あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)

  • 79人登録
  • 3.85評価
    • (6)
    • (13)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 菅野彰
制作 : 立花 実枝子 
  • 新書館 (2013年2月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (227ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403541902

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 営業しているかしていないかわからない店(飲食店限定)に突撃取材。
    生きてるか死んでるか(美味しいか美味しくないか)判定しよう!というグルメ?エッセイ。
    単行本の時から気になっていたけど、田舎ゆえに手に入れられなかった1冊をようやく文庫で読了。
    ひどいお店ってとことんひどいんだなー、でもどうやってやっていけてるのか不思議だなー。
    うちの地元にも1軒あるんだけど、取材行ってくれないかなf(^^;。

  • 小説家と漫画家➕お供が【営業してるかどうか怪しい店】を募っての
    突撃エッセイ。
    世にグルメ番組やエッセイは数あれども、こんなテイストの取材はないでしょう!
    だって身体壊すよ、絶対(笑)
    でもまぁ、ベトナムのローカル店ってこんな店が多いかも?
    味はそこそこ美味しいみたいだけどね。
    さすがに募集が来なかったのか身の危険を感じたのか、
    続編が出そうもないのが残念?

  • 数年前に単行本として出た直後に、やはり都会の本屋で立ち読みをし、バカ笑いしそうになって「こりゃいかん、このまま立ち読み続けては人目につきすぎる」と地味に控えめに生きるよう教えられてきた私は、いったん本を置いたものの、続きは気になる。
    しかし、買えば重い、自宅には積んである本がしこたまある(今もだが)、何よりその頃は金がなかったので、友達の誰かが買って貸してくれることをアテにして、その場を去った。

    しかし、ものの見事にアテははずれ、地元の本屋には入らず、都会の本屋へしばらくぶりに行ったら見つからなかった。

    似たタイトルの本を見つけては「こんな人の食べるものが出てくる店じゃ生ぬるいわ」などと思っていたところ、文庫発売の朗報が♪

    日曜日の午後、都会の本屋で買いました。
    夜遅くに帰宅し、夕食を食べ、日付変わった直後に風呂に入り、出たところで忘れていた洗濯機の中身を取り出して干し、髪が乾くまでの間の時間つぶしに読み始め、夜明けを迎え読了。

    読んだ感想
    「吐いたら(または下したら)病院へ行け! 保健所へ行け! 野放しにするなよ、死んで腐敗した中華飯店を!」

    是非、死んでる店のその後をレポートして欲しいです。

  • 外観からすでに客をふるいにかけ、果敢に斬り込んだ勇者には「まずくて危険な飯」という容赦のない攻撃をしかける、そんな魔城の数々にいざ突撃!怪しげな飲食店で命からがら完食し店の生死をジャッジする。あの「レフトラン」が……○○○○だったなんて……!
    添えられた四コマ漫画は絵柄も可愛らしく、描き手である立花さんの頑張りっぷりにも好感が持てる。お店の場面が短く、内輪話の比重が大きい本文が残念。(カズハ)

  • どこの町でもある、あれホントに店なの?なんで潰れないの?的な怪しい飲食店に突撃する体験レポート。
    凄く体を張って面白い内容なのだが、文章が個人的には読みづらかった。が、内容としてはやっぱり面白いので最後まで読み続けれた。

  • 面白いという要素がなけりゃ、とうの昔に放り投げてた…食欲を抑えたい方に激しく本を読むのをおすすめします!
    http://www.ne.jp/asahi/behere/now/newpage210.htm

  • ウンポコという雑誌で連載してた時からジワジワ笑いが癖になってた本。
    文庫にしか収録してない(ウィングス出張した一話)見たさに本を持ってるにもかかわらず購入。
    菅野さんの文字と漫画のペースが合ってないので読むのはあっちこっち忙しい。
    だけど腹筋に来る面白さはやっぱり、本人たちのマイルール「けして残さずに完食する」が徹底されてたからだと思う。
    お金出してまずいものに挑み食べるっていう設定が奇抜な企画です。
    見た目八割は死んでるけど二割は生きてる可能性もあるそうなので「どうしてだかわからないけど潰れない店の秘密」はここにあるのかもしれない。
    お店の扉を開ける勇気のない私の冒険心をくすぐる一冊。
    怪しい店には行かないけど。

  • 主に東京と埼玉の狭間で繰り広げられる、生死をかけたバトル。
    作者たちが勝手に敵(店)を定め、戦い(食べ)に行った記録です。
    読んでいるだけで、正直『この人たち、よくやるなぁ。ちょっとヤバいんじゃ?』と思えてきます。

    本当に内容が戦(いくさ)に挑んでいると言っても過言ではないので、読んでいると(特に負け戦の)お店が何処にあるのか調べたくなってきます。

    出てくるお店が知り合いのいる地域や地元だったりすると余計に楽しめるのではないでしょうか。

  • 連載してたことは知ってて、気になってて、でも読んでなくて、文庫化したので思わず買ってしまいました。海馬の当時から、無謀無計画っぷりが面白かったんだけど…変わってナイ(笑)。

    しかし、予想以上にデンジャラスな企画だったのね。マズさに悶絶するくらいかと思いきや、マーライオンが何頭も…((;゚Д゚))ヒイイ。不衛生はイカン不衛生は…保健所なにしてんだ。通報もののお店もあるなあ…。

    でも他人がこーいうアホやってるのを見たり聞いたりするのは大好きだ!バラエティはヤラセっぽくて嫌いなんだけど、誰に頼まれたわけでもなく、自らやってるあたりが◎。Part2、ぜひ期待します。

  • どの町にも必ずあると言っていい、「営業しているのかしていないのか分からない」店の突撃ルポ。

    テーマは非常に面白く、作者たちの身の張り具合も素晴らしい。とにかく色々な意味で「すごいな」と思う。残念なのは文体。オタクっぽいので好き嫌いが分かれる所だと思う。また、本題と関係のないエピソードがいきなり挿入されるので、話が時折散漫になる。身内の仲良しネタはもう少し控えめにして、テーマに沿った文章に絞ればもっと有名な本になったのでは…と思う。

全13件中 1 - 10件を表示

菅野彰の作品

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)の作品紹介

あなたが怖くて入れないそのお店、代わりに入って食べて、生きてるか死んでるか、判定しましょう。ぐだぐだの日々を送っていた小説家&マンガ家の二人は、ある日友人のススメを受けて、そんな企画をぶちあげた。まずは手始めに、近所の謎に満ちた外観の中華屋さんから。そこから始まる恐怖とリバースの冒険とは!?なぜか完食ルールも発生し、友人&担当ズも巻き込んだ、グルメエッセイならぬ「死んでる店」探しの突撃体験エッセイ。

あなたの町の生きてるか死んでるかわからない店探訪します (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする