愛のマタドール (ディアプラス文庫)

  • 130人登録
  • 3.85評価
    • (13)
    • (22)
    • (19)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 華藤えれな
制作 : 葛西 リカコ 
  • 新書館 (2012年11月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523168

愛のマタドール (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ⇒『愛のマタドール』
    『裸のマタドール』 ※続編ではないけどマタドール繋がりw

  • 結構面白いなーと読んでたのですが残りあと少しのところで苦手要素突っ込まれてへこみました…それさえなければ!地の文で出てきただけで描写はほぼないんですけど、ここにきてそれかぁときつかった。それ以外は面白かったです。
    自分を好きにならないから興味を持って執着し、「あんたはいつか俺を愛するよ」と言いながら自分の執着が愛だと気づかなかった男。自分に幸せになる資格はないと贖罪に生きようとしていた男。そんな2人の話でした。言ってしまえば、どちらもさみしい人。形は全く違えど死を望み続けていた2人。
    愛ではないとしながら、颯也への気遣いやスキャンダル握り潰してたりアルハンブラに連れていくところとか良かったです。恋人のような甘さで愛以外の何物でもないよなぁと。
    颯也はユベールの事を愛されたがってる人と言ったけど、愛されたいし愛したくもあったんだろうなと思いました。それはイコール生への執着だった。その事にユベールが気づく為の最後の苦手要素だったわけですが!突き放すだけで良かったじゃん…。何もそんな。そしてその事に対する詫びはないの!何でもするって言ったし何されても憎くない憎めないって言ったけども、だからって傷つかないわけじゃないんだから。生き死にに比べたら遥かに瑣末な事なのかもしれませんけど、憎くなくても許せないとかないのかなー。読んでるこっちは許せなかったよ…。そこだけ納得いきませんでした。何かしらのカタルシスが欲しかった。
    マタドールの話は全く知らない世界だったので面白かったです。でも確かにディアプラスでスペイン…?て感じはあるかも(笑)華藤さんだしと気にしてなかったですが。
    表紙が確かに生気がないなーとか意図しないところで合ってるかも…(笑)色合いかなとも思ったけど中も、何だろう目に力がないのかなぁ。葛西さんたまに怖いです。

  • ★3・2
    表紙に惹かれ購入。スペインや闘牛といった独特の世界観と葛西リカコさんのイラストがすごく合ってて素晴らしかった!本編も良かったんだけど、この二人にこれからも幸せな日が続いていくのかな・・・という不安は感じる;後半漸く想いが通じ合っていい雰囲気だったけど、ユベールが闘牛士という危険な仕事をしている限り、気が気じゃないというか。もっと甘い二人も読みたかったな~。あと闘牛士ってすごいなと関心しきりでした。

  • 華やかな闘牛士の衣装と質素な修道服が印象的で手に取った。

  • 外国の美しい情景が目に浮かぶ様。

  • タイトルはちとアレだけど、ドラマティックなカバー絵に惹かれて、久々に華藤さんの作品を手に取りました。華藤さんの作品はストーリーどうこう以前に、外国の美しい情景描写が秀逸だと思う。
    街並み、人いきれ、何もかも目の前に浮かび上がってくるような、匂い立つような、時には幻想的ですらある。
    死に魅入られた男×生きる喜びを拒む男
    BL界では特にめずらしいことではないけど、いきなり体始まりな展開はあまり好きじゃない。
    だけど、このふたりの場合、それぞれにちゃんとそうする理由があって、ちっとも不自然ではなかった。
    自分の家族と恩人、死なせてしまった人間への贖罪の毎日を送っている颯也。
    生きる喜びなんて感じてはいけない、神など信じてはいなかったけれど、神学生としてアンダルシアの修道院でひっそりと暮らしている。
    このままここで朽ち果てるのを待つしかない静かな時間。時折狂おしいほど渇きを感じる。
    スペイン中が熱狂する若き美貌のマタドールのユベールは、死と紙一重の危険な闘牛スタイルで人々を魅了し続けている。
    死ぬことなど少しも恐れていない。なぜなら自分は最高の瞬間に死ぬために闘牛を続けているのだから。
    一方は自分を傷つけることで、一時でもこの逃れられない暗闇を忘れたい。
    もう一方は、生きるか死ぬかの勝負に今日も勝ったという高ぶり。今日もまた終わりにできなかったという相反する絶望感。そんな体の熱を冷ましたい。
    お互いに愛などこれっぽっちも感じていないはずだった。けれど利害が一致しただけのつながりが、いつしか快楽に変わる。
    時折無意識にこみあげてくる愛おしさ、いつしか生まれた相手への執着心を持て余す。
    颯也の過去はわかりやすかったけれど、ユベールがどうしてそこまで死に魅入られているのかよくわからなかった。
    確かに父親とのエピソードはトラウマになるのに十分ではあるけれど。
    愛を自覚した颯也を、突き放すやり方もかなり歪んでるな~と思う。
    ユベールが結果的に、生まれて初めて人を愛しく感じ、死ではなく、頂点に君臨して生き残り続けることを選択するまでの心の変化が、ちと分かりづらかった。
    もうちょっと書き込んでくれてもよかったな。大事な部分だし。
    でも全体的に悪くなかった。とにかく非常に美しかった。
    早朝のアルハンブラ宮殿デートと、夜のヒマワリ畑での〝お外エッチ〟が無自覚にラブラブでよかったですww

  • え?ディアプラス?と、びっくりしました。クロスやルナなどアダルトな新書系から出ることが多いのに、かわいめディアプラスとは一体?
    と思いましたが、中身はいつもの華籐えれなワールドでした。
    葛西リカコセンセの垂涎イラスト。うっとり…

    闘牛士×神父。ダブルで萌えます。情熱的&背徳的。
    センセはスペインに関して、まさしくBL界の第一人者です。特に闘牛に造詣が深くていらっしゃいます。
    なので、闘牛シーンは本格的で、まるで自分がその場にいるかのような臨場感を味わうことができました。これだけでも至福。
    攻のマタドールであるユベールのキャラクター設定がまた細かい。フランス人ハーフなのに、スペインで一番の実力と人気を誇っている闘牛士です。その上美形。
    フランス人ということで差別する観客を実力で見返し、常に死と向き合ってなお畏れることのない精神力と傲慢さは、完璧なように見えてどこか歪んでいます。

    一方の颯也は、ある事件が原因で神学生としてスペインに逃げるようにやって来た日本人。優しいけれど「闘牛なんか嫌、残酷」とちょっと脆弱さがあったりします。優しさゆえに人の苦しみさえ受け入れ、耐え忍ぶタイプなんです。ある意味、聖職者向きかなーと思わせます。

    そんな二人がめぐりあい、生死を賭けるような剥き出しの愛に身を任せていくことに。最初のうちは互いの素性も知らないままなんです。相手のことで知っているのは、唯一その身体だけ…というのが切なくて、異国情緒たっぷり。


    闘牛士ってホントにギリギリの精神力で闘っていて、まさしく死神に捕らわれていると言ってもいいほどの究極職業なんだと実感です。華やかですけどね。ユベールは闘牛場でいかに英雄として死ぬかということに賭けていて、そのために愛することも愛されることも排除していて孤独です。
    颯也も過去の事件のすべてを自分が背負い込んで、誰も愛してはいけない、愛されてはいけないと思っています。
    特にユベールなんか、小さい時にあんな衝撃的場面を目撃してしまったら、トラウマになっても当然。

    ある意味似たもの同士。
    二人ともおんなじこと考えてるんで、すごく相手のことを想っているのに素直になれません。歯がゆいcpです。
    でも、似たもの同士だからこそ理解しあえたんだと思わせます。二人で乗り越えていけるんじゃないかというエンディングもよかった。

    その分、おまけペーパーではイチャコラな二人が拝めます。イイ男は何をしてもサマになる見本。ユベールがエプロンでパエリア!!
    しかも、颯也に独占欲丸出しの心の狭さが笑えます。年下の甘えん坊ぶりに悶えまくり。

  • 美麗すぎる表紙で表紙買いでした。素敵過ぎます。

  • ディア+では珍しいのでは?と思って買いました。
    ところどころ読みにくいところもあったけど、なんちゃって感がなく、しっかり丁寧に書かれている印象を受けました。推敲をしっかりやってるのが伝わる!
    うーん難を言えば後半の、攻や受がトラウマを乗り越えていくところ?あと何だろう、見せ場が多いんだけど、その所為で気が散って少し盛り上がりに欠ける? 読んでて高揚感がいまひとつなのは詰め込み過ぎたから??
    でも、またこの作家さんの作品を読んでみたいです(^_^) きっと、まだまだ引き出しに隠しているはず!

全9件中 1 - 9件を表示

華藤えれなの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎田 尤利
有効な右矢印 無効な右矢印

愛のマタドール (ディアプラス文庫)に関連するまとめ

愛のマタドール (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

愛のマタドール (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛のマタドール (ディアプラス文庫)のKindle版

ツイートする