仕立て屋の恋 (ディアプラス文庫)

  • 42人登録
  • 3.15評価
    • (0)
    • (4)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 水原とほる
制作 : あじみね 朔生 
  • 新書館 (2013年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523335

仕立て屋の恋 (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 清見の努力家で仕事に一筋なところに励まされた。何事も妥協せずに取り組めば報われるんじゃないかなと思わせてくれた。だが、清見が恭介のために出た行動はとても読むのはつらかった。

  • 2014年9月

  • 清見の気持ちはすごく分かるが、恭介が情けなさ過ぎてしまうのでここで終るのはちょっともやっとします。何十年後かに恭介がもっと立派になってからの回想ならばまだ納得できたかも。

  • 愛だねえ。

全4件中 1 - 4件を表示

水原とほるの作品

仕立て屋の恋 (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

仕立て屋の恋 (ディアプラス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仕立て屋の恋 (ディアプラス文庫)の作品紹介

世界中に顧客を持つ美貌のテーラー・清見の新しい客は海運会社の御曹司・恭介。初めてスーツを作る恭介の物慣れない姿に、兄のような気持ちを抱く清見だったが、やがて彼の一途な情熱に惹かれ、想いは恋へと変わる。けれど一介の仕立て屋でしかない清見と大企業の跡継ぎである恭介では身分が違いすぎた。過ちだと知りつつ、求められるまま一夜を過ごしてしまった清見は、潔く身を引く決意をするのだけれど…!?

ツイートする