影あるところに (ディアプラス・コミックス)

  • 244人登録
  • 3.83評価
    • (40)
    • (32)
    • (57)
    • (3)
    • (0)
  • 21レビュー
著者 : 西田東
  • 新書館 (2005年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403661051

影あるところに (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ものすごく泣きました。

    ちょっとドタバタしてるけどね。

  • ドクターもので、不倫で家族バレっていう内容なので
    明るくなんてないんですが、読み終わった後、
    ストーリーの奥行きを感じさせるような作品だなぁ~って思いました。
    感想書いてて気づいた(@_@;)
    親子どんぶりものでもあるんだ(゜-゜)

  • 腐女子ほぼ引退状態のわたしにとって今や作家買いできる数少ない漫画家の西田東。ウマヘタ?系の絵とシュールなギャグは好みが別れるでしょうが、男に夢を見ないリアルさが、究極のファンタジーたるBLとさりげなく融合してるのが面白い。サラリーマンもの、たしかにワンパターンに感じるときもあるけど、安定クオリティで安心して読める。
    さあこれから面白く・・・ってところで終わる気が。続き読みたいです。

  • 外科医ではなく小児科医…。
    自分の親父が浮気をしていた! 「よりによって浮気相手がいい歳をした男で」と堤・息子と一緒になって観察しているうちに…寂しい横顔に惹き付けられ…寂しさをごまかす嘘っぽい笑顔に気がついて…いつのまにか囚われている…なんで よりによってこんなオッサンに!
    親子そろってねぇ(^-^)…。堤・息子もいい子だなぁ。親の負債かぁ(^皿^)
    『風呂あるところに』が傑作です。

  • 院長の息子のインターン×院長と付き合っていた小児科医。 結構前の作品だけど、ドラマとしてのクオリティは素晴らしい。
    小児科医は孤独だったんだ。 辛さも寂しさもその都度2日家にこもって乗り越えてきたんだ。 院長はきっと初めて触れた温かい他人だったんだろう。 喪失感に打ちのめされても泣けなくて、息子の温かさに触れてやっと自分が凍えていた事に気付いたんだね(´;ω;`)
    院長の息子も最初はいけ好かないヤツだったけど、好きな人に追いつこうともがく姿は人間くさくて良かった。 一人っ子だけど意外に懐が深いので、先生を幸せにしてあげて欲しいなぁ〜。

  • やっぱり西田先生の作品はどれもおもしろい。
    感動した直後に吹きだしたりとか、今回も翻弄されました(≧∀≦)ノ彡☆バンバン!

    強いて言えば、仕上げにイチャイチャラブシーンは欲しいかも。

  • あっさりでものたりん。

  • さびしいしっとりした雰囲気に差す年下攻めの一途っぷり……年下攻めいい!ね!!
    さいごのチューしたとこがすき!せんせいかわいい……

  • 泣きじゃくる秀夫。
    涙をこらえる先生。
    うまいなあ

  • 再読。はぁ……すきだ……中道先生まじいとしい。抱きしめたい。

    調子いい系新米医者×黒髪眼鏡心塞いでる系小児科医です。えろはないよ。

    受けさんが苦しくて苦しくてとてもいとしい。攻めくんは最初恋になんてなりそうもないのに、そこからのすきになっていく様がとてもよいです。

    四話と最終話で泣きます。はぁすきだ……

全21件中 1 - 10件を表示

西田東の作品

影あるところに (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

影あるところに (ディアプラス・コミックス)のKindle版

ツイートする