源氏 (6) (ウィングス・コミックス)

  • 169人登録
  • 3.62評価
    • (18)
    • (12)
    • (43)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 高河ゆん
  • 新書館 (1992年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403612800

源氏 (6) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ピーク・・・かなぁ。

  • 「源氏」の中で6巻だけがものすごくお気に入りで、本棚に残っている。冒頭に登場する女の子二人組が秀逸。女王様と奴隷の関係で、女王様のほうは自分をかわいそうがって「あんたなんかに何も判らないわ。誰にもけっして判らないわ」なんて思春期病みたいなセリフを言っちゃってて、何甘えてるんだ! とイラついていたのですが、本当に本当に重い秘密を持っていて、「本当だ。これは、誰にもわからないわ~」とノックアウトされたのでした。

  • 看到這集我才發現,台灣版為了讓封面底色是紅色,所以封面整個都縮小到左上方@@ 大然出版社倒社了,所以這部目前是稀少的絕版品呢!

  • 清盛が愛しい

  • 所在:実家

全5件中 1 - 5件を表示

高河ゆんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

源氏 (6) (ウィングス・コミックス)に関連する談話室の質問

源氏 (6) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

源氏 (6) (ウィングス・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする