復活―FATAL ERROR (1) (ウィングス文庫)

  • 39人登録
  • 3.68評価
    • (5)
    • (4)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 新堂奈槻
制作 : 押上 美猫 
  • 新書館 (1999年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403540066

復活―FATAL ERROR (1) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  雑誌で途中まで読んでました。しばらく離れてまして、再読です。
     何となく内容は覚えてましたが、やっぱりキャラクターが濃いですな。
     一郎は心の中では不安がったりしながらも、どんな事にもポジティブシンキング。自分なりに結論を出して、無意識に周りを巻き込んでいってしまう。作中で一番最強です。
     振り回される要も顔は怖いって設定なんだけど、可愛い所があって憎めないです。

  • 神と言ってもなんだか身近な話に思えちゃうのは
    主人公・一朗がいろんな意味で大物だからだろう。(笑)
    http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-98.html

  • 思わず FATAL ERROR シリーズ というカテゴリを作ってしまうほど大好きですvv

    主人公である松本一朗は大学生。
    義弟・宏貴と二人で暮らし、幼馴染・要(かなめ)もちょくちょく遊びに来て、三人でウフフアハハと過ごしていたが、宏貴が交通事故に巻き込まれて死んでしまい、そこへ"邪霊"と呼ばれる「地の神」が宏貴の身体に宿ってしまう。
    更に、要も"鬼"と呼ばれる「天の神」であることが分かり、一朗は"邪霊"と"鬼"との戦いに巻き込まれていく―――。

    と書くとものすごいシリアスのようですが、合間合間にギャグが入り混じっており、それが少しも不自然じゃないのが魅力。
    時々ハラハラする場面はあるものの、全体的には読んでいて楽しい小説です。

  • 読み直しです。初めて読んだ時は、中学の修学旅行の帰りの飛行機の中でした。始めの方に、飛行機が落ちて一家の大人が全滅する描写があったんで、ドキドキでしたよ!!

全5件中 1 - 5件を表示

新堂奈槻の作品

復活―FATAL ERROR (1) (ウィングス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

復活―FATAL ERROR (1) (ウィングス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

復活―FATAL ERROR (1) (ウィングス文庫)の作品紹介

一朗の最愛の義弟・宏貴がある日、別人のようになってしまった…!事故死した宏貴の身体に傍若無人な性格をした天の神が降臨し、なんと"生ける屍"として蘇ったのだ。そんな宏貴に敵対する、一朗の幼馴染み・要。拝み屋をやっている彼は、実は"鬼"と呼ばれる地の神だった。果たして、天の神と地の神の諍いに巻き込まれた、一朗の運命は-!?新堂奈槻がおくる、大人気サイキック・ファンタジー、文庫化第一弾登場。

復活―FATAL ERROR (1) (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする