海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)

  • 101人登録
  • 4.25評価
    • (13)
    • (14)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 草間 さかえ 
  • 新書館 (2015年2月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (440ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403560194

海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了

  • アドリアンシリーズ一番の山場!読み始めたときはまさかこんな展開になると思わなかった。
    アドリアンにとってもジェイクにとっても、とても辛い選択を強いられるお話。そこまでならないと捨てられないほど重かったというべきか…ここまでアドリアンの気持ちを振り回しておいて、いわば自業自得なジェイクのはずなのに妙に気の毒になってしまいました。相手の家族もあることだしね…。
    この展開を経てたどり着くのはどういう結末か。次巻まで止まりません。

  • ゲイだとばれたら固い職業のジェイクにとっては良い状況とはいえないし、典型的なアメリカンビューティと言う感じの家庭に生まれた人っぽいので主人公への恋慕と自分の人生を天秤にかけて自分の人生の幸せ(成功)を前巻で選び取ったくせに
    アドリアンとは友達でいられると思ってたってお前、そんな人間都合よくできてないってばってちょっとプンスカ怒りながら読んだいたけど
    最後、自分とアドリアンとの関係をいい方向に清算する決断をしたので早く続きを読みたいです
    アドリアンもジェイクも面倒くさい系だけど一筋縄ではいかないのが人生だよねぇ
    ガイはどうなるのかなぁ

  • 大・大・大・大好きなアドリアン・イングリッシュシリーズヾ(≧▽≦)ノ 
    今回も良かった!!( ´艸`)ムププ 
    文句なし★5つ!!
    厚さの割に一気に読めるのはそれだけ面白いってこと。③巻から2年後。
    ジェイクの結婚により別れたアドリアンとジェイク。

    アドリアンの小説に映画化の話が持ち上がり、
    そのパーティの席上で殺人事件が起こり
    捜査に来たのがジェイクだった。
    2人が殺事件の現場で再会。
    再び始まる事件の謎解きと2人の物語。
    きっぱり別れたはずがお互いの心には……。

    前回、糞だったジェイクが今回は漢に!! オオーw(*゚o゚*)w

  • シリーズ4作目。アドリアンシリーズのテーマは一貫して愛と孤独だと私は思っているのだけど、それを突き詰めた先にあるのはいかにして自分らしく生きていくかに繋がるのだな、と。彼らの葛藤や模索はとてもリアルで、性的指向がどうであれ社会で生きる上で誰しもが抱える想いそのもの。だからこそ読んでる私たちにもアドリアンの痛みはダイレクトに伝わるし皮肉は身に刺さります。
    願わくばアドリアンとジェイクのベクトルが同じ方向を指し示していますように!

  • 待ってましたの第四巻!
    今回は途中から犯人こいつだろ!!とある程度予想してたものの、珍しく当たっていました。
    が、それ以上に前の巻で関係が終わったはずのジェイクの登場のせいで(ジェイクのせいというよりとある人の仕業でもあるけど)、満足ではあるが違和感を感じていたアドリアンの日常がまた揺り動かされて、結果的に(陳腐な言い方だけど)ジェイクと元鞘に収まった。
    3巻の最後でどうなるんだこれ!!と煽られた不安感は、全てフラグ回収してくれてます。
    それはもう、快刀乱麻を断つが如く。本当この先生は可愛くない可愛い人を描くのがうますぎると思う。
    二人の間の心理的な問題は本巻で概ね解決を見そうですが、完結編とのことで5巻も今から待ち遠しいです。

    一応このシリーズ、ロマンス小説のくくりに入るらしいのですが、「一度他と身体の関係を持ったくらいで浮気だなんだで騒ぐ」「スーパー攻め様の包容力で受けがメロメロになる」といった(私が苦手な)よくある展開を踏まずに「地味に泥臭く、ふと見回したらその辺にあり得そうな形で」ロマンス小説の王道ハッピーエンドたる「最後に愛は勝つ」に持ち込む手腕には毎度惚れ直さざるを得ません。
    男同士かどうかとか恋愛がどうとかいうより、不器用な人間同士の物語、という側面が強いので、ロマンス小説のめろめろキュンキュンな展開が苦手な人に逆に勧めたいくらい。
    一見ひ弱受け、朴訥強い攻めに見えますが、実のところメンタルの強い受けと一途な割に言葉や態度が下手くそな攻め、というのは同著者の「フェアゲーム」の時にも堪能しましたが、4巻にしてアドリアンでも遂に来たか、と読後ニヤニヤが止まりませんでした。
    突如現れるわ「俺はずっと好きだったのに」と言い出すわの下りは「あれ、このセリフどこかで見たことあるような…w」と某FBI捜査官のアイツを思い出しました。(まあ、彼よりジェイクの方がよほど倒錯してるとは思いますがw)

    個人的に萌えたシーン:勃たなくなっちゃってるアドリアン、邪険にしてた割に猫の世話をするアドリアン、ジェイクのデレ、ガイとのすれ違いシーンでの会話、3人鉢合わせシーン

  • ふぉぉ…至福のためいき…!!
    読みながら何回「ジェイク!この野郎ジェイク!」と呟いたことかww
    ジェイクは実は男運悪いですよねwww
    前の巻に引き続いてアドリアンには切ない場面多かったな。
    でもジェイクへ静かに別れを告げるシーンは個人的に大好き。
    犯人も終盤まで全然わからないしラストは怒涛だし、ミステリとしてもかなり面白かった。
    最終巻は年末までお預けとのことで気が狂いそうです!w

  • ちくしょう、なんだよほんと。
    叫びたくなるじゃないか!!!!!
    煮え切らない二人と、新たな殺人事件。
    再び出逢ったことで、関係がまた始まるのか、始まらないのか。
    一体、どれだけの時間が過ぎて、何度、危機を王子様が救えば、ハッピーエンドに辿り着くのか。

    どうにも、面白いです。

  • ジェイクは大変だろうなあ、と思うのですがこれまでの所行を思い返すにざまあと思わなくもない。そしてここで完結にしないで続きがあるっていうのがすごい。現実は Happy Ever After じゃないだなっていう。

全9件中 1 - 9件を表示

ジョシュ・ラニヨンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)の作品紹介

アドリアンの小説に映画化の話が持ち上がり、出席していたパーティ会場で映画のスポンサーが突然死する。調査にやってきた刑事を見てアドリアンは凍りついた。そこには2年前に終わり、まだ傷が癒えてはいない恋の相手・ジェイクの姿があった。ジェイクの部下はアドリアンに疑いの目を向ける。被害者の体から検出された毒の中に彼の心臓の薬と同成分のものが含まれていたのだ。アドリアンはジェイクの協力を仰ぎながら独自に事件の調査を始めた。俳優のポール・ケインからジェイクとの過去を聞かされ、ざわついた気持ちを抱えたまま。そしてジェイクは2年前に言えなかった言葉を語り出す-。胸に突き刺さる怒りと痛み。相克と再生の第4弾。

海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)のKindle版

ツイートする