少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (ウンポコ・コミックス)

  • 414人登録
  • 4.10評価
    • (84)
    • (37)
    • (62)
    • (2)
    • (0)
  • 56レビュー
著者 : ミキマキ
  • 新書館 (2007年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403670466

少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (ウンポコ・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 四コマで腹筋が痛くなるほど笑ったのはハイスコア以来でした(笑)オチの前でもうにやけます。ミキマキさんはデビュー当時から本紙のりぼんを読んでいるので知っていましたが、やはり少女誌よりギャグセンスがあるのでこっち路線が向いてますね!!BLと無縁な友人に貸したら、メチャクチャはまったらしく私のように普及してくれました。そんな中毒性のある笑いを提供してくれる作品。

  • 6巻分を纏めた感想になっています。

    ミキマキさんの作品では「サザンクロス」を読んだことがあります。
    絵柄は「りぼん」系でありながら、馬鹿馬鹿しいギャグが面白かったです。

    当作は「男子高校生がBLマンガを描く」という内容の四コママンガです。
    「りぼん」時代よりも画やギャグセンスがアップしているので、人前で読んでは危険なシロモノだと思います。

    BLをネタにしていますが、メインキャラ達はゲイではありません。
    但し、アホや腐女子が登場します。

    私はコミケや同人誌に詳しくないので、勉強になった部分もあります。
    それでも、「偏り過ぎだろう」とツッコミたくなるところもありますが。

    新葉達は高三なのに、受験勉強をしている気配がありません。
    「クリスマスにBLマンガを描いている場合か」と、フィクションだと分かっていても心配してしまったわ。
    連載が長いらしいので、サザエさん状態のようです。

    作者さんは「KEEP OUT」が好きだよな。
    「月が見ている」の使用頻度も高いです。

    どう感想を書けばいいか分からなかったので、wikipedia風にキャラクター紹介をしてみました。

    ◆新葉 芹(あらば・せり)
    見た目は良いので、女のコにモテモテ。
    「BLマンガにハマった」という理由で、彼女から別れを切り出される。

    当初は彼女を見返す為にBLマンガを描きはじめたが、今ではすっかりBLにハマっている。
    本末転倒というか、ミイラ取りがミイラになったというか。

    アホな子なので、成績はよろしくない。
    それだけではなく発想が斜め上である。
    ある意味、神と言えなくもない(のか?)
    煙突の上で愛の告白やら、歴史ものBLで原始人を主人公にするやら。

    絵も壊滅的で、トーンの使い方もおかしい。
    BL小説を書いてもセンスはないが、唯一、帯のキャッチフレーズ(?)の付け方は上手い。

    ◆嶺良秀一(ねら・しゅういち)
    新葉とは長い付き合いで、BL創作に巻き込まれてしまう。
    BL研究の為に買ったマンガのせいで、妹が腐女子になってしまった。

    生徒会長で、成績優秀。
    新葉に付き合っている割には学年トップらしい。

    眼鏡を掛けていて、眼鏡受スキーの腐女子に付き纏われる。
    イイ感じになる時もあったが、恋愛には発展しなさそう。

    新葉にツッコミを入れる役目だが、BLに毒されつつある。
    絵柄はリアルというか、美術のデッサン系。
    そんな絵柄にファンタジーや少女マンガ要素を加えるので、「混ぜるな危険状態」になっている。
    秀才キャラなので、BLに関するデータ分析は得意。

    ◆潮 迅太郎(うしお・じんたろう)
    新葉のクラスメイトで、バンドのベーシストでもある。
    絵が上手なせいで、BL創作に巻き込まれる。

    新葉がバンドメンバーをモデルにしたBLマンガを作った結果、潮のバンドはホモパラダイス化に。
    アルバイト先がイベント会場の近くにあるので、BLから離れられない状態になった。

    画風は耽美系で、新葉の無茶なシチュエーションでBLマンガを描かされる。
    本人は嫌がっているが、体が反応して「ババッ」とBLイラストを描いてしまう。
    右腕を骨折した際には、左手で練習をするうちに両利きになった。
    服やアクセサリーを自分で作ることもあるので、手先は器用らしい。

    発想や文章センスは普通の人。
    「彼女が欲しい」と思っており、マトモな感性を持っているが、やはりBLに毒されつつある。
    スランプに陥って克服してからは、イキイキとBLイラストを描いている。
    ちなみに、私は潮くん押しです。

    ◆小清水詩伸(こしみず・しのぶ)
    新葉達の学校に転校してきた後輩。
    絵に描いたような受キャラを彷彿させる容姿。
    転校してきた理由は、「姉の怒りに触れた為」。

    腐女子の姉を持つせいで、BLに関する知識はバッチリである。
    姉のアシスタントもしているので、背景を描くのは上手で、効果も得意。
    人物絵は新葉ほどではないが稚拙。

    シスコンでBLに詳しいことを除けば、常識的なコである。
    時折、「お前は何年生まれなんだ」とツッコミたくなるような古い話もする。

    ◆小清水詩織(こしみず・しおり)
    詩伸の姉で、大学生。
    母親の腹にいた時から腐女子だったらしい。
    バイオレンスな性格で、詩伸を理由もなく殴ることがある。

    マニアックなカップリング・マミイオが好き。
    新葉が描いたマミイオでも、転げ回る程喜んでくれる。

    良く言えば拘りが強くて、悪く言えば融通が利かない。
    「逆カプなんて冗談じゃねえぞ!?」といった感じ。

    新葉達にアドバイスをすることもあるが、偏った考えなので参考になるのか、ならないのか。
    大手サークルに所属していて、当然ながら絵も上手い。

    ◆成坂晴樹(なるさか・はるき)
    違う高校に通っているが、新葉とは中学が一緒である。
    昔からモテていたので、同じくモテていた新葉と張り合っていた。
    しかし、「つっかかってくるけど、オレのことが好きなんじゃねえの」的なことを新葉が言ったせいで、周りからホモ疑惑を向けられる。

    テンプレ的成金のボンで、お金に糸目をつけない。
    新葉並みのアホで、いきなりBLマンガ対決をしてくる。

    画力は新葉並みで、漫研所属の仁科に手伝って貰っている。
    「自分の絵が下手」という自覚があるので、新葉よりはマシかもしれない。
    マンションに独り暮らしだが、仁科が居ついてオタグッズまみれ状態になっている。

    ◆仁科 渉(にしな・わたる)
    成坂が通っている高校の漫研部員。
    BLに興味はないが、成坂を金ヅルにする目的で作画協力をする。
    絵はギャルゲー風で、どんなジャンルの作品も可愛らしくなってしまう。

    ちゃっかりした性格で容赦ない。
    頭に乗せているのはゴーグルは、何に使うのかは謎。
    特技は模写。

  • 1、4、6、7巻

  • 彼氏よりBL漫画を優先したいからという理由で彼女に振られた主人公新葉が、彼女を見返すために友人達を巻き込み何故かBL漫画を描くという…腐界に足を踏み入れてしまった男子高校生たちの4コマコメディ。めっちゃ笑った。笑いすぎて苦しいw最初はBLの意味すら知らなかったのにどんどん毒されていくのが笑えるwていうか、何か自分が腐り始めた頃思い出した^^ 個人的には5話のナマハゲ告白がとてもツボった。わんボクやばいw

  • 面白くて腹筋が崩壊するので人の前で読まないように注意。

  • 面白かった!おバカで良いよね。
    BLを知らない人には流石に恐くて貸すのをためらっていますが、でも貸したいおかしなジレンマ。

  • Boys be Tambitious!.....突っ込みどころが多過ぎて総攻め状態wそうか、銀河系は攻めだったんかw

  • 新葉くんBLと運命の出会いを果たす。

  • 為了向Howl & 皇櫻傳教,所以重複借了一次XD

    很多後來一直出現的物件與人物,都忘了設定~現在重看感到原來如此XD

    雖然目前只買了Vol.3,不過以後應該也會買齊吧!

  • 彼女に振られたことからBLを始める男子高校生の斜め上の日常。
    片足突っ込んだ人なら笑えて少し心が痛むこと間違いなし。

全56件中 1 - 10件を表示

ミキマキの作品

少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (ウンポコ・コミックス)に関連する談話室の質問

少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (ウンポコ・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (ウンポコ・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (ウンポコ・コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

少年よ耽美を描け―BOYS BE TAMBITIOUS (1) (ウンポコ・コミックス)のKindle版

ツイートする