漫画家が恋する理由 (ディアプラス文庫)

  • 55人登録
  • 2.92評価
    • (0)
    • (8)
    • (9)
    • (4)
    • (3)
  • 8レビュー
著者 : 金坂理衣子
制作 : 街子 マドカ 
  • 新書館 (2014年1月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523441

漫画家が恋する理由 (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初めての作家さんでした。漫画家×家事万能アシスタント。光希が健気で可愛らしいお話でした。他の話も読んでみたいですね。

  • 初読作家。面白かった!前編で普通完結だよなぁと思う程面白い内容なのに後編は当て馬にもスポットが当たっていて興味深かった。前編の超美人の真琴(当て馬)と光希はどちらもネコなのでは?という不安(どんな不安や)が払拭されるとともにガタイの良い高橋が受けっていうのも新鮮。攻めの妹がBLには珍しく良い存在感だった。「勃てば抱いてくれるって言うんだったら、勃たせてみせようじゃないですか!」光希男前受けブラボー

  • 可愛いお話でしたね♪ 新人様かと思ったんですけれど、2冊目でしたね。 本編と書下ろしだったんだけれど、本編の受のツンデレぽい感は結構好きだったのに、恋人同士になったとたんに、 やっぱり女好きの彼だからなのかかなりのウジウジが前面に出てきてちょっと残念だったんだけれど、 その分攻めの受けへの好き好きがとっても良かったです♪

  • けなげ〜。天竺ネズミかわゆい。

  • 街子マドカ先生のイラストで
    買おうと思い本の中をサラット流し読み。
    しかしその場で最後まで読んでしまったあっさりアサリ汁系の本。

    女好きの漫画家・孝史と
    その漫画家が好きな天竺ネズミ系(めんこい)のアシスタント・光希。
    アシスタント兼料理も担当、
    家の中の事を取りしきってる光希は孝史が大好き。
    気持ちを押さえられなくなり孝史に告白するが玉砕。
    そんな中売れっ子漫画家の真琴が光希にちょっかいを出してくる。
    その光景を見て一度は光希の告白を断ったものの…
    光希の事は弟みたいな感じ。
    家族として好きだ!!と自分で思っていたし言い聞かせてたけど
    光希が真琴の家に行き始めてからはモンモンとし始める…


    ある意味王道BL、お約束の展開。
    安心して読みたい人にはいいかも?

  • 雑誌掲載を読み、おもしろかったのでその後が読みたくて購入。
    光希のマイナス思考を吹き飛ばそうとする孝史がかっこよかったなぁ。

  • 漫画家×ゲイのおさんどんアシスタント。
    コミカルな描写も良かったし、かなりテンポ良く読めました。
    基本的におかん属性受が好物なので、本当に楽しく読めました。
    書き下ろしは結婚式描写ですが、いつも脇カプが気になる私ですがそんなにこの脇カプは萌えなかった…。

  • 孝史が文章で読んでるととてもおっさんっぽいのにイラストがとてもイケメンなので、少々違和感が。

全8件中 1 - 8件を表示

金坂理衣子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

漫画家が恋する理由 (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

漫画家が恋する理由 (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

漫画家が恋する理由 (ディアプラス文庫)の作品紹介

光希はアシスタント先の漫画家、大沢孝史に密かに恋心を寄せていた。けれど孝史は超のつく女好き。だから生活力0の彼の世話をできるだけで幸せだと思っていたのに、ある日うっかり告白してふられてしまう。すぐには諦められず、気持ちを整理しつつ仕事を続けていた光希だが、人気漫画家の茜真琴が実はゲイで、光希に興味を持っているので会ってほしいと頼まれ…?女好き漫画家×ダメ好きアシスタントの恋。

漫画家が恋する理由 (ディアプラス文庫)はこんな本です

ツイートする