緑の標的 ─ ショウ&クラウドシリーズ (ウィングス文庫)

  • 56人登録
  • 3.85評価
    • (10)
    • (8)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 多戸雅之
制作 : 小林 智美 
  • 新書館 (1990年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403640018

緑の標的 ─ ショウ&クラウドシリーズ (ウィングス文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一応デビュー作?
    当時新書館《多戸雅之》、角川では《津守時生》とペンネームを使い分けていたようだけれど
    今は《津守時生》に統一したのかな。

    当時の作者の萌えどころがわかりやすい。

  • 多戸さんのSF設定アクションものらぶらぶ入り。笑。
    現津守さんの初期作品です。内容のペースに多少無理を感じられるものの、「女は度胸、男は愛嬌」は健在。未読の方は是非。

  • ショウとクラウドのやりとりが好きだ。
    小林智美氏の一冊目の画集「彩華-花の歌をききながら」の最後に二人の出会いのSSが載っている。

  • ショウ&クラウドシリーズの1作目です。
    津守時生さんと名前を変える前の作品です!
    未来刑事モノで重いテーマですが、それを感じさせない面白さがあります。

  • 全2 YA

  • 津守氏の別名義での作品。未来刑事ものだけれどそれだけではなく。今思うと「三千世界〜」に通じる部分がやはりある。扱っているテーマははっきり言って重く辛いものだけれど、やはり津守氏。軽妙なポイントは逃しません。ショウ&クラウドシリーズ1作目。

全6件中 1 - 6件を表示

多戸雅之の作品

緑の標的 ─ ショウ&クラウドシリーズ (ウィングス文庫)を本棚に登録しているひと

緑の標的 ─ ショウ&クラウドシリーズ (ウィングス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

緑の標的 ─ ショウ&クラウドシリーズ (ウィングス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

緑の標的 ─ ショウ&クラウドシリーズ (ウィングス文庫)はこんな本です

ツイートする