HARD LUCK (1) (ウィングス文庫)

  • 156人登録
  • 3.97評価
    • (13)
    • (8)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 菅野彰
制作 : 峰倉 かずや 
  • 新書館 (2011年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403541650

HARD LUCK (1) (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011年10月9日読了

    好みドストライクで読み始めたら止まらなくなった。
    「刑事でバディが好きなら絶対読むべき!」だと思う。ハマッてる某バディにもなんとなく通じるところがあって、バディの関係性ってこういう濃密さがいいんだよなぁって思ったよ\(^o^)/

    タクヤの闇やエドの明かされない謎もなんというか、とてもきちんと描かれていて2人の関係が徐々に積みあがっていく感じが素晴らしかった。怖がる相手に信頼をゆっくりと教えて、積み上げるエドのおせっかいっぷりが愛しいです。

    しかし、毎度持ち出される2人のゲイネタは面白くて笑える。
    設定がロスだから出来る軽いジョークだよねww これ日本の設定ならそんな軽口言わないだろうし。ああいうアメリカンジョーク的な軽いやりとりが効いてていいよねぇ。

    もちろん、短編は2巻を読み終えた上で読破。
    なんていうか、もう恋人同士にしか見えなry(笑)確かに後書きでも仰られている通り、携帯があったらこういう話にはならなかったんだろうな。でも、そんなすれ違いにやきもきする2人がいいよなぁ。

  • 刑事ものは、相棒に限ります!!!いかも、武骨男とツンデれ男。ストライク!!!でした。

  • 無茶な若造に振り回されるおっさん29歳。(29歳はおっさんではない) けっこう好きな設定かも。若造のキレ具合が行き過ぎててちょっと引くが、今後の二人の展開どうなるんだろ。

  • 菅野さんの未読本が峰倉さんの挿絵で出るなんて!というわけで読みました。アメリカの刑事バディもの。面白かった。エドはやたらとタクヤの髪をぐしゃーってかきまわしますね。わんこ扱いなのかな・・・。こう、出来てそうに見えて本人たちはスキンシップ範囲内ってのがツボ。

  • うーん。。。
    とりあえず校正ミス?が目につく。誤字が多すぎる。。。
    「自分白身」には参りました (;゚∀゚)
    ストーリーやキャラクターたちはすごく魅力的でおもしろい!
    ・・・が故に、文章力のなさが残念。
    ちょっとくどすぎるかな。

    それと個人的には、主人公たちのイチャぶりに違和感です。
    そこでなぜそんな風にふれるの?成人男子同士で?って感じてしまう。スキンシップはいいのだけど、流れが・・・とりあえずイチャつかせてるだけな感じであざとく感じます。

    でも、峰倉先生の絵は申し分なしw

    ちょっと辛口になっちゃいましたね。

  • イラストが峰倉さんだから買いました。
    エドワードが好みのタイプすぎる!

  • はちゃめちゃで、キュートで、カッコよくて、面白い。
    ノリもいいし展開も速いし峰倉さんのイラストもいい。 笑いながら、サクサク。こういう、軽く読めて、楽しいのは大好きだ。

  • 峰倉先生の日記で知り、購入。

    近未来のロス市警を舞台にしたバディストーリー。

    恥ずかしながら、今作で「いらえ」という言葉を知りました…
    菅野先生も今作が初だったのですが、アクションもきっちり書いてある印象を受けました。えらそうにすみません…


    16年前の作品ということで、近未来にもかかわらず携帯もポケベルも出てきません。そのおかげで、書き下ろしの短編のすれ違いっぷりが楽しいです。

  • 脇キャラクターは結構ちゃんと憶えてるのに主役二人とストーリーを憶えてなかった。雑誌で飛び飛びに読んでて、単行本でまとめて読んだことなかったのかなぁ、私。
    峰倉氏の絵はとても好きなんですが、あんまり子リスちゃんには見えなかったなぁ。
    それはともかく、やはりバディものは良い。まだタクヤが暴走しすぎで相棒って感じになってないけど、その分これから先が楽しみです。

  • ウィングス文庫なんですね……ディアプラスかと思ってました。

全13件中 1 - 10件を表示

菅野彰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

HARD LUCK (1) (ウィングス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

HARD LUCK (1) (ウィングス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

HARD LUCK (1) (ウィングス文庫)の作品紹介

ロス市警のエドワード・ラング警部補のもとにやって来た新しい相棒は、タクヤ・コウガミと名乗ってその手を差し出した-。日系人で、子リスのような風貌とは裏腹に、タクヤは、無鉄砲で後先顧みずトラブルを巻き起こし、瞬く間に始末書の山を作る。だが、やがてエドワードは気づく。彼が心の中にそっとかかえるいくつもの深い傷。彼が警察官となったのは、復讐のためなのか、それとも-。エドとタクヤのバディ・ストーリー、装いも新たに復活。

HARD LUCK (1) (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする