少年魔法士 (16) (ウィングス・コミックス)

  • 164人登録
  • 3.97評価
    • (10)
    • (17)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
  • 新書館 (2012年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403621529

少年魔法士 (16) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

  •  こんなときどんな顔すればいいのかわからないの……ワカラナイノ……一瞬「あ、ラフィトウさんの紅(ルージュ)ってこの色だったのね! わぁ納得!」と逃避したくなった自分がいます。シェーラさんも死霊術関連の生まれだしね! うんそんなわけがない。
     この展開、この設定で、最後にはみんな生き返ってめでたしめでたし、になるはずがないと自然と思わされる辺り、なるしま先生ほんとうに凄い。死者を復活させる手段が用意されてあるにも関わらず、死の価値も凄惨さも微塵も軽くなっていない。最近グロ減ってきたなぁと油断してたらコレだよ! 個人的にハイマンさんが一番胸に迫りました。新たにした決意が断たれたのと、ナギが彼を馬鹿と呼ばなかったことに。
     最終的にまさかのカルノVS勇吹再びなんだろうか。構成としては美しいよねと納得せざるを得ない(涙) レヴィさんの狙いだと勝つのは勇吹か。アンヌはどう関わるのか、そもそもまだ生きてるのか(もしかして、このレヴィには異能も霊能もなく、候補者だからではなく元々魔法使いではないから見逃された?)。亡くなった人たちに出番はあるのか。うん、続きが楽しみです……タノシミデス(放心)

  • さらっと重要人物が死んでる。人王は何を考えてるのか?カルノをどうしたいのか?レヴィver2とナギはどういう関係になるのか?そろそろ終りかな?

  • この巻の内容自体は特に評価しないけどシリーズ全体でこの評価です。

    作画の乱れがヒドイ。あと、あらすじを追ってるだけの漫画みたいになってきた。最後の大詰めだからかな。

    人がバッサバッサ死んでいく。レヴィ戻ってきてくれないかな…一巻から十年余り親しんできたキャラが死んでいくハードな展開、というのがなるしまゆりの描きたかったことなんだろうけど、なんかあんまりショックじゃなくて、CLAMPの聖伝から始まるオタク作家の悪い傾向を直せないままきてしまったなあという感じ。うまく物語に入れない。少なくともこの巻だけを見ると、安易な展開だなと思った。なるしまゆりの情熱をもう感じない。惰性で描いてるように見える(描いてくれるだけありがたいけど)。

    指輪作りのエピソードも、唐突な感じがした。これまでの巻に伏線入ってたかな?
    幼レヴィのエピソード自体、こういう結果ならまるごと削ってもよかったんじゃないの。あのエピソード入れなくても、アンヌの異常性もナギの考えもだいたいこうなることは予想できたし。ただ、アンヌの昔の伏線(嬰児保存)を回収したかっただけかな。それともこれから意外に展開してくれるのか。

    ラフィトゥさんは結局あまり活躍しないモブのまま亡くなってしまったな。登場は派手だったのに。ハイマンと勇太はお勤めご苦労さまでした。

    とりあえずこれでラストが「関係者みんな死んじゃったけど二人は幸せです…♡」みたいな感じだったらやだなー。かと言ってもし死んだ人全員生き返したらそれはそれでもう二度となるしまゆりは読まないだろうなって思う。もともと少年と原獣以外もう読まないつもりではあるけども。

  • うわあ・・・ソウキマシタカ・・・。
    この容赦のなさっぷりがなんとも・・・。
    さて、一体どうやって収拾をつけるのか。楽しみなような、怖いような。

  • 皆殺しの田中もまっ青な展開。
    そりゃ終末が近いのはわかるけど…。


    ========
    分かるか?
    アーク

    それが私の理解する
    私とお前の契約だ
    ========

    言葉が通じてそうで通じてないって日常的にもあるのに。
    ましてや人でないものとの会話って難しいなぁ。


    ========
    いや待て
    それ人違い…
    ========
    カルノは何処まで行っても変わってない、気がする。


    ========
    「黙示録」というのは
    整理整頓の
    名前だよ
    ========
    あ〜、整理整頓をできない私は平和な人です。はい。


    それにしても、ラフィトゥさんまでが…あぁ(泣)。

  • そういえばなるしまもわりと容赦ない作者だったなーと思い出した1巻。和田慎二や田中芳樹を思い出させてくれる。



  • ……!?


    ……???


    !!!!

    ↑なるしまさんの作品を読むと大体こんな気持ちになります
    というかなるしまさんの話を読むと
    自分ってこんなに読解力なかったんだっけ…と
    絶望的になる……

    わ、わからない
    わかるようで分かり難い。難しい。

    とりあえず全巻出てから再読したいけど
    それまでモヤモヤを抱えているのも嫌で
    あぁでも悶々エンドレス

    どうあがいても絶望、な魔法使いたち

  • 幸せってなんだろう。
    この先になにがあるんだろう。

    勇吹とカルノが最後どうなってしまうのか怖くて、でも、彼らにとっての幸いがあればいいと思う。

全8件中 1 - 8件を表示

少年魔法士 (16) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

少年魔法士 (16) (ウィングス・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少年魔法士 (16) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年魔法士 (16) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

少年魔法士 (16) (ウィングス・コミックス)のKindle版

ツイートする