エフィ姫と婚約者 (ウィングス文庫)

  • 27人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 甲斐透
制作 : 凱王 安也子 
  • 新書館 (2009年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (234ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403541414

エフィ姫と婚約者 (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 友人Hから借りたもの。
    一気に読みました。
     
    甲斐さんの話は「金色の明日」とかも読んでたはず……。
    私、もしかしたら甲斐さんの書く女の子が好きかも知れない……。
    エフィがものすごくカワイイ。
    とにかくカワイイ。
     
    2話目とか、とにかく健気で……。
    エフィにはぜひ、幸せになって欲しい。
    続編希望です。

  • 大国へとなった隣国へと、人質になるため
    腰入れする事になった王女。
    しかし途中、流浪民から占いを受けた夜から一転する。

    連続短編3つ分。
    出会いと義務と…ちょっといちゃラブ?
    しかし齢13歳…さすが王族と言うべきか。
    知らずに相手と出会って恋をして、実は…で
    ハッピーエンド♪ な王道の一本横?
    年から考えると、確かに純粋って素晴らしい、です。

    そんな最初と違って、周囲が綺麗に現実的な
    2本目と3本目。
    こんな状態で御輿入れ。
    しかもものすごく不安定が、さらにがたがた。
    周囲の人間関係がちらほらと出てくるたびに
    世の中ってそんなもの、と思えてきます。

    とはいえ最後。
    まだ先とはいえ、よかったね、という感じです。
    これで信頼関係は生まれました~で終わったら
    ある意味予想を裏切りまくりです。
    それはそれで美味しい?w
    そして貴婦人達。
    子犬は…結構大変ですよ、見た目に反して。

  • 安心して読める展開。
    12才の歳の差
    お転婆姫さま
    奔放な王様

    エフィはレオンに振り回されていると思っているでしょうが、将来的にはレオンが振り回されると思う。

  • -

    2009/8/12 23:10

全4件中 1 - 4件を表示

甲斐透の作品

エフィ姫と婚約者 (ウィングス文庫)の作品紹介

パスカの王女エフィは、隣国ユリオスの若き王レオンのもとに嫁ぐことになった。それは小国の王家の娘に生まれた定め-結婚の形を借り、大国へ恭順の意をあらわす人質となるために。ところが輿入れの旅の途中、エフィは暗殺の危機に!そこを流浪民の占い師である大女のアトゥに助けられる。彼女にユリオスへの道案内を頼むエフィだったが、実はアトゥは…。

エフィ姫と婚約者 (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする