ファサード (16) (ウィングス・コミックス)

  • 38人登録
  • 3.46評価
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 篠原烏童
  • 新書館 (2015年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403621888

ファサード (16) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久々のファサードはやはりうれしい。
    しかも長編で次巻に続く。

    だけど以前と比べて絵があっさりしてきたような…
    昔はもっとたてがみとかモフモフ感があった気がする。

  • 宗教ぽいものをかくと、色々あるんだろうな…と
    あとがきを読んで思った。

  • やっぱり烏童さん好きです。今回も考えさせられるテーマでした。テーマはテーマとして、それでもいつも、どんな話の時も、根底を流れるもの、伝えようとしている事はひとつだと感じるのですが。
    何をもって敵なのか。何故争うのか。戦わなければならないのか。どうして?異教徒だから殺すの?歯がゆく叫ぶ子供の口を塞ぐしかない大人。本当に、どうしてでしょうね。ファサードはいつも観測者として落とされ、翻弄される。今回も、辛い思いをしないと良いのですが。

  • 文庫で集めてるのについ買ってしまった・・・

  • 久しぶりのファサード。別次元っぽいおはなし。続いている。続いてる(><)
    聖地レルサレムをめぐるテンプルやイスラム、翼人や獣人。

  • 今回のエピソードの下敷きは、サラディンのエルサレム奪還になる模様。映画「キングダムオブヘブン」の近くだね。
    獅子の顔なのに、鷹揚で犀利なサラディンの表情がすごくよく分かるの、すごい。

    しかしこの造形だとヨーロッパ方面の人、アラビア方面の人に比べてものすごく戦闘力低そうなんだが。何故勝負になっているんだろう(笑)。

全6件中 1 - 6件を表示

篠原烏童の作品

ファサード (16) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ファサード (16) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ファサード (16) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

ファサード (16) (ウィングス・コミックス)のKindle版

ツイートする