遠田志帆画集

  • 70人登録
  • 4.43評価
    • (13)
    • (6)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 遠田志帆
  • 新書館 (2014年8月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403650697

遠田志帆画集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本屋さんで表紙のイラストに魅了されて即買い。とても美しいです。

  • 何週目か。
    すんばらしかった。

    好み的には、目が大きすぎてしまうけど、このイラストを元に粘土を練りたい。あああああああっ。

  • 『Another』の装画を手掛けていらっしゃったことがきっかけで、遠田さんのことを知りました。
    陶器のような質感の肌と、ガラス玉のように透き通った瞳が特に印象的だと思います。
    とても繊細な筆致を大判で眺められて眼福です。
    ご本人による作品解説が掲載されているのも嬉しい。
    表紙にもなっている『TAMAYURA』と、『白雪姫』『赤ずきん』『ラプンツェル』の童話シリーズ、『朱鬼』が特にお気に入りです。
    あとはやっぱり『Another』『AnotherエピソードS』が大好きです。

  • 2014年9月1日(月)、小雨。
    駅前の6階建ての本屋にて、立ち読み。

    妹が見ていたアニメ『Another』
    冒頭と結末は、たまたま見てしまったので、
    原作だという小説は読んでいないが、
    表紙だけは、チェックしていた。

    今日たまたま、平積みされている画集を見つけ、
    覚えがある絵だったので、手に取った。

    全体的に繊細なタッチで、
    「花と少女と風」の絵が多く、
    女性を描くのにこだわっていると感じた。

    よく人物画では「目が印象的で〜…」などの感想をしがちだが、
    むしろ、目が印象に残らない。

    確かに、眼力があるような大きな瞳だが、
    潤みがなく、乾いていると、個人的に思った。
    多分、髪の毛などを描く際の、繊細なタッチが、
    瞳を描く時にも、そのまま出ているのだろうと思う。

    グラビアアイドルのような、乾きかけの髪は色っぽいので、現状維持で、
    眼力をUP出来たら、もっと素敵だと思う。

    それよりも、特筆すべきは、唇。

    「下唇の中央に、口紅より濃いクリアなグロスを、ポンポンと置くと、ぷるぷるした唇になる」

    …と、昔、『りぼん』のメイク技特集に載っていたのを、思わず思い出したくらいだ。

    絵を一言で表すなら、精巧な人形。
    あまりにも美しいのに、目だけが生きてなくて、
    気味が悪いような恐れを感じさせる。

    その、ベッタリとしたグロスリップの潤みを、
    さらりとした涙で覆われている「瞳」にも、
    どうにか応用できたら、
    ぜひ、画集を購入したい。

    手に入れるとしたら、
    現状では、アート性に富んだ、別の画家の画集でもいい。

  • 初画集!

    新書館のPR
    「綾辻行人『Another』、アンソロジー『ひらり、』のカバー画や、
    冲方丁「はなとゆめ」、桜庭一樹「ほんとうの花を見せにきた」など多くのの挿画を手がけ、
    現在最も注目を集める絵師のひとり、遠田志帆の初画集。

    激しさと儚さを内包した少女の美を中心に、描きおろし5点を含む100点以上の作品を収録。」

  • 数多くの小説や雑誌の表紙や挿画を手がける、遠田志帆さんの画集。
    愛らしく、時に官能的で、妖しく、繊細。
    冲方丁氏の「はなとゆめ」が新聞に連載されていたさいの挿画は、単行本には収録されていないため、この画集でしか見ることが出来ない。

  • ただただ素晴らしい、と思った。
    どうやったらこんなに綺麗な絵が描けるんだろう。anotherのファンとしては至福の1冊かな笑。
    表紙の絵が一番好き。

全9件中 1 - 9件を表示

遠田志帆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
乾石 智子
綾辻 行人
有効な右矢印 無効な右矢印

遠田志帆画集はこんな本です

ツイートする