飴色パラドックス (1) (ディアプラス・コミックス)

  • 1383人登録
  • 4.30評価
    • (268)
    • (156)
    • (89)
    • (9)
    • (2)
  • 94レビュー
著者 : 夏目イサク
  • 新書館 (2011年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403663031

飴色パラドックス (1) (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ‪上司命令でライバル視している同期とコンビを組む事になってしまった尾上と最初は見下していたのに尾上の純粋で真っ直ぐな姿に惹かれていくスレた有能カメラマン鏑木のドタバタ恋模様が楽しめる作品です。他の人にはない尾上の純粋さ、真っ直ぐさに鏑木が惹かれるのも納得の一冊になっています。週刊誌の仕事についても描かれているのでBL初心者の方も楽しめる作品です。‬

  • 評判が良かったので購入。受と攻が仕事の過程で衝突しながらも(ほとんど受が突っかかっていただけにも見えたが)徐々に惹かれあっていくという王道感満載で楽しかったです。
    でも個人的には何度も読み返す用ではないかな。結局、受が女性でも成立する話に感じてしまった。
    仕事で組んでいくうちに受が攻を見直し好きになっていくのはわかるけど、攻が受に惹かれるのが、自分に惚れているがゆえの可愛げのある態度に気付いてというのが、そう感じる最たる理由かも。
    BLとしてサラッと読めるし、受の立ち位置に感情移入はしやすいのでライトな層向きな話だと思います。

  • ぎゃーぎゃー言い合いながらも仲良くなるコンビ、おいしい!

  • 同期の週刊誌カメラマン×記者
    いじいじテンパりキャラは健在(笑)
    カバー下におまけあり。

  • 夏目イサクさんの単行本は全部所持していますが飴色パラドックスが1番好きかな。個人的に学生設定があまり好きじゃないので、夏目さんは社会人のお仕事系BL漫画をたくさん描いてくれてありがたいです。
    そして飴色パラドックスはなんといっても攻めの蕪木が良い!確かにこれはモテる!
    BLによくある色男で仕事も出来るスーパー攻め様なんだけど、焦ったり嫉妬したりと可愛い面もあって、全BL漫画の中で一番好きな攻めキャラかもしれない。瞼の重そうな半眼なビジュアルも好きだ〜。
    受けの尾上もドタバタ系アホの子でツンデレで蕪木のことが好きなのがバレバレで可愛いです(笑)

  • 全二巻(?)読了。
    二巻に一応完結、とありますが14年の本誌情報にも連載中とあったのでいつか三巻が出るかもしれませんね。

  • 2014/10/19
    【やや好き】週刊記者:蕪木×尾上。 手段を選ばない仕事をする蕪木と正義感が強い尾上のケンカップル。 仕事出来るけどスレてる感じの蕪木も気が強いけど子犬がキャンキャン吠える感じの尾上もあまり好感が持てないまま半分以上読み進めてしまった( ̄∇ ̄) 後半、蕪木が絆されてきてからは前のめりで読了。 あぁ次巻ではもっと蕪木が振り回された挙げ句、尾上をすんごく頬染めさせて欲しい!などと期待しつつ次巻へGo!

  • 思いのほか恋してく過程が好み・・・!これは今後も買っていこうと思う。

  • 最初は犬猿の仲だったけど次第に打ち解けて良いコンビ兼恋人になる週刊誌記者(受け)とカメラマン(攻め)のお話です。

    とにかく尾上が可愛いと感じました。普段素直じゃないクセに肝心な時はきゅんとくる台詞言うのでそれにうっかりムラムラしてる蕪木の構図が好きです。
    1巻だけでも一応完結しているように感じますが是非2巻もお勧めしたいです。

    二人の関係を最悪な出会いからラブラブ(?)までの過程を2巻かけて描いているのでストーリー自体には急ぎ足という感じも全くなく、絵柄も表紙そのままに安定していて好きだったのでおススメしたいです。
    ただ、1巻2巻合わせても濡れ場がいくつかありますがどれもページ数的にはさっくり終わってしまうので1つくらいがっつりなシーンもあってよかったかなって個人的には思いました。

  • めんどくせぇ受だなぁ。可愛いな!

全94件中 1 - 10件を表示

夏目イサクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

飴色パラドックス (1) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

飴色パラドックス (1) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

飴色パラドックス (1) (ディアプラス・コミックス)のKindle版

ツイートする