悪夢―FATAL ERROR (6) (ウィングス文庫)

  • 28人登録
  • 4.07評価
    • (6)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 新堂奈槻
制作 : 押上 美猫 
  • 新書館 (2005年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403540905

悪夢―FATAL ERROR (6) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • FATAL ERROR シリーズの6巻目です。

    一朗、宏貴、要の平穏な日常が終わりを迎える。
    自覚のないまま「第三の神」となってしまった一朗を守るため、協定を結んでいた宏貴と要であったが、一朗が起こした奇跡の力が、とうとう双方の勢力から注目されてしまったのだ。
    そこへ、ある邪霊が地上に降り立ち、一朗の力を求めて襲い掛かる―――。

    ものすごいシリアスです。
    ギャグを探すのが大変になるくらい・・・・。
    そして終盤では、とうとう要が・・・・・・・・・・・!!!!。゚(つд∩)゜。

  • 見つけてナンパした相手が引き金なのか。
    それとも遠足(?)でやってきた同胞が引き金なのか。
    それとも、利用したのが一番か…。
    どれなのか、微妙ですね~。

    前回はまだしも、かなりすごいところで終了しています。
    これは続きが気になる! という所ですが…どうなるんでしょう?
    しかし今回、シリアスなのにやたらに笑える場面がありました。
    ストーリー自体はちゃんと憶えているのですが
    そちらの方がより鮮明に思い出せます。
    …色々な意味で問題ありでしょうか?w

    お気に入りは『まふまふ犬』です(笑)

  • 怒涛の勢いで物語が進んでます!!要が!要が!!それにしても・・・・あっちゃんは孫だったんだね?!そら親の要に懐く筈だ・・・・。

  • 話がどんどん展開していってます。ようやく面白くなってきたかな〜って感じ。<BR />
    本当にどこに決着持っていくつもりかな。すごく気になりはするんだけど、出る間隔がけっこう長いのでいつも忘れてしまうのね〜まあ1ページ読めば前の話思い出すあたりがアレですが。
    <BR />[2005/03/15読了]

全4件中 1 - 4件を表示

新堂奈槻の作品

悪夢―FATAL ERROR (6) (ウィングス文庫)の作品紹介

-なんと要がお見合い!?地神の大物・理子が強引に決めたお見合い相手は、感受性の強い女子高生・未知。だが当日、何故か要の代わりに一朗が彼女の相手をすることに。一方、自覚のない『第三の神』、一朗が起こしてきた奇蹟の力が、天神と地神、両方の注目を集めていた。要と宏貴が命がけで同胞から彼を護らなければならないほどに…。一朗の理解者である親友の要と、威張りんぼだけど可愛い義弟・宏貴。危うい均衡ながらも三人で過ごす平和な日常に突然の終止符が-…。話題騒然のサイキック・ファンタジー第6弾。

悪夢―FATAL ERROR (6) (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする