天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)

  • 216人登録
  • 3.80評価
    • (14)
    • (34)
    • (19)
    • (3)
    • (1)
  • 18レビュー
制作 : 草間 さかえ  冬斗 亜紀 
  • 新書館 (2013年12月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403560156

天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公二人の距離感!!
    続きが楽しみ……

  • アメリカのミステリードラマのようだった。
    人間関係が複雑で過去には何かあって、色々なところで事件が起きて、忙しい。
    事件は解決しこれからどう続いていくのだろうか。

  • ミステリーとしてはもう1捻り欲しい。
    リオーダンの設定もストーリーが進むごとにブレてくるようで、著者もまだ決めかねていたのだろうか?
    次巻以降では設定も落ち着き、話の展開も面白くなるといいのだが。

  • 初めてM/M小説を読みました。
    いかにも翻訳!という感じの文章と
    日本人でも女でもない方の感覚と
    自分の感覚が結構違うので戸惑いました。

    内容はミステリーが8割、恋愛1割、エロ1割という感じ。
    半分ぐらいまで恋愛沙汰一切なかったぐらい
    恋愛要素は薄いです。

    ミステリー部分は途中まで面白かったです。
    でも先生が出てきたあたりで犯人に確信を持ってしまい
    そこはちょっと残念かな~。

    クロードが死んだ夜、ブルースがそばに来るのは
    =セックスだとは思ってなかったのでびっくりですw
    兜合わせ?で終わって、挿入は最後の最後。
    ほぐさず入れられてイタタタタとなりました。

    そして、えー、ほんとの攻めは刑事だったの?
    って気づかないぐらい恋愛職薄かったのですw
    ゲイでありながらホモフォビアっぽいところもあり
    SM趣味もあるみたいで若干不安を感じつつ1巻終了。

  • 面白かった。恋愛要素は薄めだけど(というか本命とは始まってもいない)それがよい。
    犯人については伏線が結構あるので、わりと万人向け。少しずつ真相に近づいていく物語に、じれじれしながら読み進めていけました。
    タイトルが犯人を示唆しているので、わりと早く某台詞でああこれ!って思う。そして、その流れで読んでいったので、なんだか犯人が可哀想になってしまうことに。そのせいか、ジェイク×アドリアンの関係性にあまり萌えられず。まあ、まだシリーズ一作目だから気長に待つ構え。次巻が楽しみ。

  • 始めてのM/M小説読了。著者Josh Lanyonがゲイということで本物だと思い心して読み始める。読了後の感想としては世界中で萌えると感じるポイントは共通しているということ。日本の女子たちの間で興隆している文化はファンタジー半分に思っていたがあながち間違いでもないのかもしれない。自分が推理諸説が苦手というのもあるかもしれないがミステリの内容よりも主人公アドリアンに共感する物語だった。シリーズ一作目でジェイクとの関係は殆どといいうところなので今後が楽しみ。

  • [ネタバレ注意]
    おもしろーい♪本格ミステリ。ゲイミステリーなるジャンルらしいですが、なるほどゲイが重要な要素で、そのせいで糸が絡まりまくってます。言葉選びも洗練されてて洒落てます。アメリカドラマにはまってたから、想像しやすかった。

    クロード、良いキャラだったのに…ちょっと受けの心情軽くないかな?日本の作品だったらそこを掘り下げて自責の念をズラーと並べ立てそうだけど。立ち直りの早さ…。


    犯人ですが…
    もと教師の言葉で犯人が判ってしまった…。それまでものすごーく考察してて、ドキドキワクワクしてたのに…そんな形容詞ひとつであっさり読者バレ…(;o;)

  • 初M/M
    ミステリ色が強くて萌えとか恋愛要素よりハラハラドキドキの方が強かった
    最後までどうなるか分からなくて一気に読み切ってしまった
    シリーズものだそうなので続きが楽しみ

  • 初のm/m。
    海外ミステリードラマがだいすきなので、楽しく読めました。
    元々日本のいわゆるBLにもさほど抵抗がないのもあるかもしれません。

    ミステリーという意味では、ラストが駆け足だったのが残念です。そのあたりもある意味海外ドラマっぽい?

    BLはファンタジーなんだなあと思うほど、差別用語、表現がたくさん出てきます。
    そして主人公含むゲイの登場人物達は皆自らもそういった表現で皮肉を言う。
    そういった面でも、翻訳m/mは良かったです。
    2015.04.30

  • 翻訳M/M。
    日本と海外で会話のテンポやライフスタイルが違うので少々とまどいつつも根本的な萌えは海を渡っても共通なんだ!と思わせてくれた名作です。
    ミステリ&サスペンス要素もありで海外ドラマを観ているような感じ。
    二人が惹かれあいつつも反発してジリジリ焦らしてくるのも嫌いじゃないんだぜ!
    この巻だけだとまったく進展してないので可及的速やかに2巻に入りたいと思いますw

全18件中 1 - 10件を表示

ジョシュ・ラニヨンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に登録しているひと

天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)の作品紹介

LAでミステリ専門の書店を営みながら小説を書くアドリアン・イングリッシュの元をふたりの刑事が訪れる。従業員であり友人のロバートが惨殺されたのだ。前日レストランで口論して別れたアドリアンに、殺人課の刑事・リオーダンは疑いの眼差しを向ける。調査に乗り出したアドリアンだったが、犯人の深い憎悪と狂気はやがてアドリアンに向かう。彼の危機に飛び込んで来たのは-!?それぞれの運命と向き合う男たちを描き上げたM/Mロマンスの金字塔、ついに刊行。

天使の影 ~アドリアン・イングリッシュ1~ (モノクローム・ロマンス文庫)のKindle版

ツイートする