おうちのありか ~イエスかノーか半分か (3)~ (ディアプラス文庫)

  • 167人登録
  • 4.54評価
    • (34)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 一穂ミチ
制作 : 竹美家 らら 
  • 新書館 (2016年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403524028

おうちのありか ~イエスかノーか半分か (3)~ (ディアプラス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 潮が親父の秘書に「あいつ(計)巻き込んだら殺す」的なのを「本気で」言う場面、行くなよってどうやってでも伝えたいけどどうしようもなくて計が潮と別れちゃった場面、計が奮起してがっつり根回しして潮の実家に乗り込む場面。ぜんぶ山場でした!男前な受けだいすき!本音漏らすの下手くそな攻めだいすき!ありがたや!
    でまた言うけどプロのえろの引き出しはどうなってんの…?すごいね…ひとつとして同じえっちがないよね、体位とかだけの話ではなく。

  • 今回は潮の出自についてのお話。
    自分たちではどーしようもできないような大きな力で引き裂かれてしまって、どうなるんだろう、どうなっちゃうんだろう、と泣きそうになりながら見守っておりました。
    受なのに王子様のごとく潮を助けに来ちゃう計が格好良すぎた。前回でアナウンサーのしてのお仕事にやりがいを見出してちょっと強くなった姿を見た後だったから、余計に格好良かったな。

    えっちシーンも甘々でちょう満足。
    ちゃんと幸せに辿りついてくれて本当良かったです。

  • 計カッコいいよ。よすぎるよ。

  • ギャハヒー❤︎

    なんという幸せな物語❤︎

  • 不穏な始まりでどうなるのかと思いましたが、このシリーズは気持ちよくスコンと落としどころつけてくれて好きです。

  • ラブラブ

  • シリーズ3作目。
    今度は、いつも計を支えてくれていた潮がお家の事情に巻き込まれます。別離の予感を打ち消すかのように計を求め抱く潮に切なさが込み上げました。
    帯の言葉がすごく胸にきましたね。計は一度はアナウンサーを辞めることも考えますが、この場所を失いたくないと全てを取り戻すために動き出します。潮の実家に乗り込んで啖呵を切るところは本当にかっこよかったし胸が熱くなりました。惚れ惚れします。
    潮のお家のことはたくさんの複雑なやりきれない思いがあって。最後の手形のところはじんわり涙が込み上げてきます。
    そんな中でも竜起や計のお母さんの軽快な会話がクスリとさせられてよかったです。
    今回のイラストもとっても素敵でした。

  • きみが家路に迷ったら、今度はぼくが迎えに行こう。
    この帯の一文が、読後の心に沁み込みました!

    アニメーション作家の潮と猫かぶりアナウンサーの計の、シリーズ第3弾。
    お付き合いを始めて2年になる二人は、期待を上回る舌好調ぶりで笑わせつつも仲の良さを見せつけてくれました。
    ほんとに計を中心にした周囲とのやりとりは相変わらず面白くて、この絶妙な持ち味にやられてしまうんですよね。
    テレビ局内部の事情にも精通していて、ライブ感あふれる描写も魅力です。

    そんなテレビ局内部のことや衆院選の裏事情も、もちろん面白かったのですが、でも今回は何といっても潮の知らざれる生い立ちにびっくりでした…
    違うバックグラウンドばかり想像してたのでw
    それに、てっきり計が衆院選に引っ張り出されての騒動だと思ったりもしていたので、あっと言わせる展開ですごく引き込まれました。

    そして、いつもは潮の優しさや男らしさに感動していたけど、今回は計の潔さ、かっこよさにぐっときました。
    潮に甘えて癒されているばかりの計じゃないんですよ!
    自分を捨ててでも大切なものを守ろうとする潮もステキだけど、そんな潮を守ろうと挑む計の姿もまたカッコよくて…!
    胸アツでした。
    互いが互いにとってかけがえのないものだと、ひしひしと伝わってくるような展開でした。

    彼らを取り巻く人々も本当に魅力的で…w
    今回も皆川くんがイイ味出してて爆笑でした!
    計のお父さんとお母さんもちょっと天然で、計は愛されて育ったんだなと思わせてくれます。
    江波先生や、西條もアクが強くてインパクトあるキャラで、一穂センセは本当に人間を描くのが上手いな~とつくづく思ってしまいました。

    エロ的にも、計と潮がホテルでHする場面が絶品でしたw
    Hの間、ずっと計が缶ビールを描写してるところなんかすごく萌えました…アルコール度数とかwww
    こういうラブラブな場面からの、切ない展開がよりいっそう切なく感じられてうるうるしちゃいました。

  • さすが計。潮を取り戻す手段が、計でなければできないことだったのが良かった。焼き直しとかどこかで見た設定というのも悪くはないが飽き飽きしていたのも事実なので、唯一無二というのはいいなーと実感。このシリーズ、まだまだ続いて欲しい。

  • まさか自分の知名度を逆手に取るとは。計あっぱれ。江波が潮の手のひらに次々と飴を載せ「たくさんやろう」と潮の頭をぐしゃぐしゃにし「大きくなった、ああ大きくなった、よかったなあ」と言うのに落涙★SSペーパーは「おうちのありか」潮の祖母も素敵だ★竹美家ららさん絵眼福

全18件中 1 - 10件を表示

一穂ミチの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おうちのありか ~イエスかノーか半分か (3)~ (ディアプラス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おうちのありか ~イエスかノーか半分か (3)~ (ディアプラス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おうちのありか ~イエスかノーか半分か (3)~ (ディアプラス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

おうちのありか ~イエスかノーか半分か (3)~ (ディアプラス文庫)のKindle版

ツイートする