三千世界の鴉を殺し (11) (ウィングス文庫)

  • 234人登録
  • 3.53評価
    • (20)
    • (24)
    • (73)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 津守時生
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 新書館 (2005年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403540974

三千世界の鴉を殺し (11) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 瑠璃宮のときの思い出話が一章載ってて、うれしい。
    一緒に住んでた時は、フリーダじゃなくってマリリアードだったんだ‥‥。

  • 医師黒っ!怖っ!(笑)
    ストーリーが遅々として進まないこと大河ドラマのごとし。
    今後の怒濤の展開を期待します(09.03.17)

    ------------------------

    ひきつづき会社のバイトさんから。
    13まで借りました。(09.03.04)

  • 2009/01/27

  • 極秘チームのメンバーが増えました。
    そしてようやく夜が来ました(笑)
    日付が変わるまで…3巻分? 消費してます。

    計画のちょっとした所まで話し合う所まで進んでいますが
    いままでを考えると…早い速度だな〜と。
    すべてにおいて伏線だという事は分かっているのですが
    ぱっと見、ここまで進まないとただの横道のように思えるのが
    文章ってすごいな〜という状態です。

    まだまだ問題が増えそうな感じがひしひしとしますが
    その前に登場人物紹介欄が欲しいです。
    人数が多すぎます!

  • 人知れず、戦いの火ぶたは切って落とされた!!ルシファのもとには、電脳戦の勇者たちが集う―――。自らが狙われているため、サラやカジャを遠ざけようとするルシファだが、それはサラの激しい怒りをかう。一方、女たらしだが意外ににも有能な憲兵隊隊長、マルチェロ・アリオーニは、さまざまな情報をもたらす。

  • 全巻所持、1・2巻以外既読
    (mfc.ルシファ/O2)

  •  早口言葉は出来ません。

     イラスト脳内補完に切り替え気味で。

  • 早口言葉。

  • またルシファったら男殺ししちゃって……いつになったら話が進むのかしら。

  • 今回も物語的にはさぱーりすすまなかったけど、相変わらずの変態っぷりに笑いは絶えない巻でした。サラ贔屓なのでルシファと絡みがなかったのが残念。

全13件中 1 - 10件を表示

津守時生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

三千世界の鴉を殺し (11) (ウィングス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三千世界の鴉を殺し (11) (ウィングス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三千世界の鴉を殺し (11) (ウィングス文庫)の作品紹介

人知れず、戦いの火ぶたは切って落とされた!!ルシファのもとには、電脳戦の勇者たちが集う-。自らが狙われているため、サラやカジャを遠ざけようとするルシファだが、それはサラの激しい怒りをかう。一方、女たらしだが意外にも有能な憲兵隊隊長、マルチェロ・アリオーニは、さまざまな情報をもたらす。オールスターキャストでおくる、大人気シリーズ。

三千世界の鴉を殺し (11) (ウィングス文庫)のKindle版

ツイートする