テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)

  • 1322人登録
  • 4.28評価
    • (154)
    • (133)
    • (47)
    • (5)
    • (1)
  • 56レビュー
著者 : 宝井理人
  • 新書館 (2014年9月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403664403

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 表紙だけでご飯3杯はいけます!キケンです。腹筋といい謎のしたたりといい…

    潔癖症でBLエロとは果てしなく縁遠い城谷が、まさかのエロ展開を見せてくれて腰砕けになりました。でもとってもピュアなので、あちこちで天然っぷりを発揮していてキュンとさせられてしまいます。
    そんな城谷に、とうとう我慢の限界な模様の黒瀬ですw
    シロとクロ。
    黒瀬がクールなふりで、かなりのドS敬語攻なのにドキドキしてしまいました。むっつりナントカなんですね…?

    どんな汚れも受け入れられなかった無垢なカラダが、黒瀬によって少しづつ開発されて目覚めていくのに萌えました。愛情があれば汚いという感情が起きないのは頷けます。黒瀬に対する感情がどんなものなのか城谷が気づいた時、壁は乗り越えられるのかもしれません。
    黒瀬に触られることを想像している時点で、城谷はすでに変わってきていますよね~
    しかも、そんな城谷はとても色っぽいです。清潔な色気以上の何かがダダ漏れています!
    触られて泣き顔になっている城谷の表情を見たら、辛抱たまらなくなってSっ気まるだしになってしまうのは当然な気が…!

    エロいことは何とかできても、キスや髪なでがだめなところがアンバランスで、また萌えます。
    黒瀬からの一方的なHに城谷は翻弄されているかのようだけど、はっきり彼のことを意識しはじめているのがわかる心の揺れですね…

    描き下ろしショートが2本あって、どっちもクロ黒瀬をすごく楽しめる大サービス。「せってい?」って言ってる城谷が天然でかわいすぎです。
    雑誌でこの先読んでもっとえろくなってるのを確認。
    続巻が待ち遠しいです。

  • えっろ!別にすごいプレイな訳ではないはずなのに、何故かやたらえろい。綺麗なものが汚されるエロス…どきどきどきどき

    しかし宝井さん絵がすげー変わってる

  • ジレッタイ、けれどその進み具合がドキドキする。これは自分でも買いたい。押さない様にしてるスイッチを押される感覚ってステキ

  • 表紙がとっても煽情的ですねwwww大好きです
    ⑩は髪の毛を触る?頭を触る?なんだろうな
    一気に話が進み始めましたがS攻め天然受けだったんだな、これ
    おまけが地味に好き

  • 2巻で急に黒瀬くんのスイッチが入り城谷さんを汚しまくる。1巻のほんわかはどこ?!荒療治が過ぎます。

  • 1巻から一転、エロさが加速してドキドキしました。関係ないけど、潔癖なのにタクシーは大丈夫なのか?と素朴な疑問…

  • お持ち帰り回(^q^)じゅるん
    指とか色々とやられてますなぁ〜!
    最初はあんなにダメだったのにだんだんよくなってる!黒瀬くん限定な気もするけどw

  • 2人の関係が急速に動き出した巻でしたね~。黒瀬のグイグイいく感じは嫌いじゃありませんw 城谷さんもドキドキするような色気がいいですよ♪ ただ、背景など謎の部分は謎のままなのでその辺が分かるようになるのはいつなのかなぁ… という感じ。早く続きが読みたい。描き下ろしの2人の会話が楽しかったです。

  • ---

    03/11/2015 読了

    ---

    とうとう関係性に進展が!
    前巻で、自分の心に気づいた黒瀬くんに距離をおかれて、
    それは自分のせいだと思って自らも進んで治そうとする姿勢が可愛らしいですね!!!!
    そして、久々の再会でその理由をぶっちゃけちゃう黒瀬くん。男らしいといいますか、なんといいますか。

    気持ち悪いとか思いながらも欲望に飲まれちゃう城谷さんがかわいい。
    襲っちゃう黒瀬くんもだけれど、これもこれであり!!

    END
    ---

  • 前巻と比べると急展開。いきなりエロに…

  • 黒瀬くんの気持ちが痛いほどわかるのだ
    心が痛いのだ、でも続き気になる感じが
    すごくもどかしくて、でも好きです

  • 期待に応えようと頑張る城谷がいじらしい。
    しかし三上・社長、いいやつだ。

  • 一巻でも感じましたけど、潔癖描写が緩くて不安になります…城谷さん、そんなことして大丈夫なの、怖くないのって。(笑)
    お詫びの食事の時の拗ねた城谷さんが可愛らしくて。
    前巻が穏やかだった反動か、今回から黒瀬君が暴れ始めてます。

  •  読みましたよ、「テンカウント」。1巻は既に読んでおり感想を書いていました。とても読みやすかったな。


     で、気になる続刊を購入したので2~3巻を一気に読みました。今回は2巻の感想文です。端的に言いますと商業誌においてやっとBLの本質に触れたような気がしました。ああコレが女性のみなさんを狂わせている理由なのか、という感覚です。さてその内容は。あそうそう、もしもこの作品を未読で今後お読みになる予定があるのでしたら、何も気にせずネタバレを書く可能性が高いのでご注意を。基本的に、ネタバレOKのスタンスで今後も書いていきます。


     2巻と3巻ではそれぞれ一冊を通しておよそ一つ程度の変化が起こります。2巻では城谷くんが黒瀬くんに依存し始める事。1巻の最後では城谷くんが黒瀬くんとの逢瀬に無自覚ながらも楽しみを感じ始めたところで、突然の決別を言い渡され終わっていました。しかも、これBL漫画ですよね?と思える程にあっさりとした恋愛もので耽美や淫猥さなど皆無だったんですね。物語としてはしっかりしていたのですが。





     2巻の城谷くんは相も変わらず自分の黒瀬くんに対する気持ちを肯定しきれないのですが、明らかに依存し始めていきます。無自覚なくせに依存し始めるワケですから、城谷くんの事を好きな黒瀬くんとしてはたまらんワケです、これは生殺し状態ですからね。

    「黒瀬くん……あったかいです……

     前も思ったんですけど黒瀬くんが特別体温が高いんですか

     それとも皆こんなにあったかいんですか……」





     2巻の黒瀬くんは何かふっきれたように(作者がふっきれたの?)、城谷くんをSっ気たっぷりに攻め、開発していきます。城谷くんは年上で小柄の潔癖症受け、なのですが絵的な表現としてはもはや女性と云っていいと思います。もう十分に可愛いんですよね。中盤、城谷くんに欲情した黒瀬くんは城谷君の手を舐めますが、潔癖症である事と同性である事がおおきなハードルであるにも関わらず、城谷の感じ方がもうへろっへろで頭ではNGを出しまくっているのに体の反応が止まんない、的展開です。

    「城谷さん何で勃ってるんですか……?」

    「拒絶したいのか汚されたいのかどっちですか?」

    「もっと嫌な思いさせてあげますよ」





     後に物語上は表現が違いますが、城谷くんは黒瀬くんのほぼ云いなりに近い状態になっていて家に連れ込まれます。顔を真っ赤にして目には涙をためつつ口ではやだっとか云いながら乳首を舐められて全身びくんびくんの城谷君、下着の中はもうとろっとろで黒瀬くんにクールな顔のまま手コキされる。この黒瀬くんがとにかく殆ど表情を崩さすに敬語のまま、Sっ気たっぷりの寵愛を注ぐシーンはとてもエロいです。





     このシーンは更に踏み込んでいて、所謂兜合わせまでやってしまいます。気持ち悪いと連呼しながら、おまえどろどろに感じまくっとるやんけ状態の城谷くんがもはやグズグズのMと化しており、黒瀬くんの冷ややかな視線にぞくぞくしっぱなしでイかされてしまうという流れ。絵がシンプルで美しいので下品になっていないのも女性に評価される重要なポイントなんだろうなあと思いました。BL漫画ではきっと常識なんでしょうけども、男の体には首から上にしか毛が生えていない生き物なんですね。





     この展開も単なるエロシーンとして捉えると然程煽情的なものではないと云えるんでしょうけど、潔癖症の人間が他者との関わりを如何に恐れているか、嫌悪しているか、1巻を通じて徹底的に描いていた事がフリとしてキいていて、2巻のエロ爆発の威力を加速させているなと感じます。これはうまいドラマの作り方ですね。誰かの手に触れる事さえ恐怖していた城谷くんが、黒瀬くんと亀頭を擦り合わせながらガッツガツに感じて射精してしまう... 続きを読む

  • 「今日ずっと、黒瀬くんに触られることばっかり想像してました」

    心を預けはじめていた黒瀬から、突然カウンセリングの終了を告げられた城谷。
    ショックで引き籠もる彼のもとに、再び黒瀬から呼び出しのメールが届く——。
    黒瀬の隠された胸の裡を知り、城谷は……?

    無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書、二人の関係が加速する、急展開の第2巻。

  • ひたすら官能的だった

  • 2巻まで読了。
    重度の潔癖症の男と、潔癖症の克服を助けるカウンセラーの恋。いやー、色んな形のエロスを思いつくもんだと感心。「嫌」と「好き」の葛藤がこんなにもだもだするとは。夢中で読んでしまった。
    ただ、これを読む限り、自分は潔癖症じゃなくてホントによかったなぁ〜と。

  • 黒瀬の腹筋が素敵にエロい2巻。黒瀬の告白をきっかけに変わっていく2人の関係。…調教始まりました^^ 描き下ろしの『黒瀬くんと城谷さんと洋服』忠臣が玄関でどこまで脱ぐのか…重要ですよねw私も気になってたので笑ったw

  • Sが好きらしい。

  • 【立読】
    1巻から急に話が進んだ印象
    気持ち悪いのにやめられないというもどかしさがまたいいのかな?
    食事する姿が『官能的』とか…もう好きじゃん!と思ってしまう(笑)

  • 一巻の進行がゆっくりだったのに対し、急速急展開な二巻目。黒瀬がぐいぐい押しまっせ~的な。そして、何かまだ二人ともトラウマあり気な伏線が。続きが気になるナー。あと、巻末のオマケ漫画、黒瀬の様子がなんかオカシイよ?(笑)

  • 宝井さんの作品の印象は、ツルッとした綺麗な作画と生活感や生々しさのない無機質さ。あくまで個人の感想だけど、熱量が感じられなくて他人事みたいな距離感が、読んでいてどうしても縮まらなかった。

    しかしこの2巻、グワッと持っていかれたなぁ~ヽ(●´ε`●)ノ エロがねちっこいよ…。宝井さん、こんなエロを隠し持っていたのね…。
    黒瀬はカウンセラーとしてどうなんだ!?とは思うけど、宝井さんの描く乳首の美しさに目眩がしたし、この2人割れなべに綴じ蓋じゃんね(笑)
    とにかく城谷さんの泣き顔が可愛くてたまらない巻♪このあとどう展開さしていくのか楽しみ( *´艸`)

  • 潔癖症は精神疾患だから、そんなすぐに良くはならないよね・・じわじわ距離を縮めていく様が面白いです。
    3巻くらいで終わりなのかな?

全56件中 1 - 25件を表示

テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)に関連するまとめ

テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

テンカウント (2) (ディアプラス・コミックス)のKindle版

ツイートする