百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)

  • 2467人登録
  • 4.33評価
    • (400)
    • (317)
    • (111)
    • (5)
    • (2)
  • 230レビュー
著者 : 荒川弘
  • 新書館 (2012年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (113ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403671142

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北海道=食材・自然・動物王国、というものはひとり歩きして肥大してしまったイメージで、その土台の‘開拓’地である北海道をここまで見せてくれた本作に感謝>_<
    作物や生きものの生き死にが面前で繰り返され、生活に密着している道民の方々に、生き方を憂いているヒマはない。

    同著者の漫画『鋼の錬金術師』の作中、極寒の北軍の少将たちの厳しさや優しさの正体が、少し理解できたような思いがする。

  • 私の地元のちょっとした有名人「依田勉三」氏が北海道開拓にあんなに苦労したとは知らなかった。私の地元の方読んでみて欲しい。あと、「これは病院行っても切断されちゃうだけだから」って切れてほとんど離れかかっ た指を独自の方法で治療しくっつけちゃう荒川父、ワイルド!!「鋼の錬金術師」の世界観が広く深いのがよ~くわかりますな。

  • 鋼の錬金術師がタダのファンタジーではなく一本筋が通っていた理由がわかるコミックエッセイ。
    米国郊外のサラリーマン一家のサバイバル度に多少ながら共通点がある・・・日本人はダメにされてるなあ。農業やってない日本人(大多数だ!)は自分ら生物として弱体化されてるって問題意識を持たないとマズイな。

  • 牛だって豚だって、オーナーだってプーチンだって。
    みんなみんな生きているんだ。
    生かされているんだ、みんなに。
    根底にあるのは笑い飛ばせる現実じゃないのかもしれないけれど
    荒川さんは笑いながら問いかけてくる。
    すごい力です。
    ビックマザーです。

  • 専業酪農家のお話。面白い。

  • 銀の匙と併せて読むと良いですね。お父様面白い方です。

  • 前作を上回る第二巻‼

    父の破天荒もパワーアップしています(笑)

    食育するならオススメの一冊です( ´ ▽ ` )

  • そして語られる、北海道百姓貴族話。

    うん…お父さんすごいです。
    さらっとすごい事してますけど、一番の驚きがトラックかと。
    引きそう事件に、飛び越え事件。
    トラックって素晴らしい☆

    大特の免許、確かに周囲ではみかけません。
    一体どこに行ったら取れるものなのでしょうか?
    北海道では『普通』ですか、そうですか…。

    しかし規格外…ものすごく美味しそうです。
    牛乳もそうですけど、美味しそうです。
    これだけのために北海道に行ってみたい、とか思いますが
    百姓貴族の知り合い、いません…w

    とりあえず教訓!
    野良牛は飼ってはいけません!!w

  • ユーモラスに描いているけどシビアな現実。
    忘れてはいけない事を改めて思い出させて頂いた気がします。
    ハガレンは、作者様自身が幼少期から見て感じて来たものがあるからこそ、生まれたんだろうな…。
    全ての恵と命、そして農家の方々に日々感謝しながら食事を頂こうと思います><

  • あははは。漫画を読んで、声をあげて笑ったの久し振りー。すげーな、畑の錬金術師。

    荒川弘の描く尻は、おっさんの尻でもプリッとしてて可愛い。(ノω`*)

全230件中 1 - 10件を表示

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)に関連する談話室の質問

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)に関連するまとめ

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)はこんなマンガです

百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)のKindle版

ツイートする