姫君返上! (新書館ウィングス文庫)

  • 37人登録
  • 3.21評価
    • (2)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 和泉統子
制作 : かわい 千草 
  • 新書館 (2009年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (242ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403541407

姫君返上! (新書館ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 女装+王宮の陰謀なコメディ系。

    ひょんな事情から姫として育てられたアレクくんが、いい子で好感が持てる。

    王と王妃が死んで、疾走した第一王子。第一王子失踪の手がかりを見つけ、主人公の見合い話(もちろん相手は男です)を餌に乗り込む。
    けれどその地は謎の吟遊詩人に呪われていて・・・・・・みたいなお話。

    笑顔で毒を吐くお兄ちゃんや、訳ありエクソシストのノエル、まともそうに見えて猫狂いすぎるおっちゃんなど、キャラが濃くて楽しい。

    最後のオチはびっくりしたw
    ノエルがツンデレで、この先アレクとの絡みが楽しそうだとおもった。

  • ありがちな・・・。皇子が皇女として育てられて・・・というお話。
    それにちょっと教会関係というか悪魔祓いみたいなのが絡んでくるお話。
    読みやすいけど、まぁそんなに目新しいような展開があるでもないかな。キャラクターがそれぞれ立っていて、特徴があるのでそういうところは面白いかな。
    恋愛要素とかはなく、コメディって感じ。

  • お姫様が実は女装少年で、わがまま放題の身内に振り回されている。ぶちぶち文句を言いながらも、実は自分は立場に見合う努力をしていないのではないかと気付いていく……というある種の王道もの。
    設定が大好物であるということもあり、大変期待して読んだがもう一声!という感じ。
    同じパターンのオチがラストで明かされるので、さすがにその王室ってどうなんだろう、と。

  • 可もなく不可もない。

    と言いたいところだが。
    話は面白い。ありがちな、皇女として育てられた皇子の奮闘のどたばたコメディ。皇子殿下の言葉遣いがいくらなんでも悪すぎるという瑣末なことは気になるものの、まあ、療養に行くと偽って下町で過ごしているという設定があるのだから仕方なかろう、と納得できるレベル。
    が。
    随所に挿入される、でか文字表記はいただけない。私は、これをやられると一気に萎える。どれだけ面白くてもそこで読む気がなくなる。最後の短編以外読み終えた自分を褒めてやりたい。最後の短編は、そればっかり目に付いたので読むのをやめた(笑)。

  • -

    2011/2/25 0:40

全6件中 1 - 6件を表示

和泉統子の作品

姫君返上! (新書館ウィングス文庫)に関連する談話室の質問

姫君返上! (新書館ウィングス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

姫君返上! (新書館ウィングス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

姫君返上! (新書館ウィングス文庫)の作品紹介

男に生まれたのに、聖レーミッシュ帝国の皇女として育てられ、今や帝国内外で"麗しの薔薇姫"と称されるアレク。異母兄が皇帝に即位したら、普通の(=庶民の)少年に戻れる予定だった。だがいまだ帝位は空席で、「俺の青春を返せっ!」と叫べどもアレクの皇女生活は続くのだった…。そんなある日、アレクに見合いの話が舞い込む。男と結婚なんかできるか、とぶち壊す気満々で乗り込んだ相手の国は、謎の吟遊詩人に呪われていて-。王宮ファンタジック・ロマン。

姫君返上! (新書館ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする