西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)

  • 3000人登録
  • 3.82評価
    • (514)
    • (365)
    • (796)
    • (8)
    • (0)
  • 361レビュー
  • 新書館 (2000年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403615887

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 本館未所蔵ですが、ご紹介いただきましてありがとうございました!

  • 実はよしながさん初読み。何となく読みはぐっていたよしながさんですが、今回友人にお借りでき感謝、感謝です。見てはいないけど確か昔タッキーがやってたドラマだよな…と思い出す。元ボクサー・エイジ、魔性のゲイ・小野、その小野を唯一振った男でオーナー兼販売員・橘。もうワタシ的には小野一択で! 彼の魔性には興味あるわ。しっかし、夜中まで開いていてしかもイートインできる夢のようなケーキ屋さん、うちの近くにもできないかしら。

  • 1400エントリ目は、よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」ということで。アンティークというお店の店長が、ケーキ屋を営みながら、子供の頃に自分を誘拐した犯人を待ち構えるというのが本筋のストーリー。実際は、「魔性のゲイ」の異名を持つ天才パティシエによる創作ケーキの数々が美味しそうで美味しそうで溜まらない、というのが本作品の本当の魅力。私はこの作品を読んでから、ケーキやタルトが急に大好きになってしまった。2001年には滝沢秀明主演でドラマ化されている(ドラマでは「魔性のゲイ」の設定は完全に無視されている。当時の月9枠ではNGだったのかも知れない)。どうでもいいけど、この時期のよしながふみって、吉田秋生が「BANANA FISH」の終盤から「YASHA」を描いていた頃の絵柄とよく似ている(特に男性の広い肩幅と太い首。あと、キャラクターを崩した時の表情も)。ウィングスコミックス全4巻。ウィングス文庫版は全3巻。

  • 甘い物が食べたくなる~~~~★

  • 何回読んでも美味しそう。各人のエピソードもそれぞれ味があっていい。あと、小野は恋愛以外のところはすごくよく出来た人だと思う。人への気遣い方とか。

  • アニメ化、実写化されてきた作品ですね。韓国の映画版が一番良かった(^q^)ゲイの天才パティシエ役が美人さんで期待以上にBL否MLだた。ありがとうありがとう涙

  • 面白い!!まだ一巻なのにここまで読ませるか

    どんな漫画が好きかは好みだし、優劣はつかないと思うけど。やはりストーリーの面白さや密度が別格の漫画はある。ここまで読み応えがあって、引き込まれる作品が描けるのはすごい

  • 付箋回収が素晴らしい。見事な作品でした。ただのBLでもなく重い重い内容なのに暗くならないのがよしながふみの作品だなと思いました。

  • 「...ケーキも少しは役に立つじゃん」

    イケメンに美味しそうなケーキ。乙女にはたまらん組み合わせですね。いつ読んでもときめきます。

    大きな吹き出しの中いっぱいに台詞が詰め込まれているのが特徴のよしなが漫画。この作品もケーキの口上がこれでもかと詰め込まれております。だけど、軽快な台詞回しでサクサク読める。

    ドラマ版ありましたね、いまやるなら
    小野さんは堺雅人さん。エイジは岡田将生でおねがいします。(橘とちーちゃんはそのままでいいです)

  • とにかくケーキが食べたくなる!!

  • 図書館 借
    面白かった。キャラがみんな魅力的で終わり方も好き。

  • ストーリーがいい作品はBLが苦手でも楽しめるんだなあ、と実感した。よしながふみの作品は全部おもしろい。

  • ドラマ先行で読んだ漫画だけど、おもしろい。そして、おいしそう。

  • 面白い。ケーキも食べたくなるし
    魔性のゲイの小野さんがよい。
    次巻も楽しみ。

  • 初よしながふみ。
    じわじわと味が出てくるお話ばかり。
    レシピ3が好き。

  • なぜか母が全巻購入していた。
    ドラマは朧気で、アニメは見ていたけど原作は初めて読んだ。

    読み終わってからケーキ食べたくなって二人でケーキバイキングに行きました(笑)

  • ボーイズラブものは初めて。そんなイヤじゃなかった。ドラマって誰がやったんだろ?わくわく。最後の事件への流れが意外とマッチせず、楽しく四人でお店やってるだけでも十分楽しめたかもー

  • 今更ご本人作の同人誌を読破する機会に恵まれたので感想。ホモ注意。
    最初は小野の魔性のゲイ時代とかフィクション前提の千影×小野だったけど、そのうちガチ小野×橘になって小野と橘が風呂場でかきっこ(!)してしまう。
    で橘が、「小野は人間関係が壊れるのが怖くて自分から関係を壊す人間なのでセックスして関係を怖そうとしている」(意訳)けど「俺はお前と永久に好きにならないし付き合わない、だから永遠に別れない(付きあわないことで逆に永遠に一緒にいられるよ)」(意訳)と諭す。
    両思いにならないことが一緒にいられる手段なのよというビターな切ない展開。ところでこのとき橘は小野に抜かれた(!)直後なんだけどズボンはどのタイミングで上げたの?

    で次の本でガチ千影×小野になり、あとは毎回千影×小野の生々しいエロ描写が繰り広げられる。その中で橘と千影の絆(千影が女だったらケッコンすることになってただろうな発言)に小野がシットして浮気したら千影が「若を置いてどっかに二人で逃避行してもいいです(意訳)」的なことを言ったり、橘に千影と付きあってるのがバレたりする。
    で浴衣販売をすることになった際に小野が高校時代の橘との記憶(シャンとしてりゃカッコイイのによーと高校時代に橘に言われたこと)を急に思い出し、橘に惚れ直してしまう。
    でも千影は小野にぞっこんラブだし小野も千影のおかげで救われたから千影を絶対に傷付けたくない。橘も千影と小野の関係を知った上で応援してくれてるしこんな抜き差しならない状況で今更橘に告るのは無理。「これが(橘の「ゲロしそうにきもちわりーよ早く死ねこのホモ!」がトラウマになり、自分が傷付きたくなくて好意を持ってくれた人を傷付けまくってきた)僕への罰」なんだ…というのが同人版アンティークのオチである。救いがない。
    このあと補足的にでこちゃんが本気で橘と結婚したいけど橘にキツい言葉で拒否られて大泣きし、小野がでこを「橘は優しいから絶対将来ケッコンしてくれる」(意訳)と慰めながら「僕が女だったら多分優しい橘はケッコンしてくれたであろう、女との絶望的な差を見せつけられたけど不思議にあんまりショック受けてないや」(意訳)と感慨にふける話、千影とセックスしてると安らぐので橘は好きだけど小野の精神衛生的には千影と一緒がいいのだ、体の相性もいいし(意訳)みたいな感じで幕が閉じる。

    作者的には千影×小野のエロがいっぱい描けて満足だったと思うのだが、同人版アンティークのキモは橘と小野と千影の三角関係だったと思うので、そこの決着がイマイチ浅かったのが不満。
    結局小野→橘の何度でも再燃する初恋は解決されなかったし、橘の好いた女に「無理してる」と言われるほど相手に尽くして(優しくして)しまう性格も解決されなかった。解決されてないからこそこそ小野は橘がでこと結婚する未来を確信しているわけだし。
    だから物語中での小野と橘の関係はケリが付いていないのに、なんとなく千影という棒がいてにっちもさっちもいかないから、とりあえず幕引き…みたいな尻切れトンボ感があって、腑に落ちないのだった。同人だからしゃーないけども。
    この三人の関係で面白いのは深い絆のある橘と千影の両方に小野が好意を寄せることで、どっちと付きあっても2人の絆(しかもプラトニックな絆)に阻まれるところが取り組みがいのある関係性のように思えたのだが、その辺は特に描かれなかった。
    というか、本編より(本編で橘から巣立った描写があるとはいえ)橘と千影の関係が希薄で、千影はひたすら小野にメロメロであり、あんまり橘と絆が深い感じでもないのだ(店を辞めて二人で逃避行しましょう発言)。だからあんま三角関係っぽくない。というか、千影があんまりスッキリ小野にメロメロになりすぎて、小野が何しても全く怒らないので、恋愛のアヤ的... 続きを読む

  • あーこんなケーキ屋さんが近所にあったらヤバイなあ。。。

  • 初めて読んだよしながふみ作品がこれで、一番心に残ってるのはやっぱりこれかな。

  • よしながふみの大ファンになった作品!
    舞台、キャラクター、そしてストーリー、その伏線…
    どれをとっても完璧!!
    ぜひ手にとって欲しい超おすすめ!!!
    全4巻(文庫版全3巻)

  • 全巻読了済
    ドラマは見ていたけれど原作は読んでおらず、またBLだとも知らなくて、友人から借りて読んだら割とがっつりBLしててびっくりした作品。
    思えば商業BLを読んだのはこれが初めて?だったんだろうけど、個人的には「ドラマの原作」という認識でしか読んでいなかったから、あまりBL漫画を読んでいるという感覚は無かった。
    内容は今思えばさすがよしなが先生というか、ケーキや食べ物の描写が美味しそうでたまらない。話もとても面白く、BLの部分も何の抵抗もなく読めた。
    個人的にはドラマの改変は良改変だと思っている。ドラマはドラマでとても面白かった。

  • 効果音が美味しい。

  • ドラマの再放送を見て、心優しい男たちに感動し、原作コミックを購入。ドラマとは全く違っていたが、すごく良かった。ドラマにはないゲイの部分もそれほどきつくないし、何より個々のキャラクターが深みがあって魅力的。ドラマとの共通点は、とにかくケーキが食べたくなる。

  • あんなスイーツのお店があればいいなと思いました。

全361件中 1 - 25件を表示

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)に関連するまとめ

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

西洋骨董洋菓子店 (1) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする