一九九八年十一月十八日未明、晴れ。 ― 屋上の暇人ども (2) (ウィングス文庫)

  • 40人登録
  • 3.14評価
    • (2)
    • (1)
    • (17)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 菅野彰
制作 : 架月 弥 
  • 新書館 (2000年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403540196

一九九八年十一月十八日未明、晴れ。 ― 屋上の暇人ども (2) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ二作目。

    偶然、学校にあるらしい援助交際組織の元締めを知ってしまった、譲と鴫。先生たちの挑発に乗ってサインしてしまった鴫と夏女の自主退学届を、天文部勢揃いで盗みに行った体育科の教官室で、援助交際組織に関係してると思われる女生徒の名簿を発見する。
    その元締めの女生徒が、夏女に想いを寄せていることを知った面々は、元締めに援助交際をやめさせるために、ヤクザへの上納金を奪うことを画策する。

    って書くと、何だかえげつない話だけど、

    いい意味でも悪い意味でも、さらっと軽く時にふっと笑わされる感じの人情ものだと思います。

    一般的な倫理に外れたことを、自分たちなりに正当な理由を持って行う子たちに、

    そんなことをしなくてもわりと平穏に生きてこれた人間が言える言葉なんて無い気がして、

    だから、そんなこと間違ってると言って、言った責任も取ろうとする未来は、すごいなと思いました。

    未来みたいな子、すきじゃなかったはずなのに、

    未来がいたおかげで他三人はいろいろ救われてる部分があるんだろうな。

    おまけの、鴫と夏女の話は、刹那的で脆いからこそ大事にしている感情が、胸にきて泣きたくなる。

  • 色々な所で夏女を心配しすぎ取り乱しすぎな鴫の姿が可愛すぎる。鴫と未来の仲悪コンビにもニヤニヤするなあ。天文部の備品をかけた悪巧み(笑)の場面は、しれっとおかしな事言い出す面々にとてもニヤニヤした。

  • 援交している同級生を反省させ、上がりをヤクザから奪って、望遠鏡を買うという遠望のもと、だんだん仲良くなって来た天文部員4名と天沼先生、暗躍。ナツメが哀しい。未来がいい感じ。

  • 購入、未読。

  • 今回天沼先生がいい味出てます。こういう平凡に腹黒い感じの人好きだ。

全5件中 1 - 5件を表示

菅野彰の作品

一九九八年十一月十八日未明、晴れ。 ― 屋上の暇人ども (2) (ウィングス文庫)を本棚に登録しているひと

一九九八年十一月十八日未明、晴れ。 ― 屋上の暇人ども (2) (ウィングス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

一九九八年十一月十八日未明、晴れ。 ― 屋上の暇人ども (2) (ウィングス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

一九九八年十一月十八日未明、晴れ。 ― 屋上の暇人ども (2) (ウィングス文庫)の作品紹介

少しずつ互いの距離が近づいて、なんとなく「居場所」を見つけたかのような天文部の四人。そんな時、西原有子という同級生が援交の元締をやっているのを、鴫と譲が偶然知ってしまう。しかも西原は、いったいどういう訳なのか、もうずっと夏女に入れ込んで、たくさんの贈り物を貢いでいた。夏女が一顧だにしないのを知らないまま…。めぐりめぐって怒りにまかせたなりゆきで、未来たちは、西原の上納金を搾取する計画をぶちあげる。天文部の夢の部品、ハイパー・アストロ2001、つまりは望遠鏡を買うために!!天文部の懲りない面々、今度の危険な賭けの結果はいかに。

一九九八年十一月十八日未明、晴れ。 ― 屋上の暇人ども (2) (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする