悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)

  • 562人登録
  • 4.08評価
    • (66)
    • (63)
    • (45)
    • (2)
    • (1)
  • 27レビュー
著者 : 雨隠ギド
  • 新書館 (2013年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403663987

悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • すっっごく楽しみにしていたシリーズ新刊。 鷹尾と譲大好き…っ(≧∇≦)

    表には出さないけど実はものすごーくささやかで普通の幸せに飢えている鷹尾と、そんな鷹尾の渇望を汲み取れるのにありのままの自分に自信が持てない譲。
    この2人を見ていると「言葉に出来ない幸せ」と「言葉で欲しい幸せ」のせめぎ合いに、読みながら1人悶々としちゃうのは私だけかしら…?
    お互いの愛情を信じきってるのに、幸せ過ぎるのが怖くて試したくなる気持ち… それは動いているミシンを見つめていると、手を突っ込みたくなる衝動に似ている…( ̄∀ ̄)
    コタや虎二も絡む事件があって、より一層絆が深まった小山兄弟。 これで大団円かな? もっとイチャイチャした大人組(譲×鷹尾)のエロがみたいんですが…(笑)
    読めば読むほど可愛くなる、悪い顔の鷹尾が大好きすぎた☆

    収録作はスピンオフ? 鷹尾の悪友(だと思う)、木島の初恋の話… 30半ばで初恋だよ木島(笑)
    誰にも執着できずに「イイ人」過ぎてフラれ続けてきた男が、立花くんの顔が見たくて乗り遅れた電車を一駅分猛ダッシュしたり、笑顔みて顔真っ赤にしたり…可愛すぎる三十路男に萌えた★
    これ読むと、ものすご〜く恋がしたくなる! 恋ってこうだよね!! って誰かと語りたくなる(笑) 少しでも一緒に居たいし、くだらない理由を作って話したいし、1日1回無理してでも顔がみたい…
    まさしく恋だよね〜っ(;∇;) スゴくすごーくキュンキュンした! なのに描きおろしに全部さらわれた…(爆)

    とにかく大好きな一冊になりました。 この調子でみんな幸せに生きてくれ!!

  • 「悪人を泣かせる方法」&「恋まで百輪」の続編です。

    もう終始叫びっぱなしでした…
    どちらかというと鷹尾と譲がメインのお話かな?と思います。
    鷹尾は相変わらずちょっと悪い顔してるんですが、かなり…かなり可愛くなっています////もう何度もページを閉じて開いてを繰り返しました。

    とある譲の一言に完全ノックアウトされました。クリティカルです。
    ラストには涙ぐんでしまうくらい、素晴らしい1冊でした。

    そして鷹尾の友人、木島さんのお話も載っています。

    ドラマCDも晩秋に発売が決定!とのことで…楽しみ❤

  • 悪人を泣かせる方法の続編。
    恋まで百輪のキャラも含めて総出演。
    少なくとも悪人を泣かせる方法は読まないと面白くないような気がする。
    BLにはあまり巻ってないけど、一巻、二巻じゃ駄目なのか?

    やくざと言うよりはチンピラに逆恨みされ、危ないことに巻き込まれた鷹尾。

    お金から始まった二人。
    譲はお金がなくなったら自分の価値はないのではないか、と悩む。
    鷹尾は子どもの頃いなくなった母親のこと、そして鷹尾への気持ちについて悩む。

    んー、なんか物足りない。

    鷹尾が縛って欲しかったのはなぜ?
    それにしても鷹尾の意地悪な笑みはかっこいいな。
    姪っ子を可愛がっている鷹尾も見たかった。

    成長した小太郎、それでも雰囲気は相変わらず。
    可愛い。

    後半は鷹尾の友人木島の話。
    お人好しで、押しに弱く頼まれたら断れない。
    電車の中で学生の立花と出会う。
    居眠りをする立花は木島の肩を借りて眠る。
    それは木島が目覚まし時計のように起こしてくれるから。

    立花はすぐに人を信用してしまう自分が嫌いで人間不信気味。
    いい人の木島はそんな立花を放っておけない。
    もちろんいい人っていう理由だけではない。

  • 虎二×コタ、譲×鷹尾のお話。どちらかと言えば鷹尾達がメイン。でも周りをチョコチョコするコタは相変わらず可愛いです。弱さや、譲への想いを素直に出せないひねた鷹尾が好き♪ どこか不安定な鷹尾と譲だったけど、帯にあるように完全無欠のハッピーエンドになってくれた時、涙なくしては読めませんでした… カバー下の鷹尾達には大爆笑でしたけど(爆) もう1つ、鷹尾の友人・木島のスピンも面白かった。この人鷹尾よりダメな男だと思った担当様、同意見です(笑) 立花君がこの先苦労しないことを願うばかりです

  • なんかの続き?なぜこれだけ単体で手元に…(笑)
    優しい人が好きです。なので、二本目?が好きです。

  • 「悪人を泣かせる方法」の続編。この二人のお話を描いてくれて本当に嬉しい。
    弟CPも出てくるのでギド先生の全作品ファンにはうれしい本かも。私的には弟CPは正直あまり好みじゃないのだけど、濡れ場はないし、それ以上に主CPがより一層絆を深めていく内容に滾るので問題なし。
    もちろん濡れ場有。
    同時収録の鷹尾の友人の話がものすごい好み。

  • 前作同様、萌えなかった…。受けが枯れてて性悪で…。

    同時収録のスピンオフの、受けの親友の話はなかなかシチュ萌えでした。コレまた受けがツンデレタイプだけども…。

  • 前の話忘れちゃっててよくわかんなかった。
    木嶋さんの話が良かった。

  • カバー下がすごくかわいかったです。

  • 前の2冊 その後の話なので
    前のを読んでからじゃないとツマラナイかも。

    カバー裏わらったw

全27件中 1 - 10件を表示

雨隠ギドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

悪だくみにも花はふる (ディアプラス・コミックス)のKindle版

ツイートする