中国トツゲキ見聞録 (1) (ウィングス・コミックス・デラックス)

  • 79人登録
  • 4.05評価
    • (6)
    • (8)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 杜康潤
  • 新書館 (2013年3月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403671364

中国トツゲキ見聞録 (1) (ウィングス・コミックス・デラックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中国留学記です。

    SARSの対応など中国らしい一コマが見えます。

    何度でも読みたいとは違う感じかな。

  • 三国志が好きすぎて短期留学した著者の行動力と情熱に脱帽。
    三国志で学んだことを留学の説得で活用しているのがすごい。

  • 情熱って、素晴らしい。
    そして、情報って大事。

    杜康 潤って、夢見ながら、どっか地に足がしっかりついてるよな。

    ところで、日本以外でも、三国志好きがこうじて中国行きを決意した人って、いるんだろうか?

  • 杜康先生が体験した中国放浪記。

    今回は三国志はあまり出てこなくw

    杜康先生が三国志に夢中になった真相や中国に行くまでの苦労、そして中国留学時のお話しが盛りだくさん!

    留学時に体験した苦労話し、面白話しなどなどが楽しめます。

    女※盛りは笑いましたw
    これが日本の文化になる日もくるのかな?w

    そしてスペシャルゲスト、荒川大先生も出てきます!

    びっくりだよw

    そういえば別の単行本でお二人が連載していたのを思いだし納得。

    これを読めば、中国に行きたくなるかも?いや、行きたくなくなるかもw

  • 著者の情熱がスゴイ!!

  • 中国に行ったことがある人なら、思わず「うんうん」頷き唸りながら読んでしまう本。もちろん、そうでない人でも十分楽しめます。中国に行く前に一読できたら中々いいかも。最近の補足もあるし。わりと実用的でもある。

  • 作者の中国留学エッセイ、いい加減&おおらかさ具合がとっても大陸的です。まあ実際遭遇したらハラワタ煮えくり返るんだろうなと…
    でも2〜30年前の日本もこんな感じだったような思い出が…(まあ流石にもう少しキチンとしてたけどさ、今程には窮屈感は無かったな)

  • 『坊主DAYS』の作者の中国留学エッセイ!三国志を知らない自分でも楽しく読めたよー!w

全8件中 1 - 8件を表示

杜康潤の作品

中国トツゲキ見聞録 (1) (ウィングス・コミックス・デラックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

中国トツゲキ見聞録 (1) (ウィングス・コミックス・デラックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

中国トツゲキ見聞録 (1) (ウィングス・コミックス・デラックス)はこんなマンガです

中国トツゲキ見聞録 (1) (ウィングス・コミックス・デラックス)のKindle版

ツイートする