モンスターズ・イン・パラダイス (2) (ウィングス文庫)

  • 30人登録
  • 3.47評価
    • (2)
    • (5)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 縞田理理
制作 : 山田 睦月 
  • 新書館 (2007年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403541162

モンスターズ・イン・パラダイス (2) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 世界観が非常によく書かれていて、凄く面白かった!
    このシリーズの特徴は、強いとされるモンスター達が人間に迫害されて暮らしており、そのモンスターの特徴と共に色々考えさせられるところだと思います。
    モンスターの個性がふんだんに描かれており、読み応えもたっぷりです。

  • 再読ー。
    「赤革の手帳」もよかったけど、「三十二分の一のサイレン」がハッピーエンドといかなくて、ほろ苦いところがいい。

  • 意地を張りながらも、ジョエルのお陰で打ち解けていくカートの様子が微笑ましい。次で終わりなのが勿体無いなぁ。

  • おんなのこふたりのおはなし。

  • 冒頭の中編は法廷もの。ちょっと雰囲気が違って面白いです。あーせっかく歩み寄ったかと思えばまた離れるしこの二人は!!!って感じ。

  • 物語もだいぶ展開して次で終わってしまうそうですが、何よりこの巻の最後できちんと仲直りしていないまま終わってしまったので、すっごく続きが気になります。

全6件中 1 - 6件を表示

縞田理理の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

モンスターズ・イン・パラダイス (2) (ウィングス文庫)の作品紹介

共に"神話的人類"がらみの事件の捜査にあたるうち、ようやくパートナーらしくなってきたカートとジョエル。そんなある日、"十字路"亭の看板ウェイトレス、サブリナが種族を偽った容疑で逮捕される。一見人間にしか見えないサブリナだが、実は、歌声で人間を惑わす"サイレン"の血を引いていたのだ-…。ふたりは無事、サブリナを救うことができるのか!?今回のモンスターは、サイレンと吸血鬼 縞田理理のミラクル・モンスターワールド第2弾。

モンスターズ・イン・パラダイス (2) (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする