いづれの御時にか (2) (ウィングス・コミックス)

  • 51人登録
  • 3.47評価
    • (3)
    • (6)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 吟鳥子
  • 新書館 (2011年12月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403621314

いづれの御時にか (2) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 入り乱れる嘘偽りに、弘徽殿女御の強さ、空蝉の君の弱さとしたたかさ、王族の孤独と鬼たち敗者の憎悪、そして富士丸の純粋な愛情、さまざまなものが光る残酷で綺麗な物語だった。
    ……それにしても、2巻完結とは、無念で仕方ない……。せめて3巻くらいにならなかったものか。割合すっきりまとまったラストだったけど、もっと長く楽しんでいたかったなあ。

  • 子鬼丸が切なすぎる…

  • 本当は仲良くアットホームに暮らしたかったけれど、やんごとなき身の上により周りを巻き込んで血生臭くなってしまった人騒がせな悲しいお話。結局、恨みを募らせた首謀者である八の宮が美味しい決着で、小鬼丸ばかりが割を食った形はなんだかな~。そこんとこだけスッキリしない。

  • 表紙が好みなのでこちらを登録。ラストに伏線がどどっと活きてくるのが秀逸ですね。

  • あれ、二冊で終わり?何かもっと色々描いて欲しいような…物足りない感じ。

  • ようやく2巻だ〜と思ったら完結してた。2年半も経ってたか〜 間あいちゃったからな…。「みずら髪の『トーマの心臓』」言われてみればそうかな? てかんじだが。でも富士→小鬼のとこくらい?
    それよりたま君ちゃんと伴周のロマンスとか、今上帝と八の宮・院との確執なんかが良かった。

  • 読んでも読み終わっても前の巻が思い出せなかった…。2年半は長いよ。なんか、小鬼丸は人になれないまま終わった感じで切ないな。富士丸はふっ切れ過ぎだが。一番意味不明なのは夏政だよ。放火して女つれて左遷て。何の覚悟だったの?

  • 第一巻が激しく好みだったので、ひたすら待っていた第二巻。
    表紙がアップされた時点で「ん、BL…?」と思った、思ったら(笑)。

    富士丸が最後まで鬼切ない。
    透子さんの天パ具合が変わるので一瞬キャラを見失いそうになった。
    総勢10人超の思惑と心とがいっぱいに展開されて滝のように流れ落ちていく平安絵巻、堪能しました。もっと読んでいたかった!全三巻になっても良かったんじゃないかえ。

  • -

    2012/1/14 1:04

全11件中 1 - 10件を表示

吟鳥子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

いづれの御時にか (2) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いづれの御時にか (2) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ツイートする