだか(笑)もう惚れた欲目以外の何物でもない!w壮太視点ではわからなかった、類のヘタレっぷりがまた笑えた〜(笑)そんなに抱かれるのいやかww両視点で書かれてたのがまた良かった!ただ、私が好きな攻め×攻めではなかったかな。

  • 面白かった。 なんせテーマがテーマですからね。 前後編に分かれて壮太と類の度量の狭さを書かれていて、それぞれの視点が楽しめました。 やっぱり壮太の方が男らしかったって事で、類は壮太にメロメロでした。

全6件中 1 - 6件を表示

久我有加の作品

海より深い愛はどっちだ (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海より深い愛はどっちだ (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする