ディアスポラ (2) (ウィングス文庫)

  • 19人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 前田栄
制作 : 金 ひかる 
  • 新書館 (2002年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403540516

ディアスポラ (2) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だんだんハードになってきた。

     この話は主人公の成長というテーマを軸に、精霊の正体・陰謀という謎が入っている。

     そこに噛むのが、一巻からずっとあざとく出ている「魔法使いの狂気」だ。

     魔法の源である精霊は人間につく。そして魔法の原動力となるのだが、彼らは人間のネガティブな感情を嫌い、それが度を越えると去ってしまう。しかしながら、精霊は人間の狂気は理解しない。それはマイナスな感情であるとは思わないのだ。

     狂気に陥った魔法使いは精霊を統制しなくなる。狂った魔法使いについた精霊は契約者を持たないフリーの精霊を呼び込んで大災害を起こす。

     この世界では魔法使いは狂気に陥りやすい、と言われる。



     樓主はこの巻を読んで、その理屈がわかった。

     精霊を失いかねないマイナス感情を持った人間には、もう精霊しか残ってないわけだ。他にも大事なものが残っていれば、なんとかしてプラス変換させるように、魔法学校で仕込まれているわけだから。

     で、唯一の精霊が去ろうとする。

     でも精霊はそんな彼や彼女に言う。

    「嫌なことは忘れちゃえば」

     もはや唯一のものである、精霊をなくしたくない魔法使いは頷く。

     そして、記憶を全部なくした魔法使いは、統制だの倫理だの、一切なくすから。

    「狂う」わけだ。

     いやはや。

     魔法使いが狂いやすいのは、当たり前だ。

     精霊がマイナス感情を嫌って去るという、このシステム構造事態が、狂気の大元なわけだよ。一度去ったらどうやら戻ってきてくれないようだし。

     三巻の展開が楽しみだ。

    (一方的に謎解きして終る。これから読む人ごめんね♪)

全1件中 1 - 1件を表示

前田栄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ディアスポラ (2) (ウィングス文庫)の作品紹介

クワンについていたのは、クワンが求めてやまないきれいなお姉さん精霊ではなく、最強で、単純で、彼に愛されたくてしかたがない『炎の精霊王』だった。その事実を拒み、未だ力の制御もままならないクワン。ユリウスは彼の手をとり、街を出た。辿り着いたのは、海運で栄える街の娼館。そこで彼らは、水の精霊王とその魔法使いに出会った。そして、クワンはユリウスのもうひとつの『顔』を見ることに-!!前田栄が21世紀に放つ、アルティメット・ファンタジア緊迫の第二幕。

ディアスポラ (2) (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする