嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)

  • 252人登録
  • 3.70評価
    • (24)
    • (42)
    • (31)
    • (10)
    • (2)
  • 37レビュー
著者 : 月村奎
制作 : 小椋 ムク 
  • 新書館 (2012年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523144

嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 俺様ジャイアン攻とゆるふわ天然受のかわいいお話でした!
    二人のやりとりがテンポ良くて好きです!
    月村奎先生の本はまだ数冊しか読んでないですが、いまのところ一番好きかも?
    主人公の受が、天涯孤独で境遇的には悲壮感あるんですが、ゆるふわ天然なそのキャラクターで、重すぎない展開なところも、ふたりのお話に合ってると思いました。
    二人で飼う子猫のメイもとってもかわいい。
    あと、とにかく小椋ムク先生のイラストが素晴らしい!

  • 2017/05/25
    ほのぼの、可愛い。面白い。
    ずっと天敵だと思っていた相手を、実は好きだと20年越しにわかるって…
    どんだけ天然なんだ!とツッコミ入れたくなります(笑)

    『好きな相手をいじめるのは、男の性だろ』と
    20も越えた大人がするのは、どうかと思うけど…
    まぁ、お互いちゃんと向き合って仲良く付き合えるようになったので、良かった!

  • ぶっきらぼうな執着攻めと天然ふわふわ受けでどちらもかわいらしかった(笑)

  • 面白かった!最初は攻めが俺様すぎて受けがうだうだしすぎててどうしようかと思ったけど受けが自覚してからが大好きオーラ出しまくってて良かった。俺様攻めが好きを隠さないって良いですねw月村さん、原作の漫画が面白かったから読んでみたけど結構好きかも。

  • スペックは上等なのに、この攻めの大人げなさはなんだろう…受けを好きすぎて堪らんwwしたたかさも開き直りっぷりも。

    弁護士×クラフト作家?幼馴染み。
    攻めが好きな子をいじめるレベル以上に辛辣な物言いだったけど、素直で可愛い受け視線だったからか、むしろ楽しい。
    というか俺様な物言いで受けが好きなのが分かる会話がめちゃ萌えた。

  • 攻めが単なるガキ大将過ぎて好きになれなかった…
    好きな先生とはいえ(p_-)
    好きな子をからかいたくなると言っても、さすがに一連の受けにかける言葉たちは度が過ぎてる。
    読んでてイライラした。


    終わってみればただただ攻めの執着心だけど、人としてどうかと。
    脇役が良かっただけに残念。
    ☆2.8

  • 最初からかわいらしい少女漫画のような展開で心が綺麗になったような気がする一冊。(でも綺麗になれないのはさすがにBLという分類だからか、自分が汚いからなのかは置いておきます)
    あまりにもからかって離れない大介の思考はすごく読み取れるけれど、裕貴があまりにもナチュラルすぎてどうしていくかというのは、とても心綺麗になりました。
    ただ、あまりにもかわいらしいので私の好みには合わなかったです。
    これは確実に入門編だなと思いました。

  • 2014年2月

  • 頭悪いけど愛される系…の相手は頭が良くて俺様って鉄板なの?個人的には頭悪いのは読んでてイライラするのであまり合いませんでした…(´・_・`)

  • 表題作は雑誌で既読。文庫化早くてびっくりです。
    幼馴染もの好き過ぎます。もう本当に可愛いお話で、裕貴の天然さももちろんいいんだけど、裕貴を好き過ぎてあの手この手で自分のものにしようとする大介が可愛い!ムクさんの挿絵も可愛いし、感想可愛いしかない。笑

全37件中 1 - 10件を表示

月村奎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)に関連するまとめ

嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

嫌よ嫌よも好きのうち? (ディアプラス文庫)のKindle版

ツイートする