楠劇場 (ウィングス・コミックス・デラックス)

  • 37人登録
  • 3.72評価
    • (5)
    • (3)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 楠桂
  • 新書館 (1989年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403611827

楠劇場 (ウィングス・コミックス・デラックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学生の頃、友人の家の本棚にあった漫画。
    当時は借りて読んでそれなりに満足していたはずなのに、20年もの時を経て突然自分の物にしたくなり古本屋に駆け込む……というパターンが最近多い。そう云えば同じく楠先生の『鬼切丸』も全く同じルートを辿って現在我が家に鎮座ましましているのであった。

    美女・美少年は言うに及ばず、老人から化物の類まで描きこなす画力。子供心にはオバケ屋敷感覚の「怖いマンガ」だったのですが、大人になって改めて読み直すとひたすら切ない。女を鬼に変えてしまう情念……沁みるわあ……。

    それはそうと冒頭のカラー「夢童/鬼魔〈おにこごめ〉」に声上げました。

  • 楠桂は楠劇場が最高峰!と思います。懐かしさに涙。

  • 短編集。鬼のお話。子供の夢。楠桂のロンドン紀行なども。『四十九日』がお気に入り。

  • ◆夢童
    ◆四十九日
    ◆鬼少年
    ◆鬼魔<さよりの章>
    ◆かくしんぼ
    ◆半蛇の女
    ◆穏
    ◆現世怪談
    ◆2番街のマギー
    ◆あなたのとなりの死刑囚
    ◆海のつぶやき
    ◆リカちゃんのポケット
    ◆みっどないとぱじゃまひいろお
    ◆ロンドン旅行記
    ◆楠くんの仕事の事情
    ◆夏むけ体験談
    ◆楠劇場番外編

全5件中 1 - 5件を表示

楠桂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

楠劇場 (ウィングス・コミックス・デラックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

楠劇場 (ウィングス・コミックス・デラックス)はこんなマンガです

ツイートする