MIND SCREEN(マインド・スクリーン) (6) (ウィングス文庫)

  • 15人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 結城惺
制作 : おおや 和美 
  • 新書館 (2001年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403540370

MIND SCREEN(マインド・スクリーン) (6) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 好印象なBL。

    同人誌発なので、その他の話もあるんだろうが、一般(?)読者は読めないので辛い。
    しかし、よく考えると特記するような内容でもない。
    それで凄く人気があるんだから、そこが特筆すべきとこかな。
    文体かも。

    タクミくんシリーズに近い印象。
    自分の好みがわかるなあ。

  • 久しぶりに読み返した。
    懐かしい。

    今、作者はどうしているのかしら。
    新作読みたいなあ…。

全2件中 1 - 2件を表示

結城惺の作品

MIND SCREEN(マインド・スクリーン) (6) (ウィングス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

MIND SCREEN(マインド・スクリーン) (6) (ウィングス文庫)の作品紹介

人気バンド『サイオン』のギタリストとして、ライブに追われる俊一をおいて、久志は仕事で単身アメリカに向かう。そこでは、祖父が仕組んだひとつの出会いが待っていた。一方、「ツアーの最後までには戻る」…そんな久志の約束が、遠く離れた俊一を支えていた。だが、久志の祖父を狙うテロリストの凶弾が、すべてを打ち壊す…!?「FADE AWAY」「おなじ星」の他、書き下ろし一篇を収録したピュア・ラブ・ストーリー、待望の第六弾。

MIND SCREEN(マインド・スクリーン) (6) (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする