花恋つらね (1) (ディアプラス・コミックス)

  • 245人登録
  • 3.94評価
    • (10)
    • (41)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 夏目イサク
  • 新書館 (2016年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403665226

花恋つらね (1) (ディアプラス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 受けがかわいい…その一言です

    夏目先生の作品は、王道ストーリーが多い気がしますが、どれもキュンとするポイントが必ずあると思います

  • どうなるんだろう、続きが早く読みたい・・・。

  • 歌舞伎もの

  • なかなか面白かった。次巻が楽しみ

  • 歌舞伎界の御曹司同士で若手立役役者・源介と若手女型役者・惣五郎。イサクさんらしい梨園のお話が面白かったです。惣五郎のおじい様が色っぽかったです。ツンなんだけど素直なおぼっちゃまな感じの惣五郎も可愛いし、おおらかでこちらも素直な源介もかっこ良くて早く続きが読みたいです♪ 榎田さんの「カブキブ」を読んでいたから『三人吉三』が出てきた時、これ知ってる!って嬉しかったw

  • 主人公は期待の若手歌舞伎役者の惣五郎(本名は周吾)で、ライバル視している源介(本名は淳平)と共演することになり距離が近くなったことから話が進んでいきます。
    惣五は自信家の割に他人の評価を真に受けやすくおまけに負けず嫌いな所があるので表情がコロコロ変わるのが可愛らしいです、逆に源介は表向きにはとても落ち着いているので惣五との対比が良いと思いました。
    お互いに技術面で認めている部分があり接点を持って距離が縮み、切磋琢磨してる様が微笑ましいと感じました。
    まだ始まったばかりで何一つ恋愛っぽい流れにはなってませんが、良い感じのところで終わっているので2人の今後がとても気になり2巻が楽しみです。

  • いい子たちだなぁ と、夏目先生の作品を読むと いつも感じる。 これからが楽しみなんだけど この1巻で十二分にわくわく にんまりさせられる。

  • めちゃめちゃよかった〜。歌舞伎最高!早く続きが読みたい!

  • 新シリーズは歌舞伎ものでした。表紙のイラストもデザインも美麗な赤色で仕上げられていてステキです。表紙の紙質がマットで凝ってます。

    梨園の高校生ホープで女形の惣五郎と、同じく高校生で立役の源介との胸キュンラブです。
    現在のところ、はじまったばかりでまだこれから先は長そうですが…ww
    夏目センセのいつもの直球で男らしい攻と素直じゃないツンデレ受で、しかもライバル的立場…というcpで安定感あります。

    歌舞伎というとハマってる者にとっては親しみやすく嬉しいテーマだけど、なじみのない人にとっては少々堅苦しい印象かもしれないですよね…
    でも舞台や稽古、そして梨園の名門同士の関係も自然に受け入れられるような描き方で、華やかな舞台の様子や真剣な稽古の様子、そして梨園の名門の跡取りで普段は高校生でもある二人のプレッシャーや意気込みが肌身で感じられて入り込みやすく、読んでいてとても楽しかったです!

    自信あるんだかないんだかな惣五郎と、微妙にうさんくさい源介www梨園のぼっちゃん二人が恋とお芝居にこれからどんな成長する姿を見せてくれるのか期待大です。

  • 今後の展開が楽しみだ〜

全11件中 1 - 10件を表示

夏目イサクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

花恋つらね (1) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

花恋つらね (1) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

花恋つらね (1) (ディアプラス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花恋つらね (1) (ディアプラス・コミックス)のKindle版

ツイートする