恋よ、ハレルヤ (ディアプラス文庫)

  • 52人登録
  • 3.29評価
    • (2)
    • (4)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 鳥谷しず
制作 : 佐々木 久美子 
  • 新書館 (2015年9月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523878

恋よ、ハレルヤ (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 苦手のハーフ顔、天使ぞろいの男子校もの。
    マリア像のある格調高きクリスチャン風紀の中で、
    先生と副理事の条件付き同棲とか、苦手だわ・・と
    読み進めていくと、オヤ‼
    どエロいシーンと学生を導く天職の啓示を受ける出来事と、
    なんかすごい乖離起こしてて、気が散る。
    エロいシーンが下品・・でいい。
    やり手の副理事、理想の美エリートだったはずが、くっついた後
    受けにエロい人呼ばわりされてて、ナンダカナ・・。
    話はたいしたことないけど、エロは最近読んだ中で官能MAXだった。
    話とエロの調和を果たした作品読みたいので、この作家さん追う。

  • 合体シーンでハレルヤコーラスわろたwww

  • 2016/1/31 Dear+ 読者プレゼント

  • ★3.3
    今回は変態攻めではなかった。普通にスケベなだけって感じ(笑)それに、前半部分でその変態さというかスケベ感も全く感じなかった。くっついたあとにそうなんだみたいな。これまで読んだ鳥谷さんの本と比べて話も普通だったし、表紙と中のイラストと描かれてる人物像が一致しなくてしっくりこなかったな〜。イラストが背景に力入れてて人物の表情とか構図が残念。

  • 鳥谷先生にしては変態度が低かった気もするけど、好きなので満足!

    潔い小鳥遊くんの話が読んでみたい!!

  • あれっ?あんまり変態じゃないぞ。
    攻めはカッコいいがかなりのスケベおやじ。受けは生真面目。
    オタク生徒、小鳥遊きっぱりして良かった。彼の話しが見たいな。

全6件中 1 - 6件を表示

鳥谷しずの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

恋よ、ハレルヤ (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋よ、ハレルヤ (ディアプラス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

恋よ、ハレルヤ (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋よ、ハレルヤ (ディアプラス文庫)の作品紹介

弁護士になる夢を抱きつつ、教師として働く律。ある日、勤務先の高校に憧れの弁護士・仲塚が理事長代理としてやってくる。実はゲイだと秘密を打ち明けてくれた仲塚に、律は恋をしてしまう。けれど仲塚の好みは自分より年上の男。その上、好きな相手もいるようで…。胸がひりつく切なさと超エロスが融合した極上のラブストーリー!スケベ紳士・仲塚に溺愛される濃厚プレイたっぷりの甘々書き下ろしつき

恋よ、ハレルヤ (ディアプラス文庫)のKindle版

ツイートする