ワンダーリング (ディアプラス文庫)

  • 176人登録
  • 3.69評価
    • (9)
    • (21)
    • (19)
    • (3)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 一穂ミチ
制作 : 二宮 悦巳 
  • 新書館 (2014年6月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523533

ワンダーリング (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • NMBシリーズ。表紙がきれいで冬に読むのにピッタリ。『ノーモアベット』のスピンオフで芦原と藤堂の二人がメイン。逸と一哉の物語が面白かったのでこちらも。

    自分を大事にできない芦原に藤堂は振り回されっ放し。『ノーモア~』で登場した時の芦原のイメージと違って、鼻っぱしが強すぎて、あまりのじゃじゃ馬っぷりに面喰ってしまった。感情移入しにくかったかも。(けどよく読むと一部かなり萌え)

    このディーラーシリーズって何気に家族がテーマになっている。立ち位置がよく似ている雪と一哉。『ノーモアベッド』では、雪が一哉を。『ワンダーリング』では、一哉が雪をさりげなくとフォローしているところも、ふんわりと好感が持てるところなのです。NMBシリーズもう一冊くらい書いてほしい。藤堂のお兄さんあたりでお願いします!

    2017年積本消化8冊目。

  • ノーモアベットの曲者社長と頼れる先輩あっさんのスピンオフ。
    ノーモアベットはこれのための前哨戦? という感じで今作の方が好みでした。
    懐かない猫である雪と、そんな彼に執着にも似た深い愛情をそそぐ藤堂社長。家族との関わりを軸に、螺旋を描くように彼らの想いが長い長い時間をかけて絡み合っていく様にぐっと引き込まれました。
    なんというか、off you goに文章のトーンが似てる気がします。

    巧みにするすると引き込まれる人間模様とドラマ、行き来する過去と現在。
    ただのイチャイチャのエロではなく、感情にぐっと深く迫る描写の深さと濃密さ、魅せるドラマとしてのめり込ませてくれるお話でした。
    ノーモアベットと違って今回はあとがきショートストーリーつき。良い意味でサクッと軽い一穂節が楽しい。
    一穂さんたちは逸たちも含めてカジノに集う人たちが本当に好きなんだなぁと。

  • 『ノーモアベット』のスピン、カジノオーナー・藤堂✕カジノディーラー・芦原。前作を読んでいた時にスピンが出るとしたら藤堂かなぁ、なんて思っていたけど相手が芦原とはちょっとビックリ… なんとも性悪な芦原の気持ちが、本当に藤堂に向いてるのか分かりづらくて私も振り回されてる感じでしたw 2人とも前作とはイメージが違うようにも感じましたが面白かったかな。カードゲーム程ではなかったけど今回のルーレット勝負もいまいち飲み込めなかったw…

  • 猫のように自由で何からも縛られない受と、翻弄されながらもそんな受を好きでいる華僑の攻のお話。受のつかみどころのない、人によっては傲慢にも思える性格を好きか嫌いかで評価が分かれてしまうかも。攻の愛情を半ば疎ましく思いながらも(渋々)受け入れている受。こう書くと嫌なやつにしか思えませんが、魅力的に見えてしまうのが一穂マジック。
    可愛がりすぎると毛をたてて威嚇し手から逃れていく、いつになっても慣れない猫を可愛いと思うか否か。猫自身は飼い主を飼い主と思っていないところからもわかるように、何も意識して行動していない。そんなところが猫好きとしては好ましく思うのです。

  • もう少し分かりやすい、
    ってか何も考えずに読めるやつのが好み!

  • カジノわーい

  • 久々大人な感じなお話!でも、毒舌で藤堂さんに絡む雪くん可愛いよ( *´艸`)

  • ノーモアベットのスピンオフ

  • 「ノーモアペット」スピンオフ。
    架空ですが、東京の公営カジノが舞台。
    カジノ経営者とルーレットを回すディーラーの二人の話です。
    前作も良かったけれど、更に良かった。
    どちらも最初は反目しあって(今作は受けの雪が一方的に、ですが)、そして絆されて。。。
    いや絆された訳ではないのですよね。
    藤堂の場合は。

    藤堂さん楽しんではいますが、ご苦労様です。

  • 藤堂って外見も中身もいい男じゃないか!
    迷ってても懐大きくて結局はブレないから素敵。

全19件中 1 - 10件を表示

一穂ミチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ワンダーリング (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ワンダーリング (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ワンダーリング (ディアプラス文庫)の作品紹介

七つの年にラスベガスのカジノで拾われた芦原雪。自分を拾ったシンガポール華人の令輝から徹底的にルーレットを仕込まれ、雪は一流の腕を持つまでになる。厳しい育ての親とは対照的に、"雪"に名前をつけ、無条件に甘やかそうとするのが令輝の腹違いの弟、藤堂だった。雪にはそれが煩わしくて仕方ない。現在は藤堂が社長を務める東京の公営カジノで働く雪だが、どんなに素っ気なくしても藤堂の態度は変わらず…?

ワンダーリング (ディアプラス文庫)のKindle版

ツイートする