Release (ディアプラス文庫)

  • 68人登録
  • 3.63評価
    • (5)
    • (10)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 月村奎
制作 : 松尾 マアタ 
  • 新書館 (2016年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403523991

Release (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 花丸からの出しなおし。書き下ろしがちょこっと。
    旧版読んでたっけ?まったく記憶にない・・・。

    かなりのトラウマ持ちの主人公、そのせいでうまくいってない社会人生活。さくっと救い出した攻めの奥村がめっちゃかっこよかった!松尾マアタさんのイラストもさわやかっこいい。BLで女ががつっと絡んでくる話はニガテなのですが・・・。まぁメインの二人には全く相手にされてないし(恋愛的な意味で)よしとする。

    ★地球最後の日
    BLですらなかったよ!

    ★地球最初の日
    かなり時間がたっての書き下ろしなんだね。トラウマを乗り越えたからか、受けがかなりさらっとした正確に変わってた。こんな喜怒哀楽激しい子だったとは。

  • メインのふたりよりも友人のおんなのこのお話の方が感情に訴えるものがありました。

  • 新装版。

  • 新装版旧版未読。中学の同級生で喫茶店のマスター・奥村×元会社員・安西。どちらかというと本編よりも脇の森くんとはるひの事の方が気になってw 彼女の自分を攻める姿がホント痛々しく素直に幸せになってくれた事は良かったと思う。あまり奥村たちについて思う事がない自分にビックリだけど、書き下ろしを読んで本懐を遂げられた奥村にはおめでとうと言いたいです

  • 印象的な表紙でしたが安定の月村節で、絵師さんのイラストも良い感じでした。
    しかし友人の森が一番カッコよく感じるのはどうなんだろう?

  • 月村さんの一人称って、珍しいかも。旧作の修正版ですが、思ってたよりすんなり読めました。
    一部、萎え要素と聞いてた女性キャラのSSも、覚悟はしていましたが、それほどウザくはなかったです。が、主人公カプよりそっちのエピの方が前に出てた感はあったので、割愛してくれてたら良かったのにーとは思います。その描写を主人公カプに回してたらもっと良かった。

  • デビュー間もない頃の作品の文庫新装版だそうで。一人称が受けなのか、攻めなのか最初分からずモヤ。眼鏡くんが攻め?と思ったら三番手に出てきた喫茶店のマスターが攻めでしたか。
    攻めが受けにめちゃめちゃほれてるとか、執着してるとかではないので、結構リアル寄りな人物でした。同級生の頃は意識してたけど、再会するまで思い続けていたというわけでもなかったり、恋人がいたり、そこんとこはドライなかんじ。

    でも十分萌えさせていただきました!教師に性的イタズラされたトラウマで接触恐怖症になった受け。ブラック企業から辞めさせるためとはいえ、そのネタで脅迫するか!?と思わないでもないけど攻めも必死だったのだと解釈する。。
    最終的には相思相愛ラブラブなので安心してください笑。
    人工中絶で不妊となった女の子と幼馴染みのNL系も入ってました。これ、好きな感じだったけど、最後無理やりハッピーエンドにさせなくても良かったかなぁ…。

  • カバー絵が刺激的だが(笑)、お話は大好きな月村節!?って感じで、読んでいてほっこりした。

    松尾マアタさんの挿絵も思ってた以上によかった!

  • 97年に発行されたものを加筆修正、松尾マアタセンセのイラストと書き下ろしをつけての新装版です。
    初読みだったのですが、ドストライクなテイストのお話で、こういう作品読みたかったんだな…とつくづく思ってしまいました。随分前の作品とは思えないくらい、全然色あせた感じもなく、センセの瑞々しい感性が際立つ良い再会愛でした。

    過去のトラウマから潔癖症になっていて、軽いボディタッチにも嫌悪してしまう安西。すべて順風満帆に見える安西だけど、そのせいで仕事を失敗したりしてちょっとネガティブ系。
    そんな安西に、過去の問題写真で強引に自分の喫茶店を手伝わせようとする奥村。彼はずっと安西の事を気にかけていて、強引だけどさりげなく自分のそばに呼び寄せ、少しづつ安西の魂を開放させていきます。

    奥村が触れられるのもダメな相手とどうやってラブラブになっていくのか、大変気になるところでした。
    安西が心の奥に隠していた真実をさらけ出すことができたのは、奥村の愛情があったからこそですね。
    気持ちが呪縛から解き放されて、やっと安西は素直に奥村を好きになれたのだなと思いました。

    「地球最後の日」は、森と喜多村のものすごく胸にくる話でした。喜多村もまた安西と同じように人に言えない苦悩があります。好きな人の幸せを考えると彼からの好意を受けることはできないと考えてしまうんですよね…

    「地球最初の日」は、その森と喜多村の素敵な後日談も交えつつ、二ヶ月間我慢してきたw奥村の深い想いが成就するいい話でした!!よかった…!
    …これで完全に喜多村が安西や奥村と切れたのも安心要素でした。
    幼なじみの4人がこの先もずっと仲良く過ごす姿が目に浮かぶようでした。

全9件中 1 - 9件を表示

月村奎の作品

Release (ディアプラス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Release (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Release (ディアプラス文庫)のKindle版

Release (ディアプラス文庫)の文庫

ツイートする