恋愛ルビの正しいふりかた (ディアプラス・コミックス)

  • 785人登録
  • 4.26評価
    • (98)
    • (74)
    • (28)
    • (8)
    • (0)
  • 39レビュー
  • 新書館 (2015年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403664687

恋愛ルビの正しいふりかた (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

  • こちらのほうが私はタイプでした。ふたつめのあの見開きページを何分も眺めていた…ありがとう…

  • (ネガティブ感想注意)おげれつたなか先生の作品を読むのは2冊目。前半の話は良かったけど、後半の話は、1冊め読んだ時に感じたのと同様に絵が馴染めず、こちらは最後まで読めませんでした(´Д`;)(前半の話はそこそこ楽しめたから行けるかなーと思ったんですが)三角のうにゃーっとした目と赤面描写が…!特徴的ですね…!この作家さんのは今後はしばらくは遠くで見守っていよう。

  • 2016/05/15

    【恋愛ルビの正しいふりかた】
    どんなに見た目が変わっても、
    やっぱり好きになる人は、一緒。
    2人ともちゃんと、もっと会話してれば…
    ってツッコミたくなる話。
    夏生のバカだけど、素直な所が好き!!!

    【ほどける怪物】
    錆びた夜でも恋は囁く の彼が出てる作品。
    錆びた〜の数年後の話?
    嫌な彼だと思ってたが、
    彼は彼で色々トラウマになってた訳ですね…

  • 表題作の恋愛ルビ~→夏生がアホ可愛い。自分の黒歴史
    である夏生を傷つけて捨てるというのが目的だったのに、実際に泣き顔をみた時には虚しさしか残らなくて、いつのまにか本気になってたというのがとても良かった。お前が好きだ!じゃなくて、前は触らせなかった植木鉢を一緒に育てようと言って思いを伝えたのはとてもらしくて好き。
    ほどける怪物→弓にDVしてた事がトラウマになってて、かたくなになってるかんちゃんの姿が辛かった。秀那がどんどん林田さんに夢中になって必死にこっちを向かせようと苦労してたなという印象チャラ男頑張ったな。カンちゃんは自分の本心をさらせれる、笑顔にさせてくれる相手が見つかって本当に良かったね・・・自分から色々と距離を置いていた訳だけど「もうひとりでいたくない」のセリフにずっと寂しかったんだよね!てなった。ほんとまた笑えるようになって良かった・・・

  • エロシーンは生々しくてとにかくエロい。表題作のストーリーはありがちな気もするけどそれでも引き込まれる。表紙のシーンも出てきますが、グッと来ます

  • 「この泣き顔が見たかったんだ。」
    高校時代、暗いメガネだった俺に、図々しく絡んできた、黒歴史・鷲沢夏生。
    数年後、俺は夏生に再会して告られた。これはチャンスだ。
    付き合って、惚れさせて、スタボロに捨ててやる!
    ……………………[恋愛ルビの正しいふりかた]

    「どうせ、また殴って終わる。」
    夏生と高校時代つるんでいた林田は、会社のチャラい後輩・秀那を、酔った勢いで誘惑し、セフレになった。
    転職前、恋人を殴っていた林田。
    後悔の数だけ開けたピアスで穴だらけの俺を、おまえはずっと抱けるのか——?
    ……………………[ほどける怪物]
    傷だらけの恋を涙で洗う、おげれつたなかの不器用な恋の物語。

  • 内容がとにかくBLコミックの濃さ、
    読みごたえありました

  • ①脱モサした美容師くん×ヤンキー鳶職くん
    ②チャラい後輩×なんか過去にあった先輩

    最高
    ヤンキーくんはとっても健気
    先輩はえろい、こっちはすごいセックスしまくる

    ドラマCDも出てるのでこちらもとても良いです キャストで買ったのは反省してます

  • 絵がとても丁寧で、表情が描き込まれています。大きなコマでの泣き顔はすごく心が動かされるものがありました。元地味×ヤンキーの表題作は、よくある話ですが絵のおかげかどこか新鮮に感じました。何より受けの健気さとお馬鹿さがたまらなく可愛いです。殴るのはちょっと痛そうでした。
    おげれつたなか先生の漫画は、私はこの『恋愛ルビの正しいふりかた』が初めてなので、かんちゃんの話は先入観なしで読みました。過去の恋愛を引きずる受けと、そんなこと抜きで受けが好きな攻めが何度もくっつきそうになるのに、なかなか結ばれないことにやきもきしました。一般的に恋人と言っていいレベルでいちゃついているにも関わらず、何故そこで付き合わない…!と歯噛みしてしまいます。
    受けがどちらも釣り目で八重歯があります。あと、仲直りセッがどちらもあります。幸せそうに笑う受けの顔に思わず泣きそうになりました。H描写が割と露骨なので、そういうのがお好きでない方は苦手かもしれません。

  • 綾さんより。
    新書館 ディアプラス

    恋愛ルビの正しいふりかた
    陰キャラメガネ→キラキラ美容師・ヒロ×アホヤンキー・夏生。
    ドアホで嫌いだった夏生になんだかんだと情が移ってー、みたいな(雑
    やっぱりドロドロしてて、でも恋する気持ちを繊細に描かれてますー。

    ほどける怪物
    かんちゃんのターンだよ!!(錆びた夜でもー
    前に勤めていたブラック企業で殴られていたかんちゃんは、彼氏の真弓を殴るようになる。
    真弓とは別れたが、真弓を殴った数だけピアスホールを開けた。
    セフレになった会社の後輩、秀那は最後には「俺は 今のアンタを好きになったんだ」と。

    かんちゃんが幸せになったよぉぉお!!
    後悔まみれででも幸せに!!
    いろんな感情で人って生きてるんだなぁ…。

    絵的にはどことなく宗凛感あるけど、いい話だったよおぉ。

  • かんちゃん、受けの方が向いてるよ、きっと…

  • 表題+前作のDV彼氏・かんちゃんのお話で2CP。もちろん絵も綺麗なんですが、おげれつさんはストーリーの作り方、進み方がとてもお上手だと思う。どちらも展開的には王道なんですがしっかりと作られている印象。かんちゃんの救済としてはもうちょっと苦悩してくれても良かったけどw 意外とかんちゃんがエロくて嬉しい誤算でした。弓の時は攻めていたけど、これを読むかぎり受として愛されてる方が良いのかも… いっぱいいっぱい後悔して前を向けたのなら良かった… 表題のおバカなヤンキー受も可愛かったです。

  • 初めてこの著者の作品を読んだけれど、なかなか好きかも。2つの話が入っていたけれど、前者の元ヤンと美容師の恋の方が好み。ダサくて目立たなかった自分を一念発起して変えてイケメン美容師に変身した主人公よりも、高校時代にそんな主人公を弄っていた(好きな子をいじめたい的な感じで)ヤンキーの夏生がバカで可愛くてお気にいり。現実の世界では仲良くなれない気はするけど、こういうバカだけど素直で邪気がない子はホント可愛い。

  • 収録2作どちらも連載で既読だけど、描き下ろし目あてで購入。
    あ~、たなか先生は描き下ろしも読みごたえがあって楽しい♪

  • [恋愛ルビの正しいふりかた]
    ヒロは高校時代の黒歴史を封印。
    今は垢抜けた美容師になりリア充ライフを過ごしていたが
    黒歴史の原因・同級生のヤンキー夏生が
    お客としてお店にやって来た!!
    話の展開が読める…
    でも絵が私好みなのと見た目に反し
    健気な夏生が可愛らしいので展開が読めてもOK!!(笑)

    [ほどける怪物]
    前作で主人公に繰り返し暴力を振っていた元DV彼氏、
    かんちゃんこと林田が主人公。
    過去のことを悔やんで前に進めない林田と
    林田に好意を寄せる会社の後輩でセフレでもある秀那。
    グルグル悩んで前に進む話って好き。

  • こっちのほうが好き…かんちゃん……
    ていうかぼろぼろのサラリーマンが好き……あんなに目に光があったかんちゃんがここまで昏い目をしてるの切なすぎ……
    それよりも薊がドストライクすぎてびっくりした。ほもっつーかかんちゃんがいかに落ちていったかってだけだけど。

  • 表題作と「錆びた夜でも恋は囁く」のスピンオフも収録。

  • 人の感情がぶつ切りで、誰にも感情移入出来なかった。
    画力はさすがで、えっちが多いのはは良かった。

  • あ~DVしてた男が受に転じる尊さよ(*´Д`)ハァハァ つり目でヤンキー気質短気トラウマ有ツンデレピアスたまりません!表題作も胸キュンでよかったですが、かんちゃんスピンオフに全てもっていかれました。攻がまたモテ男で女子に人気でそれにイラッとするかんちゃん可愛いです。このへんの表情とかラストの泣き顔とかほんとおげれつさんお上手です。もう互いに惚れてるっていう感情が痛いほど伝わってきます。えちも濃厚でしたがそれ以上に表情に萌えました!ありがとうございましたー大満足!

  • たなか先生のコミックスは前の二冊も凄く好きだったのでもはや作家買い段階・・・

    ご本人もあとがきで好きだと書いていらっしゃるんですが、大体イモキャラだった過去があるようなキャラは受けになりがちなところをこの作品では攻めに回っていて、キャラ的には一番気に入ってます。
    巧みなストーリーの組み立てで纏められていて、イメチェンした理由や受けへの心情なんかが表情だけのカットから伝わって来ます、他のコミックスでもそうでしたがたなか先生はキャラの心情や言葉にならないとっさの感情を表現するのがとても上手い方で、毎回その秀逸さには舌を巻く限りです。
    何より絵柄も塗れ場も安定しすぎていて読んでいて非常に安心感があります。汗臭さというかそういうムンムンしてる感じが絵から漂っていて生々しいくてたまらなくエロい!
    故にほのぼの系BLが好みな方はお勧めできません;

    あと、以前の「錆びた夜でも恋は囁く」あとがき部分であった予告から楽しみにしていたDV男・林田のストーリーも凄く良かったです。ようやく彼にも心の拠り所が見つかり、良かったね林田と読みながらほっとしてしまいました。

  • 2015年7月31日発売予定 新書館
    新垣×増田
    佐藤×小野友樹

    購入予定ということで

  • 自分、おかしいのかな?前作の方が好み。もちろん、かんちゃんがハッピーになって良かったけど。

  • 絵が上手すぎる!!!!!!!!テーマ自体は王道と思われるので初めて出会う物語というわけではなかっが、とにかく顔がいい。社交辞令の笑顔、辛い気持ちの笑顔、怒ってる笑顔、などなどの差が効果やモノローグ無しでわかる画力。からだもいい。エロもいい。かわいい。泣き顔っていい。好き。ずーっと見ていられる。
    そしてなにより、ほどける怪物の秀那がほんとうにイケメンかわいいスーパー彼氏。そりゃ林田さんもほどけますわ。

    15/7/25、秀那をこじらせすぎて再読の域を超えた再読をしているなかで思ったことを追記。頭悪い読者なので普通の方にとってはちょー今更かつだそく。
    わたしは林田さんの秀那に助けて欲しかった状態とただ好きになって側にいてほしかった状態の差がわからなかったアホなのだが、林田さんが前作でも弓に助けを求めてたことを思うと、高校時代と高校時代の自分が好きすぎてそこからかけ離れていくことが恐ろしかった林田さん的には、秀那に助けて欲しかった段階は弓に助けて欲しかったのと同じ段階のままの、高校時代ひきずった状態なのかと思い至った。ようやく。
    秀那はちゃんとわかってたので仏頂面で冷たくてって教えてあげたり、今のアンタが好きって返したんだな。秀那賢いないい子……かわいい……恋愛強者……。
    いろんなレビュー感想を見ていると主に林田さんのDVという行為自体とその理由、あと弓は!?という点に賛否両論な印象をうけ、どれも興味深いのだが、DV関連に関しては、仕事という環境下での暴言暴力は簡単に人を狂わせると個人的には思うし、自分が辛かったら人を傷つけても仕方ないと思ってしまうことも多々あるので、そこはあんま考えずに共感してしまう。よかったねーと同じくらいずりーなこのやろ!!おい!!羨ましいな!!とは思うけれども。
    弓のことは高校時代の思い出全て含めての好きだったと思うから、それはそれでまごうことなく好きなんだとおもう。思い出や記憶と引き離した好きはないと思う。ただ林田さん内に内に入って穴の底しか見えてない感じをうけるので、弓が殴られ続けた時点で、高校時代に戻りたくて仕方ない林田さんの救いになるのは、弓という甘んじて暴力を受けてくれる対象から自分を引き離すことだけ状態になってたんだよね??甘んじて暴力を受けてくれる弓はきっとそれこそ高校時代の象徴だから負の連鎖しかない辛い。
    弓はずっと変わらずそれゆえに中学生時代の同級生とくっついたことも対象的でおもしろい。
    秀那を好きになってはならない理由も、秀那を傷つけるというより、また怪物になるのが怖いという自分勝手な部分が多々あるとおもうので、その辺もなんかリアルみがあるキャラ造詣だなあとおもう。
    本当は弓とかんちゃんも大好きなので秀那ありがとうと思えば思うほど辛い。自分の弱い脆い部分を認めたくない弓と高校時代に甘えて暴力を振るってしまうかんちゃんの(強弱はあれど)共依存的な関係もリアルだなあとおもう、辛いけど。辛い……。青春キラキラカップルの成れの果て大好きとおもってたけどあまかった。やっぱ辛い。
    人って弓とか真山みたいに変わらない部分もあるし、かんちゃんみたいに変わってしまう部分もあるし、でも変わっても変わらなくても幸せになっていいんだよっていうか幸せになってくれよ……と、なんか綺麗な心になれる。
    秀那こじらせてたけど林田さんのことを考えることでまえよりもっといい作品だなって思えた。もちろん前作込みで。
    CDたのしみ。

  • おバカヤンキーがとんでもなく可愛かった

全39件中 1 - 25件を表示

恋愛ルビの正しいふりかた (ディアプラス・コミックス)に関連するまとめ

おげれつたなかの作品一覧

おげれつたなかの作品ランキング・新刊情報

恋愛ルビの正しいふりかた (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

恋愛ルビの正しいふりかた (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋愛ルビの正しいふりかた (ディアプラス・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

恋愛ルビの正しいふりかた (ディアプラス・コミックス)のKindle版

ツイートする