テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)

  • 853人登録
  • 4.06評価
    • (64)
    • (96)
    • (41)
    • (5)
    • (0)
  • 39レビュー
著者 : 宝井理人
  • 新書館 (2015年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784403664915

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

  • 読了して思ったのは、エロが少なくて残念。3巻で次巻へのエロの期待が膨らんでいたので…とても残念。

    そして、父。まさかの父。学生に手を出すなよってね!奥さんいなくて寂しかったのだろうけど……女を見る目皆無で残念キャラ。
    そして女生徒が性格悪過ぎて最悪最低。
    この2人が今後の単行本で出てくることあるのかが気になる……

    城谷は今後トラウマの根源を黒瀬に話すのかなぁ…?話したら話したで黒瀬に慰められて潔癖症改善してからの本番セッセするのかとか考えちゃう

  • 3巻から焦らされて読者調教も完璧!「待て」の体勢を保ったまま待機していたので、続きが読めただけでも興奮してるのに冒頭から怒涛のエロ展開で吐血ガン見状態にww

    黒瀬のこれはもう治療の域を明らかに超えてますよね?
    ただのSM調教にしか見えないですけど…
    でも、その成果?として城谷のトラウマが表面化してきました。…なんでしょう、このお父さん。女子もどうかと思うけど、父親面の裏でこれは一体…!成敗したくなりましたね。幼い城谷が憐れです。 城谷は汚れてないです、汚れは父親だと言ってあげたくなりました。

    黒瀬は、城谷を傷つけたくない気持ちとめちゃくちゃに汚したい気持ちの両方があると正直に彼に告げていて、理性と本能が葛藤しているのか?と憶測してしまいました。冷静なムッツリスケベ…という解釈では、だめですかね?
    カウンセリングを怠ってる訳じゃないと思ってるので。でもエスカレートしすぎなんじゃ…

    エレベーター密室の二人、また大変気になるところで続いてますね。城谷は黒瀬に距離を置かれてさらに意識しすぎている模様です。普通の恋仲になるのはいつなんでしょうか。エロいことはしていても、今回もキスはまだだから先は長そう。
    「待て」の姿勢のままで、次回まで待機しています。

    描き下ろしの黒瀬と白ねこ、深いものがありましたね~
    黒瀬の白ねこと城谷に対する扱いがまったく同じなのが面白かったし、萌えました。
    黒瀬の性格がしっかり出てます。

  • 3巻からおあずけをくらった読者へのご褒美から始まる4巻!ついに忠臣の潔癖症に繋がる過去が明かされます。ショタ臣きゃわたん(´ω`*)そんな天使を泣かせてトラウマ植え付けたあのJKマジ許さん!しかし、狭いエレベーターに閉じ込められてトラウマでパニック起こしかけてる忠臣に対して、優しくするでなく調教始める黒瀬、歪みないなwいや、歪みまくってるのかw口先だけだとわかっていても、さすがに「気持ち悪い」は傷付いたようですね^^ それでも上手に出来ればちゃんと褒めてくれる黒瀬は良いSですね。

  • 城谷さん子供みたいだなーと読みながら思っていたので、黒瀬くんの最後のセリフにびっくりした。
    城谷さんの過去は潔癖症になるのがしょうがないような感じで切ない。
    いくらなんでも女子高生の母親はどうなんだ。
    今はお父さん何しているのだろう?
    番外編の白猫かわいすぎる!

  • だいぶ病んできた4巻目。最後の白猫にホッとするわ。

  • 城谷さんがメスにしか見えなくなってきた。

  • (1・2巻はめちゃくちゃ楽しかったのですが、3・4巻から気持ちが入らなくなってきました…なぜだ…)

  • 正直1〜3巻は読んでて「こなす」感が強かったけど、4巻目にしてようやく面白くなってきた。見た目は最近はやりの感じだけどストーリー展開は以外と古典的でふーん…ってなってしまった。エロが多くても描き方にあまり魅力を感じない。
    カップリングの問題なのかな…?絵柄もさほど好みではない。
    巻末のオマケマンガはおもしろいので全編この調子なら気に入ってたかも。
    もっと過去編にどんどん突き進んで欲しい。

  • 過去回想と黒瀬くんのダークな部分がチラ見えな巻。黒瀬くんの癖(ヘキ)は城谷さんだけに有効なんですかね?

  • 「どうして欲しいですか?
    自分で言えたらもっと汚してあげます。
    城谷さんの中」

    黒瀬の指に、言葉に、翻弄される城谷。
    そんな彼に黒瀬は告げる。
    「城谷を好きになった理由」を……。
    ショックで黒瀬の元を飛び出した城谷は疼く体に自ら手を伸ばしてしまい、ずっと目を背けてきたトラウマを呼び起こされる——…。

    無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書の恋、城谷の過去も紐解かれる激動の第4話!

  • おまけのねこ漫画が可愛かったー

  • 無愛想なカウンセラーと潔癖な社長秘書の恋、って書いてあるんだけど、癒し系かと思ったら精神的SMな恋だった。
    癒し系かと思うと違うし、SMかと思うとちょっとマイルドだよなあ。もっとSMってもいいのよ。
    結局、お父さんと女の子は結婚したんだろうか。まあ、あんな関係だったら性格歪むよな。

  • 3巻の続きからの~!出だしからテンション上がる巻ですね。しかも過去についてだいぶ回想されます。

  • 1巻は表紙詐欺?と思ってしまうくらい、ゆるゆるふわふわ展開ですが、巻を追うごとにどんどん激しく(?)なっていきます。ドSですね、そして、Mに育て上げるのがうまい(笑)続きが楽しみです。

  • 城谷さんの過去がどんどん見えてきてもブレない黒瀬くんの姿勢が安心できる。続きが楽しみで仕方ないです

  • 後半泣いてしまいました。城谷さん可哀想…親は子どもの気持ち把握してるって思いあがっちゃあかんよね。

  • 黒瀬くん×城谷さんももう4巻。帯に100万部突破とあって、BLで100万部て凄いなぁ… と改めて人気ぶりを実感。今回は城谷さんの潔癖症の原因が分かってくるんですが、なんていうかあの女子高生は最悪だし、生徒に手を出していた父親も如何なものかと… 今、城谷さんと父親との関係はどうなってるのかが凄く気になった。黒瀬くんの深い部分はまだ語られていないのでなんとも言えないですが次も楽しみです。ラストの白ネコと黒瀬くんの話は癒やされた!

  • おんもしれーw!
    攻め受けばっちり。

  • まだまだくっつかない!(笑)
    城谷の過去が遂に明かされ、言ってしまえばそれがメインです。個人的イメージとしては霧が少しずつ晴れてきてるような感覚でした。
    次の巻でようやく二人に進展くるか!?と今から続きが楽しみです。

  • ▼あらすじ

    「どうして欲しいですか?
    自分で言えたらもっと汚してあげます。
    城谷さんの中」

    黒瀬(くろせ)の指に、言葉に、翻弄される城谷(しろたに)。
    そんな彼に黒瀬は告げる。
    「城谷を好きになった理由」を……。
    ショックで黒瀬の元を飛び出した城谷は、疼く体に自ら手を伸ばしてしまい、
    ずっと目を背けてきたトラウマを呼び起こされる――…。

    無愛想なカウンセラーと潔癖症の社長秘書の恋、
    城谷の過去も紐解かれる激動の第4巻!

    ***

    前回とは雰囲気がガラリと変わって、シリアス強めな仄暗い印象の巻でした。
    エロの方もテイストが変わって、前回が甘めなエロだったら、
    今回はちょっぴり辛めなエロです。玩具の下りがどうなるのかと
    ワクワクしながら本を開いたのですが、まさかお尻パンパンされるとは
    思ってなかったので黒瀬のS寄りな行動にかなり吃驚しました。
    しかもここ…黒瀬がかなり興奮していたようなので、
    あの全く表情を変えない黒瀬が…!!?とそこでも衝撃を受けました(笑)

    そしてここへ来て城谷のトラウマが完全に明らかになった訳ですが…
    まぁ、ぶっちゃけ「だろうな!」って感じでしたね、うん。
    こういうストーリー重視のBL作品には必ず悪い女が出て来るものです。
    薄々予想出来ていたとはいえ、やはり胸糞悪いものは悪い!
    城谷のお父さん優しそうなのに…どうしてこんな悪女なんかに
    引っ掛かっちゃったんだろうか…。自分が同じ立場だったらと思うと
    やっぱりトラウマになると思うんですよね。本当に城谷が可哀想。

    あとは黒瀬ですが、エレベーターの下りの彼はちょっと怖かったです。
    あの何考えてるかまるで分からない、狂気を孕んでそうな冷たい瞳に
    本気で「あれ…ちょっとこの子ヤバいかも…」と思いました。
    何かどんどん彼の黒さが増していってるような気がするんですよね…。
    それでも最後は仲直りというか、元の雰囲気に戻ったので安心しましたが。
    確かSの人はMの人を褒めてあげるのも大事なんでしたよね。
    そうえば、黒瀬も最後はちゃんと城谷のこと褒めてたなぁ…。

    ていうか読み終わってからハッと気が付いたのですが、次で5巻なんですね!
    ページ数にしたら相当な筈なのに、まだ進展してるんだかしてないんだか
    ハッキリ分からないとはどういう事なんでしょう…!?(笑)
    それでもエロは割と順調に進んでる方かと思ったんですが、次で5巻と
    考えると進みが遅いような気もしなくもないというか…。
    次はもう少し二人の心の距離が近付いてくれたら良いな、と思います。

    因みに本編が割と暗めだったので、描き下ろしの和やかさは救いでした。
    特に黒瀬と野良猫のお話がほのぼのしていて良かったです(笑)

  • 段々と潔癖症になった理由が分かってきたお話でした。そして2人はくっついたと思ったら離れたりを繰り返して、ようやく…!くっつくのかな?(笑)

  • 2巻以降はおい…暴露法どこいったよ…て感じでただのセラピー()エロ漫画やな…とか思ってたけど、4巻にして漸く原因が分かって面白くなってきた。
    黒瀬はそこ解決する気あるのか分からんけども…早く気付いておやりよ…

  • 城谷(´・ω・`)そんな過去が……

  • 何か急に面白くなくなった感じ。受けの父親に対するトラウマとか、攻めの嗜好とかが明らかになってくるにつれて積み上げていた萌が台無しになったような……うーん。教え子に手を出す教師の父親も最低だし、息子に嫉妬して隠れて陰湿ないじめをする女子高生もキモイ。可哀想と言うより、全員キモーイとなってしまったよ。攻めも受けのことは好きだけど、大事にしようとは思ってないよね。好き過ぎて壊したいじゃなくて……上手く言えない、難しい(´・ω・`)
    楽しみにしてた4巻だったけど、5巻はもういいかな

全39件中 1 - 25件を表示

テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)に関連するまとめ

テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テンカウント(4) (ディアプラス・コミックス)のKindle版

ツイートする